人は満足したからリピーターになるのではない? | お店の売上げを1.6倍に RAKUMOのほぼ営業月報

お店の売上げを1.6倍に RAKUMOのほぼ営業月報

RAKUMO(ラクモ)は携帯電話にポイント(スタンプ)付与が出来る、格安のクラウド販売促進システムです。
専用のアプリを使わずに【来店スタンプ】さらに【金額ポイント】にも対応する唯一のシステムです。
一般携帯/iPhone/Android全てに対応出来ます。


テーマ:

雪が多く、寒かった冬もいきなりの春嵐と共に過ぎ去ったようです。

結構な寒がりの私としましては嬉しい限りです。

 

さて、例によってずっとネットを見ていましたら、面白い記事を見つけました。

もう1年以上前の記事ですが、あのUSJで逆方向に滑り落ちるジェットコースターを生み出した稀代のマーケター「森岡さん」の対談をまとめたものです。

2016.11.1  DIAMOND onlineより

【森岡×佐渡島】人は満足するからリピーターになるのではない

USJのスゴ腕マーケターと語る「エンターテイメントにおけるマーケティング」人はなぜ「リピート」するのか?

【森岡】 どのようにリピーターを生み出すかは課題ですね。そこで「人はなぜリピートするのか」ということを、いろいろ分析したんです。具体的には「リピートしてもらうには、ゲストの満足度がどこまで必要なのか」ということです。普通は、その作品なりコンテンツがよいから、再度手を伸ばすと考えますよね。テーマパークも、一回来て楽しかったから、もう一回来る。一般的にはみんなこれを信じています。ただ、数学的に分析していると「今欲しいか、欲しくないか」が大切ということがわかってきたんですよ。

【佐渡島】 へえ!

【森岡】 たとえば、あるテーマパークに行ったとき、4時間半待ちのアトラクションに2つ並んで、結局1日で2つしか乗れなかったことがあったとします。そんな目にあったら、「二度と行くか!」と思うかもしれないですよね。しかし、2年も経たずにまた行っている、なんてことがある。

これは、人の購買は、一回一回のトライアルで区切られているからなんです。必要なのはそのときのトライアルのモチベーションだと考えられるのです。・・・

~~~~~~

これはなかなかに新しい考え方でした。しかし言われてみると同じ様な経験は私にもありますし、皆さんも大なり小なり経験があるのではないでしょうか。

 

以前、「二度と行かないと」決めたラーメン店にまた行ったことがあります。

実は結構な有名店で、かつて横浜のラーメン記念館で1位にも選ばれたお店です。ここは独特の焦がしラードが売りで(ここまで判る人には判ると思いますが・・・)100km先から毎月通う方がいるとも言われているお店です。今日食べログ見たら3.5を超えていました。

 

初めて食べた日、おそらく私の体質のせいだと思いますが、胃腸が受け付けず3日間も焦がしゲップがでました。「もう来ないと。」と強く思ったものです。

しかし、人間熱さ過ぎればなんとやらなのか半年もしないうちに「あれは間違いだったのでは。」と思うように。そのうち近く行ったらまた食べように変わったんです。

 

そして2回目、やっぱりダメ(≧▽≦)でした。でももし機会があればまた食べたいな~と思う今日この頃です。

 

実際、「今日は急いで家に帰る」とか、「今日はカレーの日」とか思っている人にラーメンを食べさせるのは厳しいです。

 

しかし、「今日はラーメン」と言う日とか、「今日はどうしよう」と言った日があるのも事実。

これを森岡さんは「サイコロを振る」と表現しています。

サイコロは6面しかありません。その6面の中に自分の店が入っているかどうかが大きな問題になって来ます。

以前にも書きましたが、記憶に粘れるかどうかが大事で、その為には定期的に思い返してもらう事が重要です。

さらに、このサイコロそのものを操れる様にする事が究極のマーケティングになるのかも知れません。

 

 

携帯電話ポイントシステム RAKUMO担当かぶとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス