「花粉症って治るんですか?」こんな疑問を持つ人が多いようです。
頭痛、鼻水、鼻づまりなどこの時期は本当につらいですね。
では、どうして花粉症が起こるのでしょうか。
 
漢方には、「内傷(ないしょう)なければ外傷(がいかん)なし。」
という言葉があります。
 
春風にのって吹かれてくる花粉は、外傷→風邪(ふうじゃ)と考えます。
花粉症を発症する人は、内傷(花粉に敏感に反応する体質)を元来持っています。
したがって、冬の間の過ごし方が内傷を持つ人に大きく影響します。
4月16日のセミナーでは漢方的に、花粉に敏感に反応する内傷とは何かについて
お話ししたいと思います!