コントロールユニット交換  ランドローバー | レーシングサービス整備日誌
2009-07-15 11:21:50

コントロールユニット交換  ランドローバー

テーマ:整備日誌
【ランドローバー95年式 右ハンドルオートマチック車】

レーシングサービス整備日記

ウチの工場には、同業者からの依頼も良く来ます。
今回の患者は、95年式のランドローバー。
『ABSの警告灯が点灯しっぱなしになったので診て欲しい』とのことです。

この車両、当社に来る前にブレーキランプスイッチを交換したとのことです。
この車にはWABCO製のABSシステムを搭載しているのでOBDⅡ(96年式からは使用可能)
でなんとか診断は出来ればいいなぁ。早速診断テスターを繋いで診てみますが

レーシングサービス整備日記

何の異常も検出できません。イギリス車にはこの診断機、対応無理か?
それとも何のエラーコードも入っていないのか?
さて、とにかく調べるためには
①入力電源系、②アース系、③コントロールユニット本体の順で地道にチェック
するしかありません。コントロールユニットがどこにあるかを捜し出し単体診断に
入ります。 各センサーの抵抗及び入力チェック、スイッチ類からの入力チェック、
電源供給用リレーのチェック、アース線チェック特に問題になるようなところは
ありません。

こうなると、コントロールユニットが一番怪しいです。
当然、コントロールユニットを交換すれば万事OK。

レーシングサービス整備日記

今回は新品を使用せず、中古のコントロールユニットを手配して交換しました。
中古パーツも準備できますので、お問い合わせください。

レーシングサービスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス