オーダーソファご紹介 事例46 | raffine-LIVING スタッフブログ

raffine-LIVING スタッフブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 

 

みなさま、新年、あけましておめでとうございます門松鏡餅絵馬お年玉

 

本年も、ラフィネリビングをご愛顧下さいますようお願い申し上げます。

 

新年を迎えて最初の更新は、あらためて特注仕様で出来ることについてご紹介をしたいと思います。

 

最近は通常とは異なった間取りのマンションなども多く、どのようにスペースを有効的に活用するかも大きなポイントとなってきます。

 

部屋の形状に合わせたり、無駄のないスペースの利用方法は、暮らす上で大事な役割となります。

 

 

① お部屋の形状が多角形・曲線が入る形状の場合

この場合、ソファも同じように部屋の形に合わせて製作することが一番効率的とみられますが、直線的なソファ形状とはことなるため、お部屋の形に合わせて型どりが必要となります。

ただ、しっかりと形を合わせてあげれば、ぴったりとお部屋に沿ったソファが出来上がります。

 

② 無駄なくスペースを活用する場合

これは、限られたスペースをどのように無駄なく活用するかどうか。これが大きなポイントとなります。まずは、次のお写真をご参考ください。

 

この場合、どこのスペースが有効活用につながっているかと申しますと、ソファの周りを囲んでいる窓にある、出窓カウンター部分となります。この出窓カウンター、奥行きもそこまでたっぷりと深いわけでもなく、はたまた高さもカウンターと呼べるほど高いわけでもなく・・・とスペースの使い方をかなり考えさせられる場所です。そのため、このお客様の場合・・・

 

カウンター側にソファを乗り上げる形とし、室内側の空間を少しでも大きく、且つカウンターのスペースも有効に使えるようにいたしました。このパターンは少し特殊なケースですが、オーダーできるからこその仕様となりました。

 

③ 決められたスペースにピッタリと納める場合

これは、お部屋のスペースがはっきりとした寸法上で制限があり、そこにピッタリと納めることが目的になります。お部屋の中でソファを置ける寸法がきっちりと決まっているため、既製品での対応がまず難しい状況となります。そのため、幅・奥行・高さをしっかりと合わせることで、あたかも最初からぴったりと納めてあったかのような一体感が出ます。

 

 

 

これらのように、お部屋ごとの状況に柔軟に対応できるのは、オーダーメイドの一番の強みでもあります。

 

みなさまも、お部屋のスペースをどのように利用していくかをお悩みの際は、是非お気軽にご相談くださいませ。

 

お問い合わせはこちらから

 

ご連絡、心よりお待ち申し上げます。

 

============================

 

ラフィネリビング青山店

    担当:野口

TEL 03-6418-7079

FAX 03-6418-7089

MAIL info@raffine-living.jp

 

 

 

 

 

 

ラフィネリビングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス