楽園綺譚

楽園綺譚

ご訪問ありがとうございます。このブログでは、ライターとして執筆した記事やハワイの日常などをUPしています。


テーマ:

立ち昇る白く巨大な人影は、知る人ぞ知る仙台大観音。高さ100㍍、地下21㍍。バブル時代に建立。

読者の皆さまの出身地はいずこ?私、花胡椒の出身地は仙台市。このコラムをお読みの方の中にも多少は仙台市出身の方がいらっしゃると思うが、「ご出身は?」と訊かれて「仙台です」と言うと、大体の場合「あ〜、そうですか」と後が続かないことが多いと思うのは私だけだろうか。際立った特徴がない街なのでしょうがないとは思うが、特徴がないせいなのか、仙台が実際よりも相当田舎だと思っている人が多い気がする。

なぜこんな話をするかというと、先日、ある人と話をしていて「田舎出身だから都会の商店街がどうなってるかなんてわからないかもしれないけど」と言われてしまったからだ。

それで、主旨は少しずれるが、以前勤めていたところで、普段ふつうに大阪弁を話している大阪出身の同僚に「言葉、直したんですか?大変だったんじゃない?うっかり出てきたりしないの?」と言われたことなど色々なことを思い出してしまった。あるお洒落な知人は、年配の人から「仙台なんて田舎出身のわりには垢抜けてるね〜」と言われてショックを受け、「一生忘れられないと思う」とまで言っている。

日本史上、未開発だった期間が長かった東北地方だからなのか、仙台出身者だけが他の地域の地方都市出身者と比べてより田舎者であると思われているような気がする。というか、実際そうだと思う。

近寄るとこんな感じ。中に入れる。エレベーターがあったような気がする。

実は、生まれも育ちも仙台市内という生粋の仙台人はものすごくプライドが高い。広い東北地方随一の都市、他県や他市の東北人が「上京」してくる街に最初から住んでいるということに対する自負が半端ないのである。

仙台市は1989年に周辺の市や町を合併する形で政令指定都市になったが、それ以前から仙台市だった旧仙台市生まれの中高年の人々は、合併された部分を仙台と認めてはいない。そのため、仙台人の中でも旧仙台市出身者たちは特別にプライドが高く、田舎者呼ばわりされると他の地方都市出身の人よりも20〜50倍は気分を害し、最低でも5年くらいは引きずるという傾向がある。

私の小学校の同級生は、30年くらい前に修学旅行で行った大阪の人に田舎者扱いされたことを未だに根に持っていたりする。しかし、彼女のような旧仙台市出身者はそんなに珍しくないようにも思う。「三つ子の魂百まで」というが、私も先日言われた件を根に持っており、こうしてネタにさせていただいている次第である。

大観音断面図

まあ、田舎者という言葉に敏感になり、言われて気分を害するという時点で田舎者と言っているようなものではある。しかし、自分から「私、田舎者ですから」というのは、それが嘘でも本当でも謙遜を示す手段として使えるが、人から「田舎者」と遠回しにでも言われていい気分になる人なんて、いるわけないのではないだろうか。

というわけで、このスペースをお借りして、特にハワイ在住のマイノリティ、(旧)仙台市出身者たちのプライドを立て直すお手伝いをするべく、仙台の概要を改めてご紹介したいと思う。

宮城県の県庁所在地、仙台市の人口は約109万人。東北地方最大の都市であり、政令指定都市でもある。政令指定都市とは地方自治法に記載された「大都市に関する特例」に関する規定が設けられる人口50万人以上の都市のことをいう。2018年現在、札幌、名古屋、神戸、福岡など全国に20市の政令指定都市がある。仙台市内は青葉区、太白区、泉区など5つの区に分けられていて、市内には地下鉄南北線と東西線が走っている。

<Part 2 に続く>

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・司書・書店員へ

テーマ:

ハワイ州の運転免許証の更新は、失効日から90日以内に行う必要があります。更新する場所、予約の方法、必要書類、流れは以下の通りです。

<更新ができる場所>
下記のサテライトシティホール、DMVで更新できます。DMVよりも空いているサテライトシティホールでの更新がお勧めです。
★サテライトシティホール
・フォートストリート:1000 Fort Street Honolulu・月〜金 午前8時〜午後4時
Tel: 768-4103
・ハワイカイ:6600 Kalanianaole Hwy. #101 Honolulu・月〜金 午前8時〜午後4時 
Tel: 768-4800
・パールリッジ:98-1005 Moanalua Road #244B Aiea ・月〜金 午前9時〜午後5時
Tel: 768-5000
・ウインドワード: 45-480 Kaneohe Bay Drive #C06 Kaneohe・月〜金 午前8時〜午後4時 
Tel: 768-4100
★DMV
・カパラマ: 925 Dillingham Blvd. #101 Honolulu・月〜金・午前7時45分〜午後4時
Tel : 768-9100
・コオラウ :  47-388 Hui Iwa St. #19 Kaneohe ・月〜金 午前7時45分〜午後4時 
Tel: 239-6301
・カポレイ: 1000 Uluohia St Kapolei 月〜金 午前7時45分〜午後4時
Tel: 768-3100 
・ワヒアワ: 330 N. Cane St. Wahiawa 月〜金 午前7時45分〜午後4時 
Tel:768-4054
・ワイアナエ : 85-670 Farrington Hwy, Waianae 火・木 午前7時45分〜11時半、
午後12時半〜4時 Tel: 768-4222

<免許証更新の流れ>
1) https://alohaq.honolulu.gov/?0 にアクセス。
2) 希望の場所を選択し、更新の日時と場所を予約。
3) 用意する書類
・更新する免許証
・申請用紙 ― ウェブサイト(http://www.honolulu.gov/rep/site/csd/onlineforms/csddlapplicationform.pdf)からダウンロードで入手可能
・SSNカード ― ソーシャルセキュリティーナンバーが記載されたカード
・身分証明書 ― グリーンカード、パスポート、出生証明書など
・ハワイ州に住所があることを証明できる書類2通 ― 公共料金の請求書、バンクステートメント、ステートID、給料明細書などの公的書類
※更新に必要な書類はDMVのウェブサイトでも確認できます→https://www.dmv.org/hi-hawaii/renew-license.php
4)上記の書類を持参し、予約した日時にDMVかサテライトシティホールへ行きます。
5)カウンターに全ての書類を提出。
6)簡単な視力検査と視野検査。
7)免許証更新料金の支払い。18〜24歳の方は4年間有効で料金は$20、25〜71歳の方は8年間有効で料金は$40、72歳以上の方は2年間有効で料金は$10です。
7)指紋の登録、署名、写真撮影。
8)厚めの紙に印刷された仮の免許を受け取ります。約2〜3週間でプラスチックのID型の免許が郵送されてきます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

テーマ:
『日刊サン ハワイ』Web版 車のお役立ち情報 https://www.nikkansan.net/car/car-useful/

仮免が取得できたら、オンラインで路上試験の予約を入れましょう。
(仮免の取り方はこちら https://ameblo.jp/rakuenkitan/entry-12423974706.html

<オンライン予約の流れ> 2018年11月現在
2) 左のカレンダーの下にある 「Tips: Jump to the date with next available appointment for」から場所を選択し、直近の予約可能日をチェック。
3) もしくは、カレンダーの日にちをクリックして希望日を選択。
4) 3)の場合、予約表が出てくるため「None(空きなし)」以外に表示されている時間をクリック。画面がLogin Form に切り替わる。
5)Login Form に名前、誕生日、仮免の番号を入力。
6)Submitをクリック。
7)路上試験料$8をクレジッドカードで支払う。 
8) 支払い後、予約フォームがメールアドレスへ送られてきます。予約フォームはプリントアウトして試験当日に持参します。

<予約の変更>
予約を変更したい時は、上記「オンライン予約の流れ」の(6)まで、同じ手順で入力を進めます。Submit をクリックすると、予約の変更を確認する画面になります。日程が変更されたら、新しい予約フォームがメールに送られてきます。

<路上試験当日のポイント>
★持参する書類
・予約フォーム ・仮免許証  ・自動車の登録証 ・車両検査証明証・自動車損害保険証

★ 同伴者について
路上試験を受けるには、免許所持者(21歳以上)の同伴者が必要です。しかし、アメリカへの入国から1年以内で日本の運転免許がある場合は、同伴者なしで路上試験を受けることができます。その際は、上記の書類に加えてパスポートと日本の運転免許証を持参しましょう。

★試験に使用する車について
試験に使用する車は、試験を受ける人が用意しなければなりません。使用する車のハワイ州車両検査証明書(Vehicle Inspection Certificate) の提示と共に、車体に検査済みを証明するステッカーが貼られている必要があります。レンタカーの場合は受験者名義で借りる必要があることに加え、車両登録証の原本とハワイ州車両保険証明カードが必要です。

★路上試験の流れ
1) カウンターで書類を提出。確認後、車に関する書類のみが返却されます。
2) 指定された場所で試験官を待ちます。
3) 試験官に名前を呼ばれます。
4) 試験に使用する車まで行き、試験官と一緒に書類の確認を行います。
5)まずは受験者のみが車に乗り込み、エンジンをかけ、ブレーキ、ウインカー、ワイパー、クラクションが正しく作動するかを確認。
6)試験官が助手席に乗り込み、路上試験がスタート。路上テストは約20分間行われます。
7)試験官の指示に従いながら運転。
8)試験場に戻り、空いているスペースに駐車。サイドブレーキを引き、エンジンを切って終了です。
9)その場で合否を告げられます。
10)・不合格の場合 ― 仮免を返却されます。次の試験は、1回目の試験日の1週間後から予約可能です。
・合格の場合 ― 路上試験結果が記された用紙を渡されるので、それを路上試験のカウンターに持っていきます。以下は合格の場合の流れです。
12)カウンターで免許交付の手続きをします。
13)受理番号を受け取り、しばらく待機。
14)免許証発行代金を支払います。有効期間が8年の場合は$40です。
15)指紋をとり、サインをし、写真撮影をします。
16)厚めの紙に印刷された仮の免許を受け取ります。約2〜3週間でプラスチックのID型の免許が郵送されてきます。




テーマ:
(Image courtesy : https://www.mauicounty.gov/)
『日刊サン ハワイ』web版 : 車のお役立ち情報 https://www.nikkansan.net/car/car-useful/

ハワイでは、日本の運転免許でもアメリカに入国後1年間は日本のパスポートとセットで運転することができます。一方で、ハワイ州の免許を持っていると万が一の事故など何かトラブルがあった際の諸対応がスムーズに進んだり、カマアイナ割引を受けられたり、IDを見せる機会の多いアメリカでの身分証明書として使えるなどの便利な面があります。

☆ハワイの運転免許証に関する情報はハワイ州DMV (Department of Motor Vehicles・陸運局)のウェブサイトでも確認することができます→https://www.dmv.org/hi-hawaii/

(路上試験の受け方はこちらhttps://ameblo.jp/rakuenkitan/entry-12423975291.html

★運転免許取得申請のための条件
16歳以上でハワイ州に住所があること、SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)があること、また日本人の場合は有効な米国ビザを取得している必要があります(SSNを持っていなくても免許取得ができる場合もあります。直接DMVなどへお問い合わせください)。

★免許取得後の有効期限
運転免許試験に合格すると、永住権か米国市民権を所持している方に運転免許証が発行されます。有効期間は18〜24歳の方は4年間、25〜71歳の方は8年間、72歳以上の方は2年間です。永住権か米国市民権以外のビザをお持ちの場合、取得しているビザの期限が免許証の有効期限になります。

【まずは仮免を取得】
運転免許の実技試験を受ける前に、筆記試験に合格し仮免を取得する必要があります。ここでは、必要な書類や予約の仕方や試験を受ける場所など、仮免を取るまでの流れを見ていきましょう。

<必要書類>
・申請用紙 ― ウェブサイトからダウンロードで入手可能
・SSNカード ― ソーシャルセキュリティーナンバーが記載されたカード
・身分証明書 ― グリーンカード、パスポート、出生証明書など
・ハワイ州に住所があることを証明できる書類2通 ― 公共料金の請求書、バンクステートメント、ステートID、給料明細書などの公的もの
・以下のものを持っている場合:他州の免許、失効後90日以内のハワイ州の免許証
※必要書類はCity and County of Honolulu のウェブサイトでも確認できます→https://www2.honolulu.gov/documentguide/

<筆記試験を受ける>
筆記試験は全30問で、24問以上正解すると合格です。DMVのウェブサイトからリンクされているオンラインの問題集などを使い、事前に勉強するのがお勧めです。尚、日本語での受験も可能です。

1)試験日を予約
下記ウェブサイトから場所と試験の日時を予約しましょう。

2)試験を受ける場所
最寄りのDMVへ筆記試験を受けに行きます。オアフ島では現在、以下の5箇所のDMVで受験することができます。
・カパラマ: 925 Dillingham Blvd. #101 Honolulu 月〜金・午前7時45分〜午後4時
Tel : 768-9100
・コオラウ :  47-388 Huiiwa St.#19 Kaneohe 月〜金 午前7時45分〜午後4時
Tel: 239-6301
・カポレイ: 1000 Uluohia St. Kapolei 月〜金 午前7時45分〜午後4時 
Tel: 768-3100 
・ワヒアワ: 330 N. Cane St. Wahiawa 月〜金 午前7時45分〜午後4時
 Tel:768-4054
・ワイアナエ : 85-670 Farrington Hwy, Waianae 火・木 午前7時45分〜11時半、
午後12時半〜4時 Tel: 768-4222

☆Emailは各場所共通でcsd@honolulu.gov 
☆DMVのウェブサイト https://www.dmv.org/hi-hawaii/dmv-office-finder.php   でも確認することができます。

3)試験会場での流れ
試験場では、以下のような流れで筆記試験を受け、仮免を発行してもらいます。
カウンターで用意した必要書類を提出。
簡単な視力検査と視野検査。
写真撮影。
筆記試験の代金を現金で支払い ― 永住権をお持ちの方は$3、その他のビザの方は$2。
試験を受ける ― ここで希望すれば日本語の試験用紙ををもらえます。制限時間はありません。
試験が終了したら試験用紙をカウンターに提出し、採点してもらいます。
合格した場合は受理番号を渡されます。番号が呼ばれたらカウンターで仮免許発行手数料$5を支払います。
指紋の登録、署名、写真撮影。
仮の仮免(厚めの紙に印刷されたもの)を受け取る。
本当の仮免(プラスチックのID型)は、1ヶ月以内に郵送されてきます。

☆試験に落ちた場合、翌週の同じ曜日に同じDMVで再試験を受けることができます。




ハワイランキング

テーマ:

『日刊サン ハワイ』Web版

ここでは、ハワイで乗っていた車を中古車販売店に買い取ってもらうときの流れについてご説明しましょう。

販売店でもケリー・ブルーブックの中古車価格基準に沿って買い取り価格の査定をします。価格基準は月によって変わるため、売りたい月に車を持っていくことが重要です。

販売店に車を持ち込むと、マイル数、VIN (Vehicle Identification Number・自動車登録番番号)、過去に事故があったかどうかなどが確認され、30分ほどで査定を出してもらえます。値段が折り合えば買い取りが成立。その場で車を引き取ってもらえます。

Auto X-change(www.autoxchangeinc.com)など、車のローンが残っている状態でも買い取り可能な販売店もあります。

例えば、買った当時の価格が2万ドルの車でローンを組んでいて、売りたい時期にブルーブックで1.8万ドルになったとします。この場合、売り手が販売店宛てに2,000ドルを支払い、その後、残りのローンを販売店が支払うという形になります。

売却する場合、個人で行うよりも販売店で買い取ってもらう方が、諸手続きや支払いなどがスムーズな上にトラブルも起こりにくいので安心です。







テーマ:


車社会のハワイでは、クレイグズ・リストeBayなどを通した個人間での中古車売買も盛んです。1000ドル以下という安い値段が付けられている車などもあり、種類も豊富で魅力的ですが、それだけに注意すべきことも多くあります。

個人から購入する際は、事前にアメリカの中古車相場が掲載されている「ケリー・ブルーブック(https://www.kbb.com)」で、購入を考えている車の価格基準を調べましょう。

また、売り手が車のタイトル(Certificate of Title=所有権証明書)を持っているかどうかを必ず確かめなければなりません。何か理由があってディーラーに売却できない車をネットに出している場合などもあるため、購入前の試乗も必須です。

中古車を購入したら、購入日から30日以内に名義変更を行います。サテライト・シティホールに出向き、持参したCertificate of Titleの用紙で名義変更をします。その際は身分証明書も忘れずに持っていきましょう。サテライト・シティホールでは、タイトルに問題があればすぐに分かるよう、Certificate of Titleが管理されています。

問題の例として、セーフティ・チェックの期限切れ、登録費用の未払い、違反チケットの未払いなどがあります。このような車を購入してしまった場合、前のオーナーの責任が全部新しいオーナーに回ってきてしまうので、タイトルを持っていない人はもちろん、「名義変更の際に一緒にサテライト・シティホールへ行けない」という人からの中古車購入は避けましょう。

車を個人で売却したいときは、クレイグスリストや日本語情報サイトの掲示板などに広告を出すとよいでしょう。値段が高過ぎると買い手がつきにくく、安過ぎると何か理由があるのでは、と思われてしまうため、購入するときと同様、ケリー・ブルーブックを参考に価格基準を調べて売却価格を設定しましょう。ここでも、後で問題などが起こらないよう、名義変更の際は買い手と一緒にサテライト・シティホールへ行くことをお勧めします。



アメリカ合衆国ランキング

テーマ:
『日刊サン ハワイ』Web版 車の情報まとめ http://www.nikkansan.net/car/car-useful/

車を購入したら、自動車保険に加入する必要があります。加入する保険会社は、State Farm、All state、GEICOなど、ハワイにオフィスのあるメジャーな会社がお勧めです。複数の会社へ見積もりを依頼し、比較してから決めるとよいでしょう。ホノルル市内には、Auto X-changeやメルセデス・ベンツ(www.nikkansan.net/car/mercedes-benz-honolulu/)など、日本人向けの保険加入をサポートしてくれる販売店や代理店もあります。

加入の際は、名前、生年月日、職業、免許証番号、車の年代、メーカー、モデル、 VIN (Vehicle Identification Number・自動車登録番号)、過去3年間に違反チケットを切られたことがあるか、車の用途などを保険会社に申告する必要があります。その後、どのタイプの保険に加入するかなどを相談し、保険料金が算出されます。

お勧めはやはり完全補償の保険です。ハワイでは多くの人々が自動車保険に加入していなかったり、最低額の保険にしか加入していない状態で車を運転していますから、万が一事故を起こした場合、そのような車を巻き込む可能性も高くなります。こういった事態を想定すると、相手の車、自分の車、双方の運転者、同乗者などが補償の内に入る完全補償の保険を持っているとより安心して運転することができます。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス