ヒトの生殖機能は今後もますます低下していくのか | 高齢者 訪問リハビリマッサージ ロコモらくーん22新宿 寝たきり予防
2015-06-09 07:00:13

ヒトの生殖機能は今後もますます低下していくのか

テーマ:● 体・病気・施術
このままだと、ヒト(人間)の生殖機能は
今度ますます低下していくでしょうか・・・
癒し王ふじです。


生殖能力低下の諸要因の1つの仮説として
僕は、次のことにも
触れておきたいと思います。
食べ物”に関してです。

人間は、子孫がつくれない植物をつくり
それを食べ続ければ

やがて、人間も
子孫がつくれない体になっていくと
想像されるのです。


現在、流通している野菜や花のタネは
F1種といわれる(異なるタネを人工的に
掛けあわせてつくった雑種の一代目)

雄性不稔が一定割合で
自然にできることには意味があると解釈しますが

人間の恣意と都合で、
植物が子孫を残せないように
雄性不稔の(花粉をつくらない)状態にして

効率的に粒揃いの野菜をつくれば
収量も増え、食糧確保にもプラスだし
経営的にも儲かりますが

果たしてその野菜を
継続的に食べ続けて本当に

人間の生命維持システムにとって
長期的に影響はないのか?

ミトコンドリアにとって安全なの?・・・
といろんな疑問が湧いてきます。


ミツバチが突如ある地域から
いなくなったという事件が
数年前に起こりましたが

それも、F1種のタネ取りのために
働き続けたミツバチは世代を重ねていくうち

異常ミトコンドリアが蓄積し
繁殖ができなくなったのでは?
という仮説もあります。

また、雄性不稔(花粉をつくらない性質)
の操作をした野菜を、
野性の動物達は食べないという話も聞きます。

これを食べると、
自らの繁殖能力の低下を招くことを

動物達は、本能で
知っているからでしょうか??


繁殖能力のない野菜を人工的につくって食べる
  ↓
人間も繁殖能力が低下していく恐れ

という視点も忘れては
いけないと思います。

良い一面だけを
強調する情報を鵜呑みにせず

逆の視点や考え方も
重要だと思うのです。

いろいろな視点が身に付きます

新宿18年人気と実績『肩こり解消サロン」らくーん癒し王ふじ さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス