どーも、
ライティですペンギン


寝過ぎてしまい、
寝れないので久しぶりにパチンコ講座です(笑)



時短終了後の保留の扱いについて誤解している方が意外に多かったりするので
今回は時短終了後の保留の扱い方考え方について解説したいと思いますブタ




甘地中海を例に挙げて
説明します。
(ヘソ賞球3個の方)


本機のポイントは
最大保留が8個な所。


時短終了後の4~8回転は
タダで回せると言うこと。


影響が出るのはトータル確率
甘デジの時短回数+αは影響力大です。


具体的に
どのくらい影響が出るのか。




以下計算式


甘地中海
1/89.75(1/8.975)

トータル確率
1/34.18(5.4R)

出玉数
(条件)
5R×8C×13個
平均オーバー入賞2個
平均ヘソ返し24個

平均454個

時短振り分け
20回→48%
45回→48%
95回→4%
平均時短回数35回



当たり時の保留は3とします。
時短+αによるトータル確率の変化は以下の通り。



時短+5回転→約31.75
時短+4回転→約32.12
時短+3回転→約32.48
時短+0回転→約33.56



これをわかりやすく
等価ボーダーで表すと



時短+5回転→16.19
時短+4回転→16.38
時短+3回転→16.56
時短+0回転→17.11

このようになります。



出玉454個の甘地中海で
必ず保留満タンの状態で時短を抜けると
等価ボーダーは16.19にまで下がると言うことになります。


※時短終了後の保留は通常時として回転率に上乗せするのではなく
連チャンに含めて正確なボーダーを割り出すのが
正しい考え方になります。



マックスタイプや
ミドルタイプでは
それほど影響はありませんが、
確率分母の小さい甘デジだと
これほどにまで
影響力があるのです。



つまり、
保留8個タイプの甘デジは
激甘に化ける可能性があると言うことですひらめき電球




以上、時短終了後の保留についてでしたブタ