2017年04月20日

どこまでの若作りなら許されるのか?

テーマ:ブログ

自称38歳の62歳の女性が

逮捕された。

 

逮捕された容疑内容よりも

彼女自身が話題になっている。

 

詳しい身なりは書かないが、

女の人生の先輩の一見本としてみると

悲しいというか切ないというか。

 

男の人と違って、女性は年を取れば生殖機能を失う。

男性は一生、本能で自分の子孫を残そうとする。

とりあえずこの年まで生きてきて思うのは

女性が年を取るっていうのは、大変だっていうこと。

知らない人から、「おばさん」だの「ばばぁ」と言われたり

結婚もしていないのに「奥さん」と言われ、

子供もいないのに「おかあさん」と言われ。

年齢差別を受ける毎日。

 

…節子容疑者もね。

わかんないけど?

「若さ」にしがみついて

認めてほしい、まだイケるよ?と

自己顕示したかったのかもよ?

 

…だとしたら、わからなくもない。

 

ワイドショーで

女性コメンテーターたちが

「でも綺麗にしてるし、62歳には見えない」

みたいなフォローをしていたら、

男性コメンテーターが

「見えるよ!!62歳だよ!こんなの」と辛口批判。

出資法違反なわけで、そこまで見た目批判するかね?

 

行き過ぎた若作りは確かに…確かに不気味だったけど

中年すぎて、若作りしていない女性なんているのかな。

白髪染めもシミ対策もしないで、

化粧も、服装も年齢に見合ったものを…

なんて女性、本当にいる?

年齢当てクイズで、一発で年齢を言い当てられて

「嬉しい!!正解!!」なんて言える人いる?(笑)

 

ちなみに、前出の男性コメンテーターは

未成年の女性と問題起こした過去もあるし

ちょっと前には20歳下の女性と再婚したわけで。

若い女に執着する性質だからね…

そっちも相当に気持ち悪いと思うわけだけど。

 

まーそんなわけで。

若作り自体は罪ではないこと。

行き過ぎではあるけれど、

そんなにバカにしなくてもいいじゃないか、と。

私もあと十歳年を取ったら、

それを素直に受容できるかなんてわからない。

若作りなんてせず

自分らしく年を受け入れて生きていければ

一番いいのは百も承知。でも………

 

…と、いろーんなことを考えると本当に

切なくなってくる。

 

ペットショップで売れ残って

価格が暴落していっているワンコを

見かけるのも切ない。

成長して大きくなっちゃって

ケージが狭くて苦しそうなのに

救ってあげられないのも切ない。

 

ジャニーズの若手で

デビューできないまま

20歳を超えて大きくなって…

でも、人気もさほどない……

みたいなのも切ない。

 

息子が最近出入りしていないようで

痴呆が始まったんじゃないかと

噂されているうちの大家さんも切ない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。