平安時代と本質は変わっていない→平成の改革へ待ったなし! | 高齢者 訪問リハビリマッサージ ロコモらくーん22新宿 寝たきり予防
2018-05-13 07:00:03

平安時代と本質は変わっていない→平成の改革へ待ったなし!

テーマ:2018年雑談

癒し力は歴史力

癒し王ふじです。ニコニコ

 

以前に、僕はこんな記事を書きました

記憶されている方はほとんどいないでしょう(笑)

 

2030年にAI・ロボット破壊運動が勃発!?

現代の処世術

 

たびたび、

平安時代と平成は似ているとお伝えしています。

貞観地震や噴火など天変地異も起こっているという共通点もあります。

 

千年周期で起こる出来事は

似たような形で繰り返される

ということもあります。

 

もうすぐ元号も変わるから

今は体制の「末期」といっていいでしょう。

 

平安時代中期以降流れを

ざっと復習しますと、

 下矢印

荘園を中央で管理しきれなくなり

税がうまく集まらなくなります。

 

律令制度が崩れ始め、

税収システム自体を転換する必要

に迫られます。

 

荘園管理人に権力が集中し、

ワイロの横行や、権力者がやりたい放題となります。

 

農民は当然、税金なんて払いたくない!といって

免除される権利を主張したり、税逃れを図ります。

※自然の流れです

 

宗教的には、阿弥陀如来が人気となりなす。

理由は、”簡単に” 皆が救済されうるから。

 

メモ

一方で、平成をみてみますと、

権力を集中させた官僚、政治家は自分たちの権利を主張し

 

ごまかしや税金の無駄遣いをやりたい放題に

(最近も、そんな事件が”多く”ないですか?全員がそうではないが・・・)

 

国民は、税金を無駄遣いしまくる国に

当然税金など払いたくない!税率アップにも

反対し続けてきたわけです。

 

免除や税逃れが横行(生活保護の悪用なども含)

ご存じの通り、税収不足で借金まみれの日本。

(債務の増加は止まらない)

 

スマホの使い過ぎや道具に使われてしまって

自分の頭で考えなくなった人間は

安易に目先のバラマキ(政策)に食いつく(飛びつく)

 

”偽の阿弥陀如来”である政治家の甘言にのせられ

投票する。

 

現行の制度・システムは、税収、社会保障も含め

既に限界にきており、まさに”末期状態”であります。

 

コトバを変えれば、

旧来型の日本的資本主義体制の限界

にきているかも知れません。

 

メモ

平成の改革へ待ったなし!

 

改革とは?

日本は観光立国へ自他ともに生まれ変わり

世界的に地位を獲得すべし!

 

観光産業、とくにカジノは国にとって

最大の収益源の柱となる。

 

増加する社会保障費を、唯一補てんし、賄うことができる。

カジノを中心とした観光戦略を軌道に乗せれば

 

消費税増税も10%で対応可能。

(カジノの収益源がないと税率は概算25%以上は必要となる)

シンガポールやマカオの成功例を参照。

 

具体的施策。

官僚・政治家に、今まで権力・権利・優遇措置が

集中していたものがすべて撤廃すべし。

日本人の平均年収に統一すべし。

今までのようにやりたい放題、税金の無駄遣いは一切させたらダメ。

 

今が、NOと言える国民へ脱皮する時。

 

新宿18年人気と実績『肩こり解消サロン」らくーん癒し王ふじ さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス