電動ファンの異常作動発生 アウディクワトロ | レーシングサービス整備日誌

電動ファンの異常作動発生 アウディクワトロ

アウディ2002年式1800cc クアトロターボ 

アウディを代表する4輪駆動高性能モデルクワトロ。

レーシングサービス整備日記

今回持ち込まれたこのクルマ、オーナー様が困っているのは
電動ファンが異常動作です。
もともと電動ファンは、エンジンが高熱になった場合に作動して
冷却を始める予備的な冷却ファン。 このクルマの症状は、
エンジンが冷えていても『始動した瞬間から全開で回転する』と、いうこと。

この電動ファンは、エンジンコンピュータが制御しています。
その制御情報を調べると、水温センサーからの情報を元に、ファンコントローラー
に命令を出しているわけですね。 早速水温センサーの点検。
シリンダーヘッドの後ろに付いている水温センサーを確認。

レーシングサービス整備日記

配線にも異常はありません。
コンピュータの制御信号を調べると、値は基準値以内に収まっています。
電動ファンのコントローラーの入力側で制御信号を調べたのですが、
これも基準値以内に収まっています。

コレは簡単、ようするに水温センサーから得た情報を元に、コンピューターが
電動ファンコントローラーに適正な命令を出しているにもかかわらず、
電動ファンコントローラーが命令を無視し、全速信号を出しっぱなしにして
ファンを回転させていたわけですね。

レーシングサービス整備日記

破損したコントローラーを新品に交換して修理完了です。
おだいじに・・・