dazz店長のブログ

dazzとはさいたま市にあるドッグカフェRAIN DOGSの看板犬兼店長を務める老犬のことでした


テーマ:

雨が続いて気が滅入ります。

 

街中でよく、母が通っていたデイサービスの送迎車に出くわします。

「あっ」となって、思い出してしまいます。

亡くなって間もない頃、そこでの母の様子を聞きたくてデイサービスに電話したことが有ります。

親しくなった人も何人かいたようなので、母が生きていた痕跡のようなものを、そういう人たちに会って聞き出したかったのです。

電話に出た職員の方には、名前を名乗るとすぐに分かって、丁寧にお悔やみを言われました。

ただ、通っている方たちに母の死は伏せられているので、話を聞くことは出来ないということでした。

動揺を避ける為に。

まぁ 当然の配慮かなとは思います。

 

 

 

 

母が亡くなる数ヶ月前あたりから、実家の近くまで行くと父の怒鳴り声が外まで聞こえてくることが多くなりました。

母は基本的には家の中では手すりにつかまって一人で歩くことができましたが、その頃になるとだんだんとそれも難しくなり、転んでしまうことが多くなりました。

転んでしまうと一人では起き上がれずに父が助け起こすわけですが、老老介護ですからそう簡単には起こせず疲労とフラストレーションが溜まり、怒鳴り声となってしまうのでした。

父は母になるべく椅子に座るかベッドに横になって、じっとしているように求めていましたが、母はそれだけが自分の生きている証明だと言わんばかりに家事をやろうとしました。

そうしては、転んでしまったり、最後まで出来なくなってしまって、父に怒鳴りつけられるという繰り返し。

家の空気が荒んで、母の生きてゆく気力のようなものが少しづつ失われてゆく気がしました。

僕はただ大声で怒鳴ってばかりの父を嫌いましたが、同時に、少し認知症の症状も出てきた母に対して、どうしていいのかわからず大声を張り上げるしか出来ない父に同情もしました。

在宅での介護は限界かな、と家族みんなが思い始めた矢先、母はあっさりと逝ってしまいました。

 

今、父一人なってしまった実家に、毎日仕事帰りに寄っています。

夜行くと、母が使っていた介護用の椅子やベッドや手すりはレンタル業者が引き上げて、ガランとしてしまった家に父が一人でいます。

不眠が続き、食欲もあまりないみたいです。

もともと料理好きで、母の分まで苦もなく作っていたのですが、一人分ではやる気が出ないらしく、買って来たおにぎりなんかを食べているみたいです。

僕が行くとビールと簡単なおつまみを用意してくれます。

父と二人だとあまり話すことがありませんが、「そんなに寂しいんだったら、もっと大切にすればよかったのに」と口をついて出てきそうになりますが、それは飲み込みます。

 

 

僕が年をとって、奥さんがもし先に逝ってしまった時、自分の為にだけ生きてゆく力が果たして僕の中に残っているのかな、と考えると、父の有り様がとても切ないです。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

母の四十九日の法要が無事終わり、お墓に入りました。

お坊さんに促されて、ずいぶん真剣にお題目を唱えましたので、きっと天国へ行けたと思いますよ。

本当はその辺にとどまっていて欲しいんですけどね。

 

スーパーの野菜・果物売り場に栗が並び始めました。

母は毎年この時期になると近所の顔見知りの八百屋のおばさんに頼んで、大粒の栗を大量に買い込んできました。

栗の渋皮煮を作るためです。

もっとも最近は体の自由がきかないので、ほとんど僕の仕事になったのですが。

3kgもある栗をひとつずつ鬼皮をむいて、下茹でをして、またまた1個ずつ掃除をしてから砂糖で煮込む、なんてやってると軽く1日仕事になってしまいます。

そうやって作った渋皮煮を近所に配るのが楽しみだったみたいです。

うちにももらったけど食べきれずに悪くしちゃうことが多かったな。

ゴメンナサイ。(僕が作ったんですけどね)

 

スパーの野菜売り場で、赤いビニールのネットに入った、まだ粒の小さな栗を眺めながら涙ぐむおっさんは、キュウリの特売に急ぐ他のお客さんからすれば気味悪いというよりは、邪魔!ということであります。

 

きっと毎年こんなだな。

 

 

 

dazzは点滴をして少し回復しました。

ごはんを自力で食べられるようになりました。

 

 

摂理とは人間の都合などおかまいなしに、時に非情で冷酷なものと理解していましたが、哀れと思ってくれたんですかね。

 

「かたじけない」と言っておきます。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

母が最後に運び込まれた病院は、この店から自転車で10分程の所にある、北浦和駅前の病院です。

父も母もそこで手術や入院を繰り返していたので、その度に僕は店が終わってから夜の街を自転車をかっ飛ばして、何度も何度も見舞いに行きました。

何十回か、もしかしたら100回を超える程。

今年の春にも母はひと月以上入院していて、同室の人や看護士の人と仲良くなるくらい訪ねたのが、ホントについ最近だったのですよ。

 

その病院に、母と一番仲が良かった人が入院したと聞いて、店が休みの月曜にお見舞いに行ってきました。

母の遺体を引き取った時以来の訪問です。

 

まだ全然ダメですね。

 

見慣れたエレベーターに廊下に病室。

耳の遠くなった母と、病室なので大きな声の出せない僕の、いたってトンチンカンな会話や、リハビリと言って廊下を手を引いてグルグル歩き回った事、帰る間際にトイレに行きたいと言うのでイライラしながら連れて行った事 などなどなどなどなど

次から次に思い出します。

「あ〜 いないんだ」と思って、「もう永遠にいないままなんだ」と思うと、やっぱりまだダメです。

 

手術後間も無い、母と同年代の入院中のおばあちゃんに慰められて帰って来ました。

 

母が亡くなってひと月が経ちましたが、

相変わらず制御不能な悲しさが降って湧いて現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。