1月6日は二十四節気の「小寒」です。そして今日から

寒の入りで本格的な寒さがやってきます。

1月21日は「大寒」で、2月4日は「立春」となります。

明日は七草で七草粥を食べると万病を防ぐと言われています。

お正月にご馳走を食べ過ぎた胃腸を休め整える意味も

あるそうです。

 

春の七草

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

秋の七草                             

はぎ・ききょう・くず・ふじばかま・おみなえし・すすき・なでしこ

 

(春の七草は食べられますが、秋の七草は観賞用です)
 

 

 

 

 

 ボゴムくんやユジョンちゃんの次期作の話題が聞こえて

こないので寂しいです。

ユジョンちゃんもJTBC新ドラマ「いったん熱く掃除せよ」

のオファーを受けて検討中の芸能記事が出てから

どうなったのか?解らないまま年が明けてしまいました。

ボゴムくんもドラマのオファーたくさん来てるのでしょうが

学業優先しているのか?CM撮影で忙しいのか・・・

平昌オリンピックが控えているからか・・

 やはり卒業を控えているため学業を優先させたようです。

今のところ次期作は聞こえてきませんね。

韓国は兵役もあるので色々考えなくてはならない

問題も多いのかと推測されます。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 私も、はまった韓ドラ時代劇。

「イルジメ」「チャングムの誓い」「トキメキ☆成均館スキャンダル」

「イ・サン」「トンイ」「根の深い木」 

「太陽を抱く月」そして「雲が描いた月明り」

他にも私が視聴していない人気の

時代劇がたくさんあります。

日本では逆にだんだん時代劇が減ってきている

ように感じます。

2017年に放送された韓ドラ時代劇を

振り返ってみましょう。

 

 

2017年地上波3局で放送された時代劇

 

SBS

「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエとソン・スンホン

2017年1月26日放送開始 水・木ドラマ

 イ・ヨンエが「宮廷女官チャングムの誓い」から13年ぶりに

ドラマ復帰を果たした時代劇です。

 

 朝鮮時代の天才画家・師任堂(サイムダン)の人生を再解釈し、

画家の芸術魂と大切な人との不滅の愛を描いた時代劇。
イ・ヨンエの待望のドラマ復帰に加え、ソン・スンホンとの共演で

放送前から韓国内外で期待が高まっていました。

日本でもケーブルテレビでほぼリアルタイムで放送され、

韓ドラファンの間でも話題になった作品です。

(最高視聴率 16.3%)

 

 

「猟奇的な彼女」 チュウォンとオ・ヨンソ

月・火ドラマ

 伝説的大ヒット映画「猟奇的な彼女」が韓国でドラマに。

 チュウォン×オ・ヨンソによる史上最狂の

トキメキロマンティック・ラブコメディ

日本でも注目される人気俳優チュウォンが、

本作で初めて時代劇に挑戦。ファンが望んでいたという

時代劇に出演を決めた彼は、初挑戦と思えないほど、

朝鮮時代の青年を見事に演じてみせました。

 

 

 

 

 

MBC

「君主-仮面の主人」 ユ・スンホとキム・ソヒョン

2017年5月10日放送開始 水・木ドラマ

 朝鮮時代に朝鮮半島全ての水を私有化し、力強い富と権力を

得た組織「辺首会」に立ち向かう若い皇太子の正義ある死闘を

描いた時代劇。
イケメン俳優ユ・スンホと人気子役出身キム・ソヒョンの若い主演俳優二人の演技力が話題となり 2017KOREA AWARD では

作品賞を受賞しました。

(最高視聴率 14.9%)

 

2017MBC演技大賞

最優秀演技賞(ミニシリーズ) ユ・スンホ

黄金演技賞(助演女優) キム・ソンギョン

人気賞 INFINITE エル キム・ソヒョン

闘魂演技賞 INFINITE エル

 

 

 

 

 

「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」ユン・ギュンサン

2017年1月30日放送開始 月・火ドラマ

 『六龍が飛ぶ』で大ブレイクしたユン・ギュンサン初主演作。

 悪を懲らしめ、貧しい庶民を助ける義賊、

洪吉童(ホン・ギルドン)。韓国人なら誰もが知る国民的ヒーローはいかにして誕生し、どのような人生を送ったのか?

“神出鬼没の英雄”としてこれまで幾度となく描かれてきた

ホン・ギルドンを、伝説上の人物ではなく、16世紀に実在した

歴史上の人物としてスポットを当てた本格時代劇です。

 

2017年MBC演技大賞 

大賞は「逆賊」 キム・サンジュン

「逆賊」は8冠の栄光に輝く。

最優秀演技賞(月火ドラマ女優)イ・ハニ

優秀演技賞(月火ドラマ女優) チェ・スビン

黄金演技賞(助演女優) ソ・イスク

新人賞 キム・ジョンヒョン

子役賞 イ・ロウン

 

 

 

 

 

 

 

「王は愛する」ユナとZE:Aのシワン

2017年7月17日放送開始 月・火ドラマ

 『ミセン-未生-』のイム・シワンとユナ(少女時代)、

『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』のホン・ジョンヒョンら、

人気スター共演の華やかな時代劇。
原作は、『トキメキ☆成均館スキャンダル』『太陽を抱く月』など

多くのヒット作を生んでいるパランメディアが出版する

同名ベストセラー小説。
豊かな国を夢みる王子ウォン、彼の唯一の腹心の部下のリン、

そして、彼らと運命的に出会い、二人の男性の関係を揺さぶる

ヒロインのサン。少女漫画さながらの切ないストーリー展開は、

胸キュン必至です。

 

2017 MBC演技大賞

黄金演技賞 月火ドラマ:(助演男優) チョン・ボソク

子役賞 ナム・ダルム

 

 

 

KBS2

七日の王妃 パク・ミニョンとヨン・ウジン

 2017年5月31日放送開始

 パク・ミニョン&ヨン・ウジン&イ・ドンゴン共演。

 

 朝鮮の歴史上一番短い時間、たった七日しか王妃の

椅子に座れずに退位させられた悲運の女性

端敬(タンギョン・パク・ミニョン)王后シン氏を取り巻く、

朝鮮王朝の第11代国王・中宗(チュンジョンヨ・ウジン)と、

その異母兄で第10代国王・燕山君(ヨンサングン・イ・ドンゴン)

ラブストーリーを描いたロマンス時代劇ドラマです。

(最高視聴率7.7%)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 なぜ韓国時代劇はこんなに面白く人気があるのでしょうか?

このジャンルは根強い人気があり視聴率が取れるからで、

更に、歴史好きが多いことも見逃せないのだそうです。

時代劇って簡単に言うと善と悪の戦い・・・単純明快で、

もの凄く分かりやすいですよね。

最後に悪を滅ぼして善が勝つとスッキリします。

 

 実際の歴史上で活躍した人物を知ることもできるし

主人公の成長や成功した姿を一緒に観ることができます。

実際の人物や出来事を基に作られるフュージョン時代劇なども

とても面白いです。

韓国時代劇には朝鮮時代(1392年から1910年)を舞台にした

作品が多く、王様や世子さまが登場することが特徴ですね。

 

 

 

 私の大好きな「太陽を抱く月」や「雲が描いた月明り」

朝鮮時代を題材にしたラブロマンスでした。(^O^)

またボゴムくんとユジョンちゃん共演してほしいです。

 

 2018年の韓国で放送されるドラマは現代劇が

多いようです。( T_T)\(^-^ )

それにしても韓国はドラマ大国と言われるほど

次から次とドラマが放送されます。

最近はケーブルテレビ局もドラマに参戦して

主要キャストに有名な俳優さんを起用するなど

視聴率競争を繰り広げています。

 

それではまた。