不登校児の進路1 | 高校の先生〜【不登校・引きこもり】を考える。

高校の先生〜【不登校・引きこもり】を考える。

国立大卒、元国家公務員。

順調な人生でした。

しかし徐々にその人生が狂いはじめました。

そしてそんなやつがなぜか通信制高校で働くようになった話。
※2019年4月 定時制高校に転職。


現在【不登校・引きこもり】に関わる方の相談業務お受けしています。

いつも不登校自体の捉え方や心の持ち方について書かせていただいているので

 

たまには具体策を。

 

読者の方の情報の一つとなれば幸いです。

 

 

 

 

 

不登校の子どもを抱える保護者にとって

 

「今後この子はどうなるのだろう…」という悩みは

 

ほぼ共通の悩みかと思われます。

 

不安になりますよね。

 

 

 

 

 

私なりの不登校の子どもにとって「良いのではないか」と考える進路を考えてみました。

 

あくまで一例です。

 

家庭状況や本人の特性によって、適切な進路は大きく異なりますので…

 

ご了承ください。

 

 

 

 

 

今回おススメする進路は「私立の理系大学」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも中学や高校に通えていないのに大学??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな声が聞こえてきそうです(笑)

 

そうですよね、しかも「理系」なんて…

 

 

 

 

 

しかしそうでもないんです。

 

以下に私が考える理由を書きます。

 

なぜ「私立の理系大学」なのかを。

 

 

 

 

 

実は入りやすい。

 

 正直「国公立大学」は難しいものがあるかと思います。

 

 本人の能力次第では可能ですが

 

 あまり無理をしてもいけません。地方国公立ならまだ可能性は大きくなりますが…

 

 

 

 

 

 その点私立大学は科目数も少なく、得意科目で勝負することができます。

 

 そしてここが大事なんですが

 

 

 

 

 

 不登校の子どもって意外に、学力というか「頭が良い」子が多かったりします。

 

 それゆえに「集団」のノイズが気になったりするのでしょうが…

 

 

 

 

 

 学習時間が中々足りていないだけで

 

 少し教えて軌道に乗れば「楽しい」といって勉強にやる気を出してくれたりもするものです。

 

 そして特に理系科目にその傾向が強いように感じます。

 

 これは僕の経験則です。

 

 

 

 

 

 上位の理系の私立大学でなければ、十分狙っていける可能性があると思います。

 

 普通に学校に通っている子でも「理系」と聞いただけで敬遠します。

 

 裏を返せば競争が少なく、入りやすいということです。

 

 

 

 

 

就職が良い。

 私立の理系大学はかなりしっかり授業を行います。

 

 そして就職率がとても高いです。

 

 それだけ企業からの信頼も厚いということです。

 

 

 

 

 

 今の時代、文系の就職は本当に大変です。

 

 事務職の倍率はハンパないです。

 

 営業職などが不登校だった子どもに向いているとはとても思えません。

 

 そしてそもそも職種を選ぶことすらできないほど正社員のハードルは高いものがあります。

 

 (景気は回復しているのか?)

 

 契約社員や派遣社員が多い時代ですからね。

 

 中々安定しません。

 

 

 

 

 

 理系職は比較的休みがしっかりしており

 

 安定した雇用が得られやすい。

 

 「安定した雇用」は

 

 「自分の精神の安定」にもつながると思います。

 

 

 

 

 

自分と同じ特性の人間と出会える。

  私立の理系大学の学生は、比較的穏やかで物静かな子が多いと思います。

 

  受験前の生徒に化学などの指導をしたことがありますが

 

  みな真面目で実直な子だったように思います。

 

 

 

 

 

 「この子には幸せになって欲しいなぁ」と思うような子たちでした。

 

 みな不登校の子ではありませんでしたが、学力が特別高いわけでもありませんでした。

 

 合格を報告してくれた時は本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 このような子たちと出会って、友達になれたら本当に良いことですよね。

 

 同じような特性の子が集まるのも、メリットではないでしょうか。

 

 (国公立でも総合大学はガチャガチャしています笑、あとプライド高いやつもいます…)

 

 

 

 

以上3つのメリットでした。

 

具体的に大学名を挙げると、関西では大阪工業大学などがおススメです。(別に大阪工業大学の回し者ではありません笑)

 

北陸では金沢工業大学などとても研究施設などが充実していると聞きます。

 

関東は…知りません(笑)

 

すみません。

 

でも~工業大学はたくさんあったと思います。

 

 

 

 

 

ここからは「私立の理系大学」のデメリットです。

 

 

 

 

 

学費が高い。

  これが一番ネックですよね。

 

  私立の理系はとにかく高い。

 

  4年間で500万~600万円ほどかかります。

 

  高級車が1台買えますね…

 

 

 

 

 

 救いをあげるとすればこの額を一気に払うわけではないということです。

 

 年間150万円ほどです。

 

 入学年度は入学金があるので、200万円弱でしょうか。

 

 これは「奨学金」に頼るのが、妥当だとは思います。

 

 こればかりは家庭の経済事情によります。

 

 

 

 

 

 ただ、その金額に見合う価値はあると思います。

 

 

 

 

 

授業についていけなくなり、途中で行けなくなる。

  これは可能性として考えられます。

 

  はっきり言って、授業内容やレポートは厳しいものがあります。

 

  入学できたらなら、何とか頑張って欲しい気持ちもありますが

 

  どうしても無理なら仕方ないですよね。

 

 

 

 

 

  その分ちゃんとこなせば、就職はかなり有利です。

 

  繰り返しになりますが。

 

 

 

 

 

以上「私立の理系大学」を進路の一つとして提案しました。

 

やはりネックは学費でしょうか。

 

500万~600万円。

 

 

 

 

 

お子様の将来の選択肢の一つとして

 

頭の片隅においていただければ幸いです爆  笑

 

 

 

 

 

お読みいただいてありがとうございましたニコニコ

 

↓良ければクリックお願いします(^^)


不登校・ひきこもりランキング

 

 

 

 

 

【不登校カウンセリング】

不登校のお悩み相談等を行なっています。

↓下記フォームまでお気軽にお問い合わせください(^^)

 

https://form.os7.biz/f/8c93cfa1/

 

折り返しご連絡差し上げます☆

 

内容といたしましては…

 

 

・お宅に直接伺っての現状問題に対するカウンセリング。(関西圏内。保護者、生徒どちらも)

・電話、ライン等による通話機能を利用したお悩み相談。

・メール、ライン等文書によるお悩み相談。

・お子様への学習指導。(学年科目などは私のできる範囲で。大学受験も対応します)

 

など柔軟に対応させていただきますので、まずはご相談ください。

料金等はその時に詳しくご説明いたします(^^)

 

【保有資格】

・高等学校教員免許(理科)

・不登校訪問支援カウンセラー

 

 

 

 

 

 

↓ライン追加はこちらです(^^)