Windows10 1803にアップデートしたらキーボードが死んだお話し 復活編 | お店の売上げを1.6倍に RAKUMOのほぼ営業月報

お店の売上げを1.6倍に RAKUMOのほぼ営業月報

RAKUMO(ラクモ)は携帯電話にポイント(スタンプ)付与が出来る、格安のクラウド販売促進システムです。
専用のアプリを使わずに【来店スタンプ】さらに【金額ポイント】にも対応する唯一のシステムです。
一般携帯/iPhone/Android全てに対応出来ます。


テーマ:

 

前回、Windows10 1803にアップデートしたらキーボードを認識しなくなり、仕方なく前のバージョンに直して何とか使える様になった旨書きました。

機種は【ASUS EeeBook X205TA】です。

 

が・・・案の定というかやっぱりと言うか、執拗なマイクロソフト(魔意黒ソフトか?)の自動アップデート攻撃に負け、再び1803になってしまいました。

 

当然、キーボードもマウスパットも効かなくなり、ログインすら出来ません。

しかし、今回は原因が判ってます。しかも、ASUSさんの神対応で光は見えてます。

 

まずASUSから教えられた【Chipsetドライバ】を再インストールしたら、1発で直りました。

めちゃくちゃ嬉しいです。ASUSさんありがとうございます。

 

では、おさらいで対応方法を書きます。

 

①USBマウスとキーボードをつなぐ (安くてもOK 3000円位で手に入ります)

②まずログインして、通常のWINDOWS画面に

③下のURLにアクセスしてChipsetドライバ】をダウンロード

④ZIPファイルですが、ここで左クリックは✕ 右クリックで[開く]ではなく[すべて展開]を選択します(そこそこ時間かかります)

⑤Setup.exeをクリックしてダウンロード   これで私は直りました。良かった良かった。

 

Chipsetドライバを再インストール  ダウンロードリンク先:
http://dlcdnet.asus.com/pub/ASUS/EeeBook/Drivers_for_Win10/chipset/Chipset_Intel_Baytrail_X205TA_Win10_32_VER112.zip?_ga=2.82616918.1300545438.1525910533-412169407.1433821207

 

※あくまで私が直った方法ですので、操作する場合は自己責任でお願いします。

 

さっ今日も頑張って参りましょう。

 

携帯電話ポイントシステム RAKUMO担当かぶとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス