本当に釣れるかはわからない!ロックフィッシュ理論

私の独断と偏見で書いてしまったロックフィッシュ理論と釣り関連の日記ブログです。優しく見守って下さい。


テーマ:
こんにちわ!



岩手は雪が降ったり花粉が舞ったりと、色々飛んでる時期になりました!



一昨日に仕事終わりにネットで知り合った
奥州市・花巻メンバーのロックフィッシャーの人達と





碁石海岸〜越喜来にかけてナイトロック〜デイロックフィッシングに行ってきました!





例年では今の時期
海水中の水温は1番寒く、ほとんどのロックフィッシュは水温変化が小さく、海が荒れても影響の小さい、つまり『変化があまりないエリア』に移動している時期です。

{7FB97EE5-47DB-4456-8CA0-B9860F4AFB34}






そのためシャローエリアは海が荒れたり、気温が下がったりすると、真っ先に水温変化が起きたり荒れるエリアとなるため、この時期ほとんどの魚はシャローエリアにいません。

{2F1D78B2-39DA-428B-ACAF-C8A88C3D66D8}





しかしシャローエリアには一切生き物がいないわけではなく、水圧の変化などに弱いエビやカニなどのロックフィッシュの餌となるベイトは、磯場の海藻エリアにいます。






そのため、逆に言えばこの時期のシャローは環境は厳しいがライバルが少ないエリアとも言え、水温変化に強い個体などがシャローに餌を取りに入ってきたり居着いたりします。





寒さに強い個体とは、一般的には人間とは逆で小さい個体は環境変化にまだ体が慣れていなく、また体についている脂も少ないので、シャローエリアにいる事は少なく(人は子供の方が雪の中でよくはしゃいでいる)、30〜50センチクラスの一部の個体が環境変化に強いので、シャローに入ってきます。





またこの他の要素として『ベイト』もキーワードになってきます。




今の時期は雪代の影響で河川から流れてくる水はとても冷たく、魚の活性を下げるために避けられるエリアでもあるのですが、
{556EB6F5-1F07-4C4E-B447-2D8444556817}






今の時期は鮭の稚魚が降ってくるので、近くに河川があるエリア(鮭の稚魚がいるエリア)もポイントになります。

{F4BB48D0-3292-4BF1-A250-3DE2F606203C}





また地域によってはミミイカも接岸してくる時期ですので、この季節限定のベイトの居るエリアもキーポイントになります。






これらのベイトは夜の常夜灯などに接岸する傾向が強いので、ナイトロックでもアイナメやソイが釣れるようになります。



{EA54E7B9-C38D-4A98-ACAB-0CB0CA60668B}





ですので、
今の時期はこのシャローエリアに差し込んでくる個体をデイゲームで狙うか、ナイトロックでベイト接岸ポイントで釣るのが一般的な狙い方になります。





この時期の説明はこんな感じで、






で、実際に釣れたのかよ!って話なんですが、






釣果は、、





{18D42D7D-3DDC-42EA-885C-11A46D7BB11C}

{2706F123-220C-4DC2-87E3-7B7DE9E143BB}

{9C1CBB2E-D725-40AA-8E51-25C2C83E41FF}


かなり渋かったんですが、ナイトでもデイゲームでもなんとかアイナメ釣ることができました!


この釣行の細かい情報は後日ロックフィッシュ大全オフィシャルサイトの方でアップしますので!


気になる方はそちらも読んでみて下さいね!^_^


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

KISUKEさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。