クラフトやまに内、ギャラリー暁で、


大塚健一 作陶展が始まりました。


期日:2015年10月1日~10月15日まで



益子焼伝統工芸士を永年されていた大塚さんの作品は

使いやすく、料理とのなじみもよい作品ばかりです。




益子伝統釉薬の柿釉のポットや、急須など・・・釉薬の持ちがいいので長く使える作品です。



飴と刷毛目の花器↓



フルーツなどを載せる、コンポートも渋めです。



〇の抜き紋角鉢。


やたら、渋くてかっこいいんですよね。格調高い和のお宅に飾ってほしい・・・



抹茶碗もあります。


灰釉薬のグリーンがとてもきれいです。



蓋物や、水滴など。


食器だけではなく、焼き物で作れる様々な作品を大塚先生は作られています。




お時間がございましたら、ぜひいらしてくださいね。