人生に傾聴を!

こんにちは、遠藤さおりです。


みなさんは

どんな時に笑いますか?


面白いとき。


楽しいとき。


自然に

笑いながら

話をしますよね。


他には

どんな時があるでしょう。



照れ隠しのときなんか

笑いますよね。


自虐とか。


あとは

緊張しているとき。


笑いで

ごまかしたりします。


そして…

傾聴する時に

注意しておきたいのが


笑いで

薄めながらしか話せない

重い話のとき。


こんなときにも

人は笑いながら

話します。


では

こういう笑いを

どう理解して

話を聴くか

ですね。


ここは

しっかり傾聴したいと思ったら

話し手がいくら

笑いながら

話をしていても

わたしは

一緒には

笑いません。


笑わず

重い話を受けとめます。


重い話を

笑いながら

話す人は


聴き手のこちらが

受けとめてくれる人か

どうか


この話を

続けていいかどうか


無意識で

感じとっています。


なので

ここを傾聴するのであれば

笑わず

重い話も受けとめる。


すると

話し手自身も

「はっ」とされて

続きを話すことがあります。


もちろん

一緒に笑い飛ばすのも

ありです。


なので

自分は

いま

目の前の人と

どういう関わりをしたいか

決めるわけですね。


笑いには

いろんな意味があります。


だからこそ

傾聴するときの

笑いは

慎重に関わってみてくださいね。


あなたは

どんなときに笑いながら

話しますか。


そんな感じで、また。





(ご案内)

聴く人がラクになる傾聴』は

傾聴1日講座で学んでいただけます。

 

傾聴1日講座クリック

 (実用編とセット割引あり)

2024年
7月1日(月) 大阪天満橋
8月24日(土)大阪天満橋

オンラインはリクエスト開催となります。