アスペルガーのブログ

☆某大型パチンコ・スロット店の元正社員です☆

☆パチンコ店の裏側&内部情報を公開していこうと思いました☆
☆しかし気まぐれ日記になりました☆


テーマ:
さて、今回2億円の請求にあたり、肝心要の部分。違法性の確認とその証拠を集めるべく人事部長宛で内容証明郵便を送付しました。

と言っても、会社側は対応する義務はなく、受取拒否や無視などがあり得る状態でした。
案の定、会社側の回答は「意図不明につき回答できません」という紙1枚とともに、送付物全てがそのまま返って来ました。

予想はしていたのですが、この対応をされるとこちらには何の証拠も残らない・・・

よって、第二弾として、同内容で一文付け加えて再送付してみました。
「これを持って訴訟の証拠とさせて頂きます。回答なき場合には全てに同意したとみなします」
そしてタイムカードの開示・就業規則の閲覧請求もしました。

こんな一文を付け加えたからといって、裁判上の(違法だという)証拠にはならないし、回答しない=全てに同したものとみなす・・・なんていうのは認められるはずもありません。

多少無茶をしてでも相手から何らかのリアクションを引き出さないことには先に進めないので、結構強引に行動してみました。
そして、ちょっとした罠が1点。会社には手紙に回答する義務はありませんが、「従業員に就業規則を閲覧可能な状態にしておく義務」があります。紙媒体でも電磁記録でもOKなのですが、とにかく従業員が就業規則を閲覧したい時に拒むことはできないのです。
この部分については何らかの回答をせざるを得ない。

これが功を奏したのかはわかりませんが、その翌日支店から電話がかかってきました。
店長「今、支店に副社長が来ています」

副社長 「手紙見たよ。一度、どこかで会って話そうか。」

私 「職場に行くことは医師から止められています。」

副社長 「それなら、場所は指定してくれて構わないから今日の午後に。」

私 「わかりました。」

恐らくですが、支店に副社長や社長が来るのは初めて。(オープン前とか工事前にはきたかもしれないけれど)
実際に現場で従業員がどのように働いているかは知らないはずです。

私たちはこれを見越してレンタル会議室の下見をしていました。大きさ・広さ・ビデオカメラの設置が可能かどうかも含めて。最終的には示談交渉でしたから(裁判じゃないです)、願っても居ないチャンスでした。

指定した場所はレンタル会議室。午後16時。13時にはレンタル会議室に入り、ビデオカメラの設置の準備、ICレコーダーの準備などを済ませ。副社長を待ちました。

この副社長というのは、経営部分の実質ナンバーワン。社長はどちらかというと、営業・外交的なことに時間を費やしているので、社内管理は副社長がすべての実権を握っているのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
休職を始めてから3ヶ月。

割りと本気で会社と対立することを決め、復職しないこと・転職活動や転職するまでの期間の生活費等を日々考えていました。

それなりの貯金があったとはいえ、いつ治療が終了するかの見通しが立たないのと、再発率の高さを知り、完全な回復には相当の期間と金銭が必要だということを改めて認識しました。
(この当時はアスペルガーという単語すら知らない状態でした)

色々と計算した結果、引越し代とかその辺を保証してもらえないと結構キツイという結論に至り、近場のアパートに夫婦二人が引っ越す程度の費用を得られれば最低条件クリア。それ以上が支払われれば御の字というところかなと私は考えていました。(落とし所としては妥当)

そんな矢先職場から電話がかかってきました。相当驚いたと思います。記憶が定かではありませんが、すぐに着替えて支店長の面談に向かったと思います。

感情的には、求職中の人間を突然その日に呼び出すとは配慮が足りないのでは・・・とも思ったのですが、社員寮に住んでいる以上、いきなり休職修了を告げられても困りますし、何より社員でいる間は就業規則や労働協約・協定などが閲覧できますから(閲覧させないと違法で無効)
社員で居られるメリットというのはこの時点でかなりあったわけです。

証拠の乏しい私にとって、証拠収集しつつ休職延長を伝えられる良い機会でした。
実際、体力的にはかなりきつかったのですが、1時間程度の面談をこなせたと思います。
服薬の影響で、なかなか頭の回らない部分が多く、うまい言い回しや相手の言葉の意味をつかむことができていなかった可能性はありますが、面談の結果休職延長が認められました。

一番驚いたのは、就業規則の休職期間の上限。
【休職は2ヶ月の上限とする】
既に過ぎてるじゃん・・・
だから面談をするってことだったのかな。既に特例を認めてもらっている上に、+2ヶ月の休職延長。
次はもうダメだろうなと思いました。

それまでに手をうち、転居先を決めておかないと。一度、2億の請求を出したからには、良好な関係にはなれないでしょうから。
交渉をする時間もありますから、休職期間が終わる40~50日くらい前には行動を起こさねばならず・・・意外と時間がないと気が付きました。

体調万全の今なら3~4日で完成する書類なのにな・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。