今回の旅のメンバー


rainman
daisuke(私)
かっつん(guitar)
fumi(bass) 帰国
tomo-kun(blues harp) 帰国
たむ(drum) 帰国
BOVA(Percussion) メキシコへ


ズキンクン(古い友達)帰国
カオリーン(絵描き)
M嬢(元スタッフ)


恭平(世界一周に挑戦中の後輩)一人旅に戻る
ヒロミ嬢(一人旅中の九州娘) 合流


●雨奇風好●rainman_daisuke



2011旅の記録 シェムリアップその1


前回 の続き


24時を回ったころ、29時間の移動を終え、ついにシェムリアップ到着。


しかし、バスターミナルは真っ暗。トゥクトゥクが5,6台待機してるだけだった。


しょうがないので、彼らに「安い宿に連れて行ってくれ」と頼んだ。俺らは疲労困憊で、自力で暗闇の中 宿を探し回る元気もないし、あまり夜遅くに地理感のない場所をウロウロしたくなかった。


乗ってきたバスには、俺ら4人のほかにもう一人日本人の女性がいた。
一人旅をしてるらしい。真夜中に女の子一人じゃ不安だろうし「一緒に乗っていきませんか?」と誘った。彼女の名前は「ヒロミ嬢」、熊本からきたそうだ。


ヒロミ嬢含めた俺ら5人は、トゥクトゥク2台に分けてバスターミナルを出た。


トゥクトゥクのドライバーはどうやら、ゲストハウスの従業員らしい。彼らが働いてるゲストハウスに案内するというので付いていった。

途中もう1台とはぐれてしまったが、おかまいなくトゥクトゥクは夜道を進んでいく。マーケットなどを通り過ぎたので、街の中心街だということはわかるけど、正確な場所は把握できない。


いきなり大きな通りから路地に入った。外灯もなにもなく真っ暗。さすがに不安になって、「おいおい、ちゃんとホテルに行くのか?」とドライバーを停めて聞いたけど、大丈夫だ!もう、もう一台はホテルに着いてる、と言う。深夜でくたくただったが、とりあえず軽く戦闘モードに切り替えて、「OK、じゃあ進んでくれ」と言った。しばらく路地を進むと、ホテルらしき明かりが見えて、もう一台もほんとに先に着いていた。ほっとしたが、まぁアジアでは色んなことを一々警戒しないといけないし、しょうがない。


その日は、ゲストハウスについてるレストランで軽く飯を食って、眠りについた。レストランではさっきのトゥクトゥクドライバー達が飯を運んでた(笑)


翌日、早く目が覚めてしまったので、一人で散歩に出た。今のゲストハウスの場所を把握しないといけないし、カンボジア通貨のリエルも持ってなかったので両替したかった。


●雨奇風好●rainman_daisuke


昨夜通った真っ暗な路地は、朝見るととてもさわやかな道だった。ゲストハウスもよくみるとキレイで、家族ぐるみでやっているらしく、子供も庭で遊んでいた。


●雨奇風好●rainman_daisuke


散歩の途中で、大通りに面した作ったばかりゲストハウスを見つけた。ここなら明るい通りだし、夜道は恐くないかな。


戻った後に、みんなと相談して、宿を移ることにした。今のところも快適そうだけど、やはり立地が悪い。俺ら夜遊び多いから、道が真っ暗だと女性陣も恐がるしね。


●雨奇風好●rainman_daisuke


で、ここに移動。

ここは20代のまじめな青年が切り盛りしていて、すぐ友達になった。


●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


M嬢はもうあまり日にちがないらしく、早速今日からアンコール遺跡群を回ると行って出て行った。かっつんとヒロミ嬢も一緒に…。元気だ。。。


俺は移動の疲れがぜんぜん取れなくて、やはり10年前とは体力が違うなぁとしみじみ。カオリーンと一緒に「オールドマーケット」をぶらぶら散歩することにした。前にも書いたけど、俺はマーケットが大好き。オールドマーケットは、シェムリアップでも一番大きくて、活気があった。食べ物、衣類、雑貨・・・必要なものはなんでもある。

●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke


ネイルサロンもあったみたいで、カオリーンは挑戦していた(笑)


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

夕方までゆっくりしたら、少し体力が戻ってきた。
俺らはサンセットをアンコールワットから見ようということになった。


アンコール遺跡群に入るには、通行証があって(チェックポストで買える。写真付き)、1日券で20ドル。3日券で40ドルかかる。これはカンボジアの物価にしたらかなり高額。ホテルに1日3$で泊まれるのだから、日本の物価で比較しても破格に高額なのがわかる。


チェックポストの警備はかなりしっかりしていて、地元民以外はそこを絶対通らなければいけない。こっそりもぐりこんで、見つかるとさらに高額な罰金があるのだ。アンコール遺跡というのは、カンボジアにとって大きな財産。大切な外貨収入源なのだね。


M嬢たちは、今日から使える3日券を購入して入っていった。


しかし、ここには1つだけ裏技があって、17時半以降はチケットを持たなくても入れるのだ。10年前はたしか17時以降だったが、変わったみたい。


サンセットが大体18時過ぎなので、これを使って入れば、毎日サンセットは無料で見れる。


街から遺跡までは大体トゥクトゥクで30分。俺らは昨夜泊まったホテルまで行って、トゥクトゥク移動だけ頼んだ。ホテルオーナーの息子らしき大学生が、通常の半額くらいで引き受けてくれた。宿を移ってしまったのに、やさしいなぁ。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

トゥクトゥクのガソリン。スタンドではなく、女性が交差点に立ってるだけ(笑)


●雨奇風好●rainman_daisuke


17時半を超え、アンコール遺跡群の中にGO!片手にはアンコールビール!カオリーン、夢にまで見た生涯初のアンコールワットを目前に、大はしゃぎ!

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


ついにアンコールワット到着!俺は10年ぶりの再会!
やっぱりかっこいい!神々しいぜー。。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


アンコールワット内は、時間もないし今度ゆっくり見ようという事にして、アンコールワットを背中に湖のほとりに座り、夕日を眺めた。

すばらしい時間だった。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


夜は、ナイトマーケットに、5人で遊びに行った。
夜だけ出現する、にぎやかな夜遊びスポット。


アンコールナイトマーケットという看板を見ながら、かっつんと「今度のアルバムのタイトル決まりだね、これに」なんて話してた。いきなりイベント名をそれに変えたのも、この頃。なんでもありのごちゃごちゃ感、宝箱みたいな空間が俺らのイベントにぴったりな気がした。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


マーケットのあとは、M嬢が「カンボジアのBBQが食べたい」と言い出して、屋台で食べた。M嬢かなりガイドブックを読破していて、カンボジアの観光スポットかなり詳しかった。BBQも、おすすめ料理らしい。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


入った屋台は、二人の姉妹がきりもりしていた。
活気があって笑顔がかわいい。

BBQはこれ。卵をまぶした肉を貼り付けて焼く場所と、麺入りのスープを温める場所が一緒になっている、変な形の鍋で食べる。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


かっつん、姉妹にモテモテでかなり楽しそう。

BBQの味も、日本にはない味で、でも美味しい!姉妹もかわいいし通っちゃいそうだ。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke



次の日は、朝4時におきて、アンコールワットの背後から登ってくる、サンライズを見よう!ということになり、早めに就寝。

初っ端からシェムリアップ満喫の我々であった。


続く

AD

昨日のことと明日のこと。

テーマ:

昨日は、目黒で唄ってました。毎日唄えて嬉しいよ。ありがとう。


昨日は「大輔」という名前の方が、あの空間に3人いた。珍しくない名前なので同名の方はよく会うけど、昨日珍しかったのは、3人とも歌う側の人間だったこと。名前は同じでも、表現方法はさまざま。ちなみに、この写真の横でマイクスタンドの代わりをしてくれてる方は大輔さんです。


●雨奇風好●rainman_daisuke


明日の日曜は、中央線阿佐ヶ谷駅前のBARで弾き語りバーテンダーを20時から朝までやってるよ!とりあえず場所を書きましょう。


東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-17-8
ランドエイトビル4F


です。阿佐ヶ谷駅南口でて、マックのあるビルの右隣の四階。徒歩30秒。まだ店の看板ありません(笑)かなり怪しい店ですが、勇気出してドアを開けましょう(笑)チャージは1500円。酒も食べ物もあります、500円~。ほかのメンバーもいるかもです。ではでは。

AD

弾き語りバーテンダー

テーマ:

ひょんなところから、阿佐ヶ谷の駅前のBARで、弾き語りしながらバーテンすることになった(笑)ボバも一緒。


昨日はfumiも遊びに来てた。今度ベース持ってくる!って言ってた(笑)ひさびさに朝まで唄って、なかなか新鮮。


5月は日曜日に20時からお店にいるので、遊びに来てー。かなり怪しい店だけど(笑)、カウンターの中にステージがあって、リクエストこたえながら酒作るよー。ちょっとまだプレオープンみたいな状態で店の名前とかないから(笑)また詳細追って知らせます。これから目黒のカレーバーのラストパーティーがあるらしく、唄ってきます。よっこらしょ




10周年企画まで、あと1週間!うっしゃ

2011/05/06(金) アンコールナイトマーケット Vol.1 青山 月見ル君想フ
rainman結成10周年記念企画  daisukeくん生誕36周年前夜祭  

出演
■rainman+パー [from タイマーズ]
http://rainman.jp
■China Cats Trips Band
http://chinacats.net/
■Strange:Poe
http://www.youtube.com/user/GuriGuraable
■oa/虹尾わたる

■VJ:Meg [OVERHEADS] http://www.overheads.jp/php/modules/news/



open 18:00start 18:30
入場:2300yen


AD

rainman×OVERHEADS meg

テーマ:

rainman、結成10周年企画も1週間後に迫ってきました。



今回は、ちょっとVJのmeg嬢のご紹介。meg嬢は、知る人ぞ知る映像集団OVERHEADSに所属してますが、rainman最新アルバム「monsoon jam」のジャケットデザインも手がけてくれています。


http://www.overheads.jp/php/modules/info7/index.php?id=1


今回のイベントは、音と共に視覚でも楽しんでもらおうと、声をかけました。ちょっとだけ彼女の、手がけたライブの写真を載せますね。写真の会場は、今回のイベントが行われる、月見ル君想フです。このライティングの中でrainmanの音があなたの全身を包み込むでしょう。是非、新しい世界体感してくださいね。お楽しみに。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke



2011/05/06(金) アンコールナイトマーケット Vol.1 青山 月見ル君想フ
rainman結成10周年記念企画  daisukeくん生誕36周年前夜祭  

出演
■rainman+パー [from タイマーズ]
http://rainman.jp
■China Cats Trips Band
http://chinacats.net/
■Strange:Poe
http://www.youtube.com/user/GuriGuraable
■oa/虹尾わたる

■VJ:Meg [OVERHEADS] http://www.overheads.jp/php/modules/news/



open 18:00start 18:30
入場:2300yen






OHP(Liquid Lighting)・ Slide(Photo)・Video をミックスした幻想的なLight Showを展開している、光・映像チーム。
静止画と動画(Still & Movie)、アナログとデジタル、溶けあう光と映像、極彩色に変容して行く空間。サイケデリックな視覚体験は、時空を超えたコズミックな世界に誘います。多様なスクリーン(パラシュート・ネット等)を使用した、立体投影や建築物、森の木立への野外投影により、数多くのParty & Festivalで、ユニークな異空間を出現させて来ました。
6人のメンバーは、独自のバックグランドを持つプレイヤー・アーティストであり、夫々の個性が、重なり、交感することにより、OVERHEADSのLightShowが生まれます。

  助 川 貞 義/OHP(Liquid Lighting), Photographer
  石 井 裕 之/Slide, Photographer, Videographer
  谷 口 康 則/OHP(Liquid Lighting), Gardener
  佐 藤 孝 宣/VJ, C.G.Creater, Videographer
  佐 藤 直 子/VJ, C.G.Creater, Videographer
  澤田めぐみ/VJ, C.G.Creater, Videographer, Graphic Designer

今回の旅のメンバー


rainman
daisuke(私)
かっつん(guitar)
fumi(bass) 帰国
tomo-kun(blues harp) 帰国
たむ(drum) 帰国
BOVA(Percussion) メキシコへ


ズキンクン(古い友達)帰国
カオリーン(絵描き)
M嬢(元スタッフ)


恭平(世界一周に挑戦中の後輩)一人旅に戻る


●雨奇風好●rainman_daisuke



2011旅の記録 シェムリアップまでの移動 ビエンチャン→パクセー→カンボジア国境


前回 の続き


楽園ヴァンビエンを出た 俺とかっつん、カオリーン、M嬢の4人はバスでラオスの首都ビエンチャンに移動。6時間ほどで無事に到着。


しかしビエンチャンはさすがに首都らしく街が大きくて、宿を探すのにも一苦労。フルのところが多く、いくつかの部屋を回る。


なんとか、マフィアが経営してそうな感じの(笑)、某ゲストハウスにチェックインした。4人ルームで一人約3US$。

しかしゆっくりしてはいられない。すぐにシェムリアップまでのルートをどうするか、作戦会議。

●雨奇風好●rainman_daisuke


とにかく旅行代理店に行って、相談しようということになり街を散策。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

ん??(笑)↓


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


旅行代理店をいくつか回ったが、タイ経由だと一度バンコクに戻らないといけないらしい。最終地点のバンコクに一度戻るというのがなんとなく嫌だった。途中で降りて、市バスでタイ・ラオス国境のアランヤプラテートを目指す方向も考えたが、確実性が薄いためこのルートは断念。


南ラオス パクセーを通って、ラオス側ブンカームとカンボジア側ストゥントゥレンの国境を通り、そのままシェムリアップまで一気に行くのが一番早そうだ。しかしバスの移動時間は24時間!12時間まずは寝台バスに乗ってパクセーへ、その後普通バスに乗り換えて12時間…という大変そうな移動だった。途中のパクセーで降りて1泊しようか…。いろいろ考えた。。。


相談の結果、24時間一気移動を選択。最初の12時間が寝台バスなら、そこまで体力は使わないだろう!って予想したのだ。


俺らは翌日の夕方19時に出発するチケットを予約した。手数料を含み、50US$近く取られた。くーーー。ラオスは移動が高いなぁ。。まぁ、この距離を24時間で突っ走るのだからしょうがない…。


旅行代理店のおねえさんに相談↓



●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


そうそう、チケットを取った後、屋台で夕食を食べていたら、なんとまたメガネカップルに遭遇(笑)バックパックを担いでウロウロしていた。


あれ?パクセーに行ったのでは?と聞いたら、男性が「ヴァンビエンからパクセーはビエンチャン経由で、ビエンチャンから寝台バスに乗り換えたんだけど、寝台車が狭くて、俺、閉所恐怖症で耐えられなくて降りちゃった!」とか言ってる。女性の方は平気だったみたいだけど…。


パクセーまでのチケットを無駄にしてまで嫌だっていうのだからよっぽどだろう…。
ん?パクセーまでの寝台バスって、明日俺らが乗るバスのことじゃねぇか??!なんだか雲行きが怪しくなる情報を得てしまった…。


メガネカップルは宿を探していたので、俺らが泊まってるホテルを紹介した。しかし、よく会うぜ。このカップル(笑)


●雨奇風好●rainman_daisuke


次の日は、夕方まで時間があるので、チェックアウト時間を17時まで延ばしてもらって(約一人1.5$)、ビエンチャンの街を散策。

なかなか都会。町並みはこんな感じです。↓


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke



17時なったのでチェックアウトして、バス乗り場までピックアップしてもらう待ち合わせ場所の近くで夕食を取ることに。


最後のラオス料理。


レストランにいた魚!!↓

●雨奇風好●rainman_daisuke


これはフライドライス。

●雨奇風好●rainman_daisuke


やはり俺は、ラープとカオニャオ(もち米)ですな。黄金コンビです。ビアラオのつまみにもぴったり!


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


18時にミニバンがピックアップしてくれることになってたんだけど、時間が過ぎてもこない。予約した旅行代理店はすでに閉まっているし、ちゃんとくるのか心配。

●雨奇風好●rainman_daisuke
●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


30分ほど過ぎて、いよいよ代理店の携帯に電話しようかってときに、自転車に乗った若者が声をかけてきた!「付いてきて!5分くらいで着く」とか言ってる(笑)ピックアップしにくるって自転車かよ!!

4人は荷物を持って移動。5分ほど歩いた場所に旅行者がたくさん待っていたのでホッとする。。


寝台バスは、心配していたような狭さはなく、足を延ばしてゆっくり寝れる広さ。バスによって作り方が違うみたいだったので運がよかったのかな。19時過ぎにバスはビエンチャンを出発した。

バスの中↓


●雨奇風好●rainman_daisuke

バスの天井↓

●雨奇風好●rainman_daisuke

熟睡。
起きたらパクセーだった。予想通り、最初の12時間は体力を使わずにパクセーまで辿り着けた!やったね!

パクセーのバスターミナルで1時間ほど、乗り換えのバスを待たされる。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

8時ごろ、パクセーを出発。今度は普通の座るタイプのバス。
さぁ、これからが移動の本番。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


結構スムーズに移動できて、4時間ほどで国境到着!!
ラオス側ブンカームを抜けて、カンボジア側ストゥントゥレンに入る。


かなりゆるーい国境で、チェックもほとんどなし。


歩いて国境を超えて、無事に4人ともカンボジアIN!ついに入りましたカンボジア!

みんな嬉しそう。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


●雨奇風好●rainman_daisuke


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


はしゃぐカオリーン↓


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


カンボジアのビール!アンコールビールを早速!!


●雨奇風好●rainman_daisuke

国境を越え、再び同じバスに乗り、ひたすらシェムリアップを目指す。


しかしここからが遠かった…。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


途中で食べたカレー↓


●雨奇風好●rainman_daisuke


日が暮れて真っ暗になっても、まだ到着しない。

しかも、プノンペン行きの人と、シェムリアップ行きの人が乗ってたらしく、一度バスの乗り換えまであった。

この頃にはかなり疲労もピーク。
時計は21時を回っていた。。。


もうビエンチャンを出て26時間経ってる。。


●雨奇風好●rainman_daisuke


乗り越えたバスは、ドアとかもなくて、風ががんがん入ってくるし、テレビがついていて映画が流れているんだけど、映画がまるまる一本終わって、そろそろ着くのかと思ったら、また新しい映画が始まって、さすがに2本目は見る気もしなかった(笑)


24時を回った頃、ようやくシェムリアップのバスターミナルに到着!長かった。29時間の移動でした!

しかし到着と言っても、あたりは真っ暗で、トゥクトゥクが5,6人、客待ちをしてるだけ…。こいつらに頼るしか、市街に出る方法はないのか…。


宿に無事にチェックインするまでには、もう一頑張りしなきゃいけなそうだぜ…。ふ~っ。



続く

真哉君の日記からです。
↓ここを読んでる皆さん、何かアドバイスなどあればメッセージくださいね。
●雨奇風好●rainman_daisuke
放射線量の現実

今回、ガイガカウンターで至る所を測りまくってきました。政府、自治体が公表している数値は全く当てになんない!!

簡単に言ってしまえば、隣の畑は高かった。。と言った感じ。

子供達が心配でたまりませんよ!学校の校庭は使用禁止になってるけど、その説明や生徒への指導はお粗末過ぎて泣けてくるぜ。。
先生方が親が、政府の発表を鵜呑みにしてる。

んー、危な過ぎる。。と思い、早速とある小学校の校長先生にアポをとり、対談決定‼
これまた何とも途方もねー問題だけど、止むを得ずそこで暮らして行かなくちゃいけない子供達の事を、しっかり大人が守らなくちゃならないのは事実だわな。

悲観的な考えばかりじゃ無く、学校行事の事、子供達が楽しみになる様なイベントなど、じっくり話て来ようと思ってますわ。

なんかいいアドバイスあったら下さい。
お願いします。


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke

下北月灯と阿佐ヶ谷

テーマ:

●雨奇風好●rainman_daisuke


ずっと酒の隣で唄ってるので、いつがいつなのかよくわからん(笑)この写真は下北の月灯。マイメン瀬戸さんがバーテンしてる。この日もかなり深い酒で、たむ君とtomo-kunもいたんだけど、軽く呆れられてる始末。でも、好きなように唄わせてくれる友がいて、俺は感動していたんだぜ。


昨日はスタジオのあと、ちょいと阿佐ヶ谷の謎のBARに行って唄った。今後、阿佐ヶ谷にはよく足を運ぶことになりそうだ。そこで、なんと、アニマルハウスのつるさんをよく知っている人物に会い、「ぽかぽか陽気~」とか「急ぎ足」なんかを一緒に唄った。急ぎ足なんて唄ったの高校生ぶりだぜ。つるさんが引き合わせてくれたような出会いだった。


日々、唄える場所があることに感謝。君がここにいてくれて感謝。

テーマ:
●雨奇風好●rainman_daisuke-110424_15243211.jpg

昨日は 目黒のカレーBARで 結婚記念イベントがあり 唄いに行ってきました。

できたばかりの「掌」という曲も唄いました。てのひらと読みます。あるバンドに提供した曲ですが、rainmanでもお披露目する機会もあるかもしれません。お楽しみに。

今日のリハで 5月6日のセットリストが決まりました。もう10年分の集大成という感じ。これを聞かないとrainmanは語れません!って感じかな。俺も 唄うのすごく楽しみです!ライブまで後10日!照準合わせて生きてね。

雨募金を託した二人 無事帰還

テーマ:
真哉くんとゆうじが無事に戻ってきました。お疲れさま。ありがとう!

下記は真哉君の日記です。ほんとうに長い戦いだと思います。雨募金、これからもよろしくお願いします。


ただいまー!


昨日、福島から帰ってきました。

みなさん、ご協力ありがとうございました。

次は五月中旬に行くの予定です。

行き先は南相馬市の六角というビジネスホテルです。

自宅避難の方々に食糧品を届けて来ます。

お米、味噌、しょう油、野菜、塩、お酒の品目に絞って持って行こうと考えてます。

現状、南相馬市は物流がストップしてる為、お店がほとんどやっていません。

避難所に届いた物資も受け取れません。

深刻なエリアだと感じました。米、しょう油、野菜、味噌は現地の方の希望でした。

また、出来る範囲で継続的に協力して行きたいと思ってますので、ご賛同して頂けましたら是非ご協力宜しくお願いします。

こちらのサイトはみちのく応援隊のサイトです。こちらもピンポイントで救援物資を配給してくれている方々です。

http://sites.google.com/site/michinokuoentai/

先のなげー事なので、出来る事からコツコツやって行きましょ!

気になる事があれば連絡下さい!

よろしゅーお願いします。

●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke


金曜は、国立地球屋さんで、ストレンジポーとチナキャッツのツーマンがあるということで、今度の10周年企画に両方のバンドが出てくれるので挨拶に行ってきました。ストレンジポー、初めてライブ見たけど、かっこいいよ。


鍵盤も入ってて、鍵盤ならではのサウンドでした。これは5月6日もかなり楽しみになっちゃいました。彼らは、虹の岬まつり(大分)に出演して、そのまま飛行機で東京に戻りその足で青山INしてくれるそうです。感謝!


続いてのチナキャッツ先輩。60年代のフォークソングとか、サマータイムブルースとか、あいかわらずツボです。かっちゃんのギターやっぱ好きだなぁ。きもちいいいいい。チナさんが参加してくれるなんて5月6日は贅沢すぎるー!月見ル君想フで見るチナ、楽しみっす!


地球屋には青山で、VJやってくれるオーバーヘッズのメグちんもいて、ひさびさにカウンターでゆっくり呑んじゃった。月見ル君想フでのVJ・・・これもまたどうなるのか。楽しみです。オーバーヘッズのライティング経験してない人は、是非ご注目。


●雨奇風好●rainman_daisuke


続いて、昨日土曜日は、雨の中代々木公園まで。チナキャッツ2連夜です(笑)ボバちゃんとYAYA社長も一緒でした。


雨で、スタッフや出展者の人たちは大変そうだったな。おつかれさまです。哲Jさんと会えなかったのが残念。ダチャンボAOさんはたまたま見かけて挨拶できた。あと、知ってる顔がちらほら。。みんな雨の中、チナキャッツライブ待ってるんだよね。


照明はオーバーヘッズでした。写真だとわかりづらいかもしれないけど、ぐにゃぐにゃで気持ちよかったー。うちの社長もニコニコしてみてました。ボバちゃんがんばってフライヤー配ってました。さすがっす!


●雨奇風好●rainman_daisuke

●雨奇風好●rainman_daisuke



その後、社長の車で高円寺まで送ってもらい、焼き鳥屋でいっぱい。その後高架下を歩いて阿佐ヶ谷へ。で、秘密の場所で2曲ほど演奏。ボバちゃんとたっぷり遊んだ1日でした。


●雨奇風好●rainman_daisuke


今日は、ちょいと目黒の方まで歌いに行ってくる。結婚パーティーなのよ。では!