人生に傾聴を!

こんにちは、遠藤さおりです。


傾聴するとき

相手(話し手)の世界を

一緒に見たり

感じたりするのが

大事です。


ただ

そのとき

自分の価値観や捉え方で

相手のことを

分かったつもりになってしまうんですね。


これは

避けられないことなんですよね。


話を聴いているときに

いかに

自分の価値観や捉え方を

通って

相手の世界を見ているか

というのを

意識できるか

なんですね。


意識できると

「あっ、これはわたしの思い込みかもしれない!」

と気づくことが

出来ますものね。


ここは

傾聴のトレーニングに

なります。


思い込みがあってはいけない

のではなく

あるのが前提で

「相手(話し手)はどうなんだろう」

「起こってる事実に対して

相手は(話し手)は何を

感じているんだろう」


それを

そのまま理解するために

傾聴していくのです。


なので

自分は何を感じているんだろう

どう思ってるんだろう

日ごろから

自分自身を

そのまま理解しておくのも

練習になります。


自分の感じているものを

そのまま理解する。


それが

相手(話し手)をそのまま理解することに

繋がっているわけです。


相手は何を感じている?


わたしは何を感じている?


練習してみよう!


傾聴のスキルアップになるよ。


そんな感じで、また。




(ご案内)

聴く人がラクになる傾聴』は

傾聴1日講座で学んでいただけます。

 

傾聴1日講座クリック

 (実用編とセット割引あり)

2024年
5月25日(土)大阪天満橋
6月19日(水)大阪天満橋
7月1日(月) 大阪天満橋

オンラインはリクエスト開催となります。