海の横のホーム | RailwaysStory

海の横のホーム

お仕事で遠方に行きました。

(・_ ・) ほぼ観光気分♪


kano
「ついでに行きたいとこがあるんですが...。」

kazuhiro
「いいですよ。」

□_(・_ ・)ノ ここ

↑スマホで地図表示 

kazuhiro
「んん?そのぎ?」

kano
「いや、その横。ちわた。」


お茶の名産地、彼杵(そのぎ)の次の駅です。
千綿(ちわた)。

いろんな方のブログなど拝見している中で
海の極々のステキな景観だなぁと思って、

彼杵ICから降りればすぐだし。

どうやら、鉄の方々にはおなじみの駅のようですね。
18切符のポスターになったとか。


_o( ̄_  ̄ ) 運転運転


(・_ ・) わくわく
      めっちゃわくわく


彼杵ICよりR34を南へ、
右手に海、左手に山、

で、到着。
駅前には10台くらいの駐車場。

kano
「いいなぁ、このポスト。」

木造の駅舎の前の赤い円柱ポストがアクセント。

kazuhiro
「キレイにしていますね。」

無人駅のはずなので、待合室を通ってホームにと思ったのですが
待合室からおいしそうなにおい。

kano
「ん?喫茶店?」

中はカフェになっていて結構お客さんがいます。

うーん入れない、っと駅舎横に「観光の方はこちら」のような案内、
駅舎の横からくるっと回って直接ホームに行けました。

曇りの昼さがりでしたが、
カーブを描いたホームに広がる海、
海岸線に沿って走る架線のない線路

すごくいい景色です。


( ̄_  ̄ ) ← 時刻表チェック中


ネットで見た写真とは少しずつ違って、
フェンスがこげ茶の新しいものに置き換わっていたり
庭木がきれいに剪定されていたり
ホームの黄色の線がしっかりペイントされてたり

うん、たぶんこれが映えるってやつね

うん、たぶんきれいだよね


(- _ - ) あぁぁぁーー ちがう


いやぁ、こうじゃなくて


( ̄▽  ̄ )ノ 一時間に1本ですね。


うんうん、いいんだけど


(- _ - ) あぁぁぁーー


私は何を望んでいたんだろう

kano
「思ってたのと違うんですよ。
 なんかきれいになってて、人もいて。」

kazuhiro
「そりゃぁ日曜日ですもん。コーヒー飲みに入ります?」

kano
「いや、いいです。」


赤いポストは色あせていましたが、
これもやがてはパキッとした朱色になるのかな。


(・_ ・)ノ よし、フルーツ見に行こう!