【リフォーム14日目】トイレのドアがついたよー | 時短簡単スマホ活用で日々効率化 もっと暮らしやすく!あなたの心と時間にゆとりを作り出す方法

時短簡単スマホ活用で日々効率化 もっと暮らしやすく!あなたの心と時間にゆとりを作り出す方法

少しのがんばりでたくさんの楽チンを手に入れる!収納•時間•お金•情報など
あなたの「なんだか不便」を「なんだか素敵」に変えるライフスタイルを
東京江東区のライフオーガナイザー下村志保美がサポートします。

ようやく2階のトイレに扉が復活しました。

 

トイレのフローリング&巾木&ドア交換のため便器を外したのが先週の金曜日。

 

便器自体は月曜に戻っていましたが、扉の方がなかなかつかなくて(笑)

 

 

image

 

フルオープンからの

 

壁がつき

 

 

image

 

ようやく今日、扉が閉まるように。

 

 

 

1階にトイレがあるので基本はそこを使っていて、緊急時はこちらを使えばいいよね、って感じで実際に使うことはなかったけどこれで安心です。

 

 

 

 

ちなみに

 

トイレの壁紙は数年前に張り替えたばかりだったので今回はそのままにするつもりでしたが、

 

巾木を交換したら巾木が今までのものより短くて隙間が開いてしまうため全交換となりました。

 

すごーく似ているけど微妙に違うものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽で合理的に片付く方法のヒントはこちらからどうぞ。

 
 
 
 

 

更新の励みになります。応援のクリックをお願いします。
 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

 
 
 


下村志保美(しもむらしほみ)

PRECIOUS DAYS主宰

1968年愛媛県生まれ。東京都江東区在住。

 

2014年より片づけのプロとして活動。

部屋をきれいにする片づけではなくお客様ご自身が片づいた部屋を維持できる整理収納サポートを提供しています。「自分で片づけられる」それは自分に自信につながり肯定感をあげることにも繋がります。

 

ライフオーガナイザー協会の認定講師、認定トレーナーとして片づけのプロの育成、指導もしています。

著書:片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方(三笠書房)

ホームページ:PRECIOUS DAYS

 

 
 


メッセージ不要です。「相手に知らせて」を選んでいただけるとうれしいです。

読者登録してね