学校の勉強が全てとは限らない、こんな親子さんがおられました【事例】 | しなやか自分軸で関係を築ける人になる!

しなやか自分軸で関係を築ける人になる!

しなやかな自分軸で大人の対話力を向上します。大人の対話力が子どもに波及し共に育ち合う世の中になりますように。


テーマ:

 

前回の続きで

”後悔してみて分かる自分軸”

 

「宿題」関連ですが、、、

いきなり過激でごめんなさい。

 

 

 

学校の勉強はある程度

理解できる方が居心地はいいけれど

今の学校の教育制度や教科内容が

現代の状況に即しているかどうかは分からない。

 

 

 

と言うのは、世界の教育を見渡せば理解できる。

 

 

日本とフィンランドの教育の違い

(教師の質の違いは学歴の差ではなく教育システムにより考える力がついているからですけどね)

 

 

日本式の教育の仕方は、全体の底上げをするには適しているけれど、成熟した社会においては遅れている。それを是正するには、人が育っておらず、あまりにも対応できない状態なのだ。

と言うことを親は知っていたほうがいい。

 

 

 

 

 

============

学校の勉強が向いている人

向いていない人がいる。

============

 

 

学校の勉強ができれば、

将来の選択肢が増えるのかもしれない。

けれど、学校の勉強で選択肢を増やすことが

子どもの人生にとって大切かどうかは

目の前の子どもを

よく観ておかないと分からない。

 

 

 

このようにお悩みの方がおられました。

 

 

子どもが小学校でいじめにあっている。

勉強も追いつけず、理解力も遅い。

だから勉強ができるように教えてもいる。

でも子どもがだんだん小さくなっていくし話さなくなってしまった。

どうにかして子どもの話が聞ける自分になりたい。

子どもを助けてあげたいのに、

私は子どもを追い詰めている。

それが悲しい、何か突破口が見出せますか?

 

と、相談を受けた。

 

 

 

宿題云々、学校の勉強という他者の価値観重視ではなく、対応を軸対話に変えてもらい、子どもさんに何か言う前によく観察することを勧めた。

 

 

 

すると、

 

・視力障害があることに気づき、訓練の仕方を親が学び回復に向かって学力も向上した。

 

・楽譜は追えなくても耳コピができることに気づいて、耳コピでピアノが弾けるようになった。

 

・色や作ること、芸術に没頭できるようになった。

 

今では自分の特技を生かした高校に嬉々として通っていると報告を受けた。

学校の勉強だけで、生きる選択肢が増えるわけではないですよね。

 

 

 

だから宿題するしない云々で

右往左往している場合ではないのです。

 

 

 

親は、学校や先生の犬になってはいけないんです。

 

自分と自分の目の前の子どもに目を向けると、大切なものを大切にできるのです。

 

 

 

あなたは何を大事にしたいですか?

 

 

 

でね、愚痴ったらダメと言ってるわけではないですよ。

同学年のママ友と愚痴るぐらいいいじゃないですか、

夫婦で「どうしても気になってさ、、」と

愚痴り合ってもいいじゃないですか。

子どもに愚痴るより絶対いいですよ^^

 

 

 

 

しなやかにね( ̄ー☆

 

****無料メール講座やってます****

 

オンラインサロン&リアル実践会に興味のある方も

まずはメール講座へ

 

次回リアル実践会は2月16日(金)です。

 

 

メール講座の内容は↓↓↓

【軸対話無料メール講座】家族関係を改善したら余裕もできて起…

 

 

軸対話としなやか自分軸にご興味のある方

登録はこちらから

*登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSbGjbGgEv

 

*******言葉の説明**********

 

反応会話とは↓↓↓

https://rakubicoco.com/first-view/jiku-taiwa-2

 

軸対話とは↓↓↓↓

https://rakubicoco.com/first-view/jiku-taiwa-3 

 

 

問題所有の原則

https://rakubicoco.com/ノウハウ/jiku-taiwa-13

 

 

 

======追記========

 

こういう暖かい報告を受けることが

何より嬉しいですよね。

 

子どもさんは高校生、

お母さんによく話すようになったそうです。

 

 

なんか、、、暖かい塊が

増えているような感じがするじゃないですか。

 

 

 

子どもさんの希望する高校に入れるようにと

中学生の頃の親の工夫は凄かったですよ。

 

それは学校の勉強ではない方法でした。

本当に頭が下がります。

しなやか自分軸で関係を築ける人になる★川西未来子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります