台風の翌々日

私は仕事の帰り道

買い物をしたので

いつもと違う道を通りました

 

ここは

千葉県の龍神伝説のある

印旛沼の広がる

聖なる場所です

 

この場所は

いつも天から温かいエネルギーを

感じていて

時々話しかけられたりもします

 

その神様が

台風の翌々日

買い物の帰り道に

「見てるよ」って

車を運転している私に話しかけてくるんです

 

その日は道が大変に混んでいて

渋滞してたので

私はサンルーフを開けて

空を見上げました

 

日暮れ時で

しかも雨雲がどんよりと居座って

私の目には

暗い雲以外なにも見えませんでしたが

携帯で「写真を撮ってみろ」と更に言われて

撮ったら

 

こんな感じ

口を開けた龍神さんの雰囲気分かるかな

 

大きくしてみます

 

 

龍神さんのお顔だと思いませんか

 

「龍神」の画像検索結果

 

この直後

 

どんよりした空から

ものすごい稲光が次々と落ちてきて

雷の大合唱が始まりました

 

その雷は千葉県中に落ちて

雨を降らせ

その雨と稲光は

夜中まで大合唱を続け

台風がもたらした熱気を

一気に秋の涼しさに変えました

 

龍神は雷神であるともいわれています

雷神は破壊と再生の神です

 

「雷神」の画像検索結果

 

本当に空にこんな雷神さんたちが

千葉県をドンドコやっていたイメージが

あって

 

破壊のあとの再生のエネルギーがながれているように

感じました

 

そして更には

●●姫という名前が

何か頭の中に残っていて

え、何姫やったっけ?

それどこかで聞いたことあるってなって

ちょっと前に見ていたユーチューブの動画をもう一度

見ていたら

出てきました

 

~菊理姫 くくりひめ~

 

菊理姫をググっていると

和合の神

農業の神

水の神

 

 

菊理姫は龍神であるとか龍神と縁が深く龍に乗ってやってくるなど

とも書いてありました

 

そして

 

驚くことに

 

 

菊理姫のご縁日は九月九日

 

まさにこの台風が来た日です

 

 

菊理姫は

イザナミノミコトとイザナギノミコトを

仲裁した神として白山に

イザナギノミコト、イザナギノミコトと共に

お祀りされている由緒ある神様です

 

 

今、地球は

古い観念を手放して

新しい地球に

次元を上昇させる最終段階に入っているそうです

 

 

菊理姫が導く

和合の時代に

私たちは生きている事

 

進むための破壊があり

創造がそこから生まれている事

 

個人の話だと

 

今までの価値観は常に外にあり

何かしら人は外を求めて生きていく生き方が主流でしたが

これからは

内なる調和と

和合している事が

新しい世界の創造とつながって

時代の主流になるといいます


他人と比較競争、損得、勝ち負け、善悪

コントラストの時代が終わり

陰陽が統合されると

弥勒の世になると言われています

 

私は

この弥勒の世に

熱狂的に憧れています

 

弥勒の世への

導きを手助けしてくれるのが

菊理姫様だというのも他のサイトで読みました

 

 

 

自分事で言うと

今、私は

台風のあとでの話にも書いたように

 

周りの人の重いエネルギーが

やたら気になって目障りになってしまうんです

 

内との分離をしょっちゅう起こすのです

 

でもこれは

外にある善悪のコントラストを見て

自分の感情を不快に揺さぶっていた風習を

外す絶好の機会なんだと思っています

 

菊理姫様は

 

自分(内)と和合している事

 

状況に関係なく

和合している事

 

内なる自分の安らぎと

いつ何時も同調できること

 

それぞれが自分と調和して生きることを

望んで

今この世界に生まれて生きている事

 

出来事が脅威でなくなる

 

出来事(外)が

私を脅かすのではなく

 

出来事(外)も

私(内)の調和のために使う

自分自身の調和と

和合を承認する

和合の印鑑があるとすれば

こんな感じ

 

 

 

 

分離したら

内なる自分と和合の印鑑を押して

何度でも押して

 

 

私はこの生き方をえらびます

自分と調和して

安らぎと楽しみの波動で

瞬間瞬間連続性のない今を

自分と調和していきます

 

と自分との約束を再確認するということです

 

 

今やっと

地球にそんな考え方が

あふれる時代が

やってきたんだと

実感します

 

 

絵空事とおもわれていた

ユートピアを

実現させる

時代の分岐点に

いま

生きているという

確かな自覚

 

そして

サポートしてくれる

全宇宙すべての

存在を無きものとしないで

 

いつも

今ここに

その手厚いサポートを受けながら

祝福のもと

この世界に今

生きているということを

地球全体で味わっている大事な時を迎えているなと

ひしひしと感じたのでした

 

 

で、今思ったけど

水くみ場にいたおばあさんは

菊理姫の化身だったのかも。