海栗Bar つきひ」は、海栗(うに)の専門店。
季節の生うにを産地ごとに食べ比べしたり、

うにを使ったアレンジ料理が楽しめる大人の隠れ家バーです。

雲丹とトリュフのオムレツ、とろっとろ~♪

 

 

お店は、広尾駅 4番出口から徒歩3分ぐらい。

外苑西通より1本西の通りにあるこの入り口は、通りすがりでは絶対探せない気がする~。

そば割烹「こうもと」の3階フロアを、新たに「海栗バー」としてオープンさせたのだそう。

というわけで、「こうもと」の入り口からも、3階につながっているそうです。

 

 

階段をあがって通されたカウンター席は、ものすごく大人な雰囲気でした。

テーブルセッティングも素敵だわ。

 

 

目の前に緑の見えるカウンター席は、照明も落としてあり、かなり落ち着きます。

久しぶりに会う女友達と、まずは泡で乾杯♪

 

 

こちらのお店は通常、コース料理の設定がありません。

座席のみ予約可能で、予約の時にお願いすれば独自のコースも考えていただけます。

 

 

この日は、アラカルト注文。

まずはアミューズの、金色の器が運ばれてきました!!

北海道産真イカのカルパッチョ、ウニドレッシング

 

こんなカルパッチョ、見た事ない~!

北海道産の真イカの甘さに、ウニの香りと数の子のプチプチ感がアクセント。

ミョウガなどの香味野菜との組み合わせも面白いですね。

 

イカの下には、キノコのマリネも隠れています。

このキノコが、ウニの旨味をしっかり吸っていていい感じ。

 

季節の生うにの食べ比べ 三種 3900円

 

全国各地から取り寄せる厳選生うにを

女性料理長が目の前で一種類ずつ説明しながら盛り付けてくださいます。

この演出も、うに好きとしてはテンションあがる~♪

 

 

一番左から、青森 下北半島 ムラサキウニ

東京で、このウニが入荷しているのは、ここだけという貴重品なんですって。

 

北海道茅部 はだて ムラサキウニ

都内の高級寿司屋の御用達ウニなのだそう。

 

兵庫県 淡路島 由良ウニ アカウニ

淡路島って、ウニも獲れるんですね~!知らなかった!

 

まずは、そのまま3種類のウニを味わってみると、、、

下北半島のムラサキウニは、ほのかに甘くて昆布の味を感じます!

北海道のムラサキウニは、定番の美味しいウニで落ち着く~

由良ウニは、とても滑らかな舌触りで、どこか南国のフルーツを感じる味でした。これはきっと、白ワインに合いますね。

 

少し塩をつけていただくと、ウニの甘さをさらに濃く感じます。

ウニだけを食べ比べるなんて、本当に贅沢な時間ですよね~

 

十勝牛のたたきと無花果 雲丹のエスプーマ 2400円

 

「イチジクと牛肉、ぜひ一緒に食べてみてくださいね!」と料理長。

ウニでつくった泡(エスプーマ)なんて、未体験ゾーンだわ~

 

 

肉の旨味を無花果の甘さが引き立てます!

ルッコラのピリッとしたアクセントと、ウニの泡のソースで贅沢な牛たたき。

ひと口ずつ、大切に味わいます。

 

雲丹とトリュフのオムレツ 3200円

 

これはもう、運ばれてくる前からトリュフの香りがただよっていました。

イカ墨のパンと一緒にいただきます。

 

卵のトロトロとウニのトロトロで、どっちがどっちかわからない~笑

ウニと卵が完璧なマリアージュで、史上最強のオムレツかも~ラブ

 

ちなみに、海栗(うに)というのは、活きたうにの事なんだそうですよ。

 

 

うっとり余韻にひたっていたら、ティラミスとお茶を出していただきました。

 

 

メニューを見ると、他にも気になるウニのアレンジメニューがいろいろ!

いつか再訪できたらいいな~♪

ウニ好きな方、ぜひ行ってみてね~

 

海栗Bar(ウニバー) つきひ 広尾店
海栗Bar(ウニバー) つきひ 広尾店
ジャンル:海栗(ウニ)専門店
アクセス:地下鉄日比谷線広尾駅 4番出口 徒歩3分
住所:〒106-0047 東京都港区南麻布5-1-10(地図
ネット予約:海栗Bar(ウニバー) つきひ 広尾店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 広尾×すし・魚料理
情報掲載日:2017年9月22日

 

この記事が、楽しかったり、美味しそうだと思ったら

ぜひぜひ応援クリック↓を 宜しくお願いいたしますラブラブ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

美味しいものがいっぱいのブログにリンク♪

レシピブログに参加中

 

 

 

 

AD

コメント(8)