ギタリスト雷僧のしくじり談。

バンド活動ってなんぞや?
このスタート地点を誤ると、雷僧のようにしくじった活動を繰り広げます。
私の失敗例を読んで、失笑していただき、
何かの糧になれば幸いです!(*´ω`*)


テーマ:
こんにちは。

雷僧です。


この度、ブログを正式にオフィシャルブログとして立ち上げました。

http://raiz0.net/

今後はこちらの方に遊びにいらしてください^^

音楽だけじゃなく、
音楽=ビジネスとして考えた時の、自分で稼ぐという考え方も綴っていこうと思います。


よろしくお願いします。



雷僧でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は番外編です。

無料ライブ!

ノルマ無し!



巷でこんな文言をよく見かけます。


結論から言うと、



そんなの出演しなくていい。



『えぇ?!
無料でライブやらせてくれるのに、
なんでやらない方がいいの??』



こう思ってますよね!



とてもわかります。


では、その理由を。。



まず、
ノルマっていうもの。

最近ではどこのライブハウスも、
どこのイベントも、
基本的にはノルマがありますよね。





なんで、ノルマがあるのか??







そりゃあ・・・




ライブハウスが経営できるために。




こう思いませんでしたか?




半分正解です。




ライブハウスは、基本はこうやって経営します。


アーティストがライブをやる。

それを観に来るお客さんがチケットを買う。

ライブを観ながらドリンクを飲む。

小腹が空けば、フードメニューもたのむ。





単純なところでいえば、これだけです。




当然、お客さんが来ないアーティストばかり集めてライブなんてやってたら、


お金は1円も入りません。




じゃあ、どうすれば経営が成り立つだろう?




最低でも、◯人くらいはお客さん呼んでくださいね!
じゃないと、我々も商売あがったりなんで…





こういうことです。


これが、ノルマです。



なんでライブハウスがこんなことを言うのか?

なんでライブハウスがアーティストにそんなことをふっかけるのか。



お客を呼べない、いや、呼ばないアーティストが、

他のアーティストに依存して、

お客が多いライブに当たることを願って、

自身はお客0人でもライブをしようとするからです。




過去の自分のバンドも全く同じでした。

嗚呼、耳が痛いです。自分で言っておいて。。。


では、


ノルマというものがなくて、

そういう考えを持ったアーティストだけで1日ライブやったらどうなるか??



その日の売り上げ0円ですよねw



それじゃライブハウスが食っていけません。



あまりにもそういうアーティストが多すぎる為、

『ノルマ』を提示せざるを得なくなっているのが、今のライブ事情です。



そういう風習がいつのまにか当たり前になっていて、


気づくと、


『ライブはノルマを払ってやるものだ』

『たまたま呼べたらラッキー』


こんな感じの考え方に変わってきてしまっています。




うおおおお、どんどん耳が痛いです。ww



だから、無料ライブっていう話が来ると、


『お金払わずにライブが出来る!!!』


こうなってしまいます。



ということは、です。


無料ライブに出演しているアーティストさんというのは、


たいがいが、


お客を呼べないアーティストだけで集まってしまう



という状況になりますよね。


(もちろんこれが全てではありません。
反論も多々あるかもしれませんが、私の勝手な自論だと思って聞いてくだされば・・汗)



お客を呼べないということは、



①それ相応に、アーティストの何かが良くないんです。


あるいは、


②中身が本当に良いのに、お客を呼ぶ努力が出来ていない


ただそれだけなんですね。



じゃあ、そんな無料ライブに出てしまったら、


①の場合は、類は友を呼んでしまい、
そんなアーティストばかりで集まってしまう。

ということは、

決して集客にはつながりにくい。


②の場合も同様。
類は友を呼んでしまうので、
何かが良くないアーティストと同じ目線で見られてしまう。

歌も曲もいいのに、もったいないですよね!



だから、


ノルマがあるんです。



『いやいや、そんなことわかってるんだよ。』

『そんなの払いたくないから無料ライブやりてぇんだよ!』




きっとこんな思いじゃないでしょうか?w


では質問。


なんで、あなたのバンドはライブでお金払ってるんですか??



もちろん、お客さんを呼べないからですよね。




お客を呼べているバンド、

お客を呼べていないバンド



決定的に考え方が違います。



私自身も、いやというほど思い知りましたからww



これは次回お話します。


ではまた!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんわ。


ここんところ色々ありました。

目は口程に物を言うとは、まさに・・・というか。



さて、、、
前回のBlogはこちら
http://ameblo.jp/raizo0107/entry-12040725138.html




朝、眠い目をこすって起きる。

ギターを背負ってエフェクトボードを持って出かける。

バスの中で居眠りこきながら終点の職場まで向かう。

8時間を職場で過ごし、18時になったらワクワクしながらスタジオに向かう。

スタジオに到着して、コーヒー飲んで一服しながらスタジオの時間を待つ。

2~3時間メンバーと音を楽しむ。

あーでもないこーでもない、と、メンバーでバンドについて話し合う。

また帰路に向かう。

帰りのバスは、充実感のまま居眠りができる。



夢を1つ持ち、それに向かって進んでる。

実は、

こんな生活が一番幸せだったりするんですよね。



しかし、



欲を出せば、何かを失う。



人生ってのはそういうもんです。




結成して間もなく、当時のボーカルのスキルに演奏陣が不満を抱き始めました。



音が取れてないよ!


歌が棒読みだよ!


もちろん、バンドを本気でやる以上ここは努力してもらいたいところ。


ちなみに私は、今でも耳が良いとは思ってないです。
しかし、当時の私は今以上に耳が良くなかったのです。

そんな私でも、『あ!今音が外れた!』と思うことがしばしば。




『ねぇ、結構音が外れてるから、もっと演奏をよく聴いて!』


『歌ヘタだよ!もっと練習しないと!』


『カラオケと変わんないよ!』



こんな具合で、ボーカルへのメンバーの不満は常にある感じでした。



もちろん、ボーカルが良くないと楽曲が生きてこないのは事実なんです。



楽器が何もできないボーカルって、音が取り辛い人が多いんですね。


当時のボーカルもそうでした。


なので、ギターなら私が教えられる。


じゃあ、ギター教えるから弾けるようになってごらんなさいよ、と。


ってことで、、、、


ボーカルと私の間で、らいぞうギター教室が密かに開校されましたw


場所は私の家かスタジオで毎週1回、適当な時間で。。


とっても熱心に通ってくれて、ぼちぼち弾けるようにもなってきました。


が、、、



肝心の歌にはまだまだ直結しません。



ここでメンバー達はどういう結論に至ったか。




『とりあえず、今のメンツでライブをやろうよ。』




なぜか、こんな前向きな行動に出ました。



しかし、それはあくまで表向きの行動。



背後には、


このライブをもって、このバンドやめよう。


こんな印象がヒシヒシと伝わってくるのでした。



ではまた!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。