大学卒業 4年間ありがとう

テーマ:
こんにちは!!

私事ですが、、昨日、大学を卒業致しました!!
{966106E5-7236-4783-AD6A-2F952370F114}

4年間、生田の急勾配を登り続けました笑笑
いやぁ、、4年間あっという間でした本当に。

実は、高校生で音楽の先生になりたくて、でも音大は高いし現実的に諦めて、指定校推薦で専修に入りました。
一年生の頃は、芸能の道に戻ることは全く考えていなかったので、サークルに入って、フルで講義を取って、大学生らしい大学生活をを送っていました。しかも、成績優秀者で学術奨学金までもらってました←ドヤ。笑
一年生から仲の良かったグループがあって、四年生でも皆で会えて、感慨深いものがありました。
この友達がいなかったら、人生も違ったと思うくらいです。
{7447CBDB-4F4A-4160-AAA6-3AF823CE6323}

{952A132C-6804-4DE6-B734-13C15D80E4EC}



2年の前期、高校からやっていたバンドを本格化させて月3ではライブハウスでライブして、バンドマン生活をしましたが、夏頃に前お世話になっていた事務所から舞台手伝いに来ない?と言われて行ったのが、僕の転機でした。
やりたい事がなくて、就職も何系にしようかも考えてなかった自分。そこに飛び込んできた舞台という懐かしい響きの言葉。それに惹かれたんです。いつのまにか、戻っていました。
最初、授業をフルに取りながらの芸能との両立でヒーヒー笑笑 本当に大変でしたww
でも、それを応援してくれる友達、教授がいて、支えられながら、単位は落とすことなくやれました。
人に、大鹿君は、礼生は、本当になんでもできるよね、器用だよね、出来ないことないよね。ってよく言われます。いや、めっちゃ不器用です。不器用なのを知ってるから人より倍やるんです、それで今まで上手いこと生きていました。

だけど、お芝居って、舞台って、上には上がいて、答えがなくて、器用とか不器用とか関係なくリアルが追求されていって、完璧主義の僕が唯一どんどん探求したくなるものなんです。歌もそうです。なんでもできると言われていた自分が何にもできなくなる、それが自分にとって変なプレッシャーがなく、出来ないことが面白くて←
四年生の時にこの道に進もうと決めました。実は四年生の前期まで、就活をしようか本気で迷ってたんです。

でも、大学の中でも一番多くの時を過ごしたゼミの皆がキラキラしていて、自分の好きな事をやりなさいってステキなゼミの教授に出会って、人生悔いないように生きてやろう!!と、安定ルートから一気に外れてみたんです。笑
そうやって動かしてくれたゼミのみんなには感謝してもしきれません。
大学に行かずに芝居の道を進んでたらもっと違う道があったのかなとか考えた時もあったけど、僕は大学に行って、かけがえのない一生気をつかうことない友達に出会いました。ここに来なければ出会えなかった人達。だから僕は大学に行ってよかったです。

昨日は、もう、思いっきり泣きました。全員で会えなくなるのが寂しくて寂しくて、でもみんなすごい応援してくれるし、それぞれの道を頑張るし、でもやっぱり寂しくて。それだけいつしか心の支えになっていたんだと思います。
朝まで、遊び尽くしました。笑
改めてありがとう。
{3F8CEAD0-8BE9-4BB4-BAFB-A88F64782232}

{F9958994-96EE-43EB-892F-534AF7F307DB}


そして、4年間大学に通わせてくれた両親、妹にも感謝しています。
毎朝玄関まで出て手を振ってくれる母親と妹。家ではそっけない僕なのに、ちゃんと見守ってくれて、今まで育ててくれてありがとうと改めてお礼を言いたいです。ありがとう。

と、総じて、最高の大学生活でした。
なんか、芸能人というかそういう事をやるから自分のプライバシーは自分で守るべきだけど、だからと言って人間としての大事な節目とか、舞台以外の大切な友達との交流すらも何も言わず芸事の更新だけっていうのは何か違う気がして。
1人の人間として、生きてる証拠を残したいななんて笑笑
だからあえてブログにも書きました。

今まで支えていただいた方本当ありがとうございました。これからも頑張りますので、宜しくお願いします!!!

さ、上を向いて歩こう。

                                         礼生