心理カウンセラーやあやのブログ

心理カウンセラーやあやのブログ

やあやの「こころのカフェテラス」へようこそ!

つらいことはたくさんあるけれど
あなたの心からの温かいのことばを
たくさん伝え続けてほしい・・・
かならず
あなたもまわりもしあわせ気持ちになることができるから         

あなたの親が

たとえ

どんな親でも

あの親の元に生まれ

この家庭を持ち

この子どもたちに恵まれ

あなたは

今を生きている

 

自分が望んだ環境でなくても

この環境のもとで

この状況のもとで

これまで生きてきた人生は

二度と経験できない世界です

 

私たちは

同じ人生を

二度と

経験することはできません

 

同じ出会いも

二度と

経験することはできません

 

家族だけでなく

友人知人もです

同じ顔ぶれと

二度と

巡り合うことはできないでしょう

 

それなのに

私たちは

なぜ自分の人生を

大事に生きようとしないのでしょう

 

 

そんな思いの中で

「令和」の時代がはじまりました

 

「れ・い・わ」という響きに

安らぎを感じています

 

 

自分のことのように人の心を思いやる精神

 

一人一人が

希望と勇気をもって

人の心を思いやり

自分を大事に

次の世代に

大切なものを引き継いでいく

 

自分の人生を見つめなおし

そんな時代を生き抜くことに

希望と勇気を持ちたいと

そう思える時代が

スタートしたような

そんな気がしました

 

これからの時代の中で

もし

希望と勇気を持てずに

苦しんでいる魂と

出会ったなら

 

どうぞ

その一つの魂のために

あなたの存在を

役立ててあげてください

 

たった一つの魂のために

あなたの存在が

役に立つことができるなら

それだけで

あなたの人生は

意味があったんだと思います

 

 

 

愛のある言葉は

人の心を

やさしくします

 

令和の時代も

温かい

愛のある言葉を

人にも

自分にも

たくさん

伝えていきたいなあと

思っています

 

いい時代になりますように

 

 

 

 

 

平成最後になる

今上天皇陛下の

国民への

お言葉

 

ニュースでしか

聞くことができませんでしたが

 

「忠如の精神」のことを

述べられていました。

 

今上天皇陛下のお言葉は

いつも

深い愛情と

深い思いやりにあふれ

私の心に

大きな影響を

与えています

 

 

このたび

心に残ったお言葉

それは

「忠恕の精神」でした

 

 

「自己の良心に忠実で

人の心を

自分のことのように

思いやる精神」

 

 

 

論語に語られている言葉

 

人の心の在り方は

世界の偉大な書物には

共通のことが

たくさんあります

 

私ども

ファミリーカウンセリングサービスの

カウンセリングは

人の心の在り方を

聖書の中に

見出していますが

 

それにとらわれることなく

心に響く言葉は

大事にしたいと思っています

 

 

 

縁があって

いろいろな

学びをしていますが

 

私は

いい人間関係をつくるための

ポイントとして

 

「相手に関心を払い

思いやりの心を持つこと」

 

という言葉と心の在り方を

大事にしています

 

あまりにも

当たり前すぎて

どちらかというと

スルーされてしまう一言

なのですが

 

天皇陛下の

「忠恕の精神」のお言葉を

耳にしたときに

 

大きな

勇気を

いただきました

 

一つの

何気ない言葉に

秘められた

深い意味を

そして

深い思いを

 

これからも

大事にしていきたいと

思いました

 

今日も

温かい愛ある言葉を

ありがとうございます

お久しぶりです

やあやです

お変わりなくお過ごしでしたか

 

ブログやフェイスブックに費やす時間を

の~んびりタイムに使っていました

そして気がつくと

4か月が過ぎていました

 

最近のニュースを見ていてもそうですが

今年ほど

言葉の使い方がどんなに大事なことか

感じた年はありません

 

幸せな時には

あんなに人を和ませてくれるのに

ストレスがいっぱいになると

人を傷つけ

自分を傷つけ

苦しみの中に

私たちを引きずり込んでいく

言葉・・・

 

むずかしいことは考えないで

できるだけイライラしたり

怒ったりすることなく

気分良く

過ごしてみましょ

 

自分の態度や

怒りや恐れの感情を

変えることはむずかしいけれど

言葉を変えることは

比較的楽にできます

 

たくさん喜んで

たくさん感謝してみましょ

 

感謝することに気づいたら

いつでも

どこでも

その気持ちを

言葉に出してみましょ

 

自分も

相手も

きっと

優しい気持ちになれるはず

 

ささやかだけど

優しい気持ちになれる時間を

たくさんつくって

幸せを

たくさん感じましょ

 

温かい愛の言葉を

あなたにも

伝えたい・・・

ナースは 

仕事場で

やさしい言葉を使っているので

優しく感じます

 

お坊さんは

ふくよかで

にこやかに感じるのは

そういう言葉を

使っているから

 

牧師さんは

おだやかで

優しさに包まれた言葉を使っているので

癒されます

 

そして

母の

無条件の

愛を感じる言葉で

子どもは

おおらかに育ちます

 

 

優しい言葉は

いやされていくし

 

いい言葉は

元気になっていくし

 

イヤな言葉は

イヤな気分になっていくものです

 

すご~くシンプルです

 

 

その人が

どういう人かというと

その人が

どういう言葉を使っているかということ

 

使っている言葉が

その人の

人格になっていく

 

感謝をしながら

心を優しくして

いい言葉を使っていると

あなたの人生が

変わっていきます

 

いい言葉を

たくさん

心に入れて

いい人生にしていってくださいね

 

今日も

愛のある

温かい言葉を

ありがとうございます

 

 

ご無沙汰しております

すっかり夏になってしまいました

銀座校でのオープン講座、特別講座の

25講座がすべて出来上がりました

その間

ブログに手を出すこともできない

不器用なわたしでした()

 

やはり私のテーマは「ことば」

かもしれませんね

今日もお伝えいたします

ご覧いただければうれしいです

 

 

あなたの人生

お先真っ暗だねと

言われ続けたら・・・

 

きっと

そう思い込んでしまう

自分がいるはずです

ということは

その言葉をそう思ってしまう

その言葉が自分のものになっている

 

または

小さいころ

親から気持ちを話されてこないと

話せない自分に気づくはずです

 

 

人が変わるには

いろいろな方法がありますが

人は

しゃべっていると変わってきます

相手がしゃべっていることで

気づいてくるのです

 

しゃべっていると

なんとなく

その気になってきたり・・・

そう思い込んでしまったり・・・

 

あなたが言ってきた

過去の言葉の結果が

今をつくっています

 

ですから

いい言葉を

たくさん心に入れていくと

いい人生になっていきます

 

自分はだめだ~だめだ~と

言い続けていると

それがあなたの人生をつくってしまいます

 

むかしの父親はよく言いました

お前は

能力がないんだから

頑張らないと

成功しないよ

 

こう言い続けられた人は

自分は

能力はないと思ってしまいます

 

これが

過去の言葉の結果ということです

 

言われてきた言葉が

いい言葉だと

元気になっていくし

 

嫌な言葉だと

嫌な気持ちになっていきます

 

その人が

どういう人か?

というとき

その人が

どういう言葉を使っているか

ということですね

 

どういう言葉を

自分は使っているんだろう・・・

いい言葉があったら

ノートに書いてみてください

 

使っている言葉は

その人の人格になってきます

 

いたわり

希望

勇気

愛に関する言葉を

たくさん使ってみてください

 

 

あの人が

言ってくれたいい言葉を

あなたは

思い出せますか?

 

 

愛する人に

温かい

いい言葉をあげましょう

 

心からの

いい言葉は

いい関係をつくります

 

研修会やセミナーで学んだと思います

思考が変われば人は変わる

行動を変えよう

感情をコントロールしようと・・・

 

セミナーの会場で

確かにそうだよね・・・そう思う

なるほどね・・・そう思う

頭でわかったのに

家に帰ると

以前と変わらない生活

 

なぜ?

 

せっかく学んだのに

実行できないの?

 

なぜってね

その知識は

顕在意識のものだから

 

私たちは

こうすればいいとか

こうしなさいとか

ほかの人に言われて

自分を変えることは

好きではありません

 

 

知識や勉強は顕在意識のおなはし

そして

学ぶと

その時はその気になります

 

その気になって

わかったつもり・・・

その気になって

それでいいと思う・・・

 

そして

あとは頑張る・・・

やる気が出るように頑張ってみる・・・

 

でも

心が傷ついている人は

頑張りたくても頑張れない

 

カウンセリングには

頑張れない人がみえます

 

そんな方にお伝えします

 

言葉は脳に入ると

その言葉によって感情が変わります

 

いい言葉を脳に入れることで

脳を幸せな状態にさせます

 

 

いい言葉を

ずっとずっと言い続ける

すると

言葉に心と身体が付いてきて

今までの関心のフィルターも

変わってきます

 

いつもいつも

いい言葉を入れ続ければ

心がしあわせになっていきます

 

やがて

あなたの感情が変わり

思考も変わり

気づいたら行動も変わっている

 

人に言われたからでなく

あなた自身の気持ちで

言い続けた言葉が

潜在意識に入って

あなたの人柄になるからです

 

その言葉には

意味と感情があり

イメージを生む力があります

 

いい言葉を

たくさん脳に入れて

温かい心をつくって

気分のいい人生にしていきましょ

 

あなただけにしかできない

あなたを変えるやり方です

新しい時代は

私たちに

「もっともっと」を求め続けています

 

完全自動運転の自動車

人工知能の活用

脳科学

生理学etc

あらゆるものが急加速しながら

大きな変化をしています

 

そういう意味で

新しい時代到来という感じですね

 

そして

超高齢社会を生きること

核家族

少子化の中での生活

これらが私たちにもたらす影響の大きさ

 

そんな中で

いつも取り残されているのが

「こ・こ・ろ」の問題のような気がしてなりません

 

自分はどんな人間で

今どんな状態で

どう生きていきたいのか

 

自分はどんな考えや

物のとらえ方をして

 

これまで生きてきた自分は

どういう人間で

 

これからの人生を

どう生きたいと思っているのか

 

これらに気づいた時に

見えない自分が

自分の思いが

自分の生き方が見えてきます

 

 

今中学生に絶大な人気のある本

「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)

 

80年前に書かれた本

父親が息子に伝えたいもの

父親が息子に伝えたい気持ち

父親が息子に伝えたい言葉

 

求めているものは

80年前と

何一つ変わっていないのに

帰ってくる言葉は

「親父から人生の話を聞いたこともないよ」

「親父から人生を感じたことないよ」

「親父は人生を話をしたくても話せないんだよ」

「親父人生の何を話していいのかわかんないんだよ」

そう答える子どものほうが

多い気がしてなりません

 

ほんとうは父親も

子どもたちに

 

伝えたい思いや気持ち

自分の人生を通して

伝えたいものが

たくさん

たくさん

あるはずなのに

 

 

言葉にできない思いを胸に秘めて

一生を終わる父親も

多いかもしれません

 

 

「こころ」は見えないだけに

わかりにくいかもしれませんが

ほんとうは

とってもシンプルなものです

 

素直な気持ちで

温かな気持ちで

色メガネでなく向き合うと

見えない子どもの気持ちが

見えてきます

 

これは父息子だけでなく

母娘 夫婦 仲間 先生生徒 上司部下

みんな同じです

 

こころの在り方を見つめるために

今の世の中を見つめ直すと

いろいろなことが見えてきます

 

これからくる新時代にむけて

今一度

「生きる」ということに

真剣に

向き合うときがあっても

いいのかなあと思うのです

 

今日も

温かい愛の言葉を

愛する人に

本気で

たくさん伝えてあげてください

あなたの見えない

こころが

そして

思いが

しっかり伝わっていきますように

 

 

 

2018

スタートの空は

雲一つなくて

どこまでも青くて

こころの中まで

勇気と希望の光が入り込んできます

 

今年も

皆さまにとって

「昨日より今日が少ししあわせ」と

そんな風に思える日が

たくさん

たくさん

ありますように

 

今日という日を

「しあわせだよね」と

こころから感じられる日々でありますように

 

そして

愛を感じる言葉を

大事な人に

たくさん伝えられますように

 

愛を感じる言葉を

大事な人から

たくさんもらえますように

 

2018

勇気と希望に満ちた年に

なりますよう

お祈り申し上げます

こころのカフェテラス・スペシャルで

「介護という名の心の痛みとその愛」から

「忘れかけていた本当の愛に気づく」の講座をしました

 

 

 

介護を受けていらっしゃる高齢のかたは

豊かであっても

いくら物があっても

自由があっても

それを楽しんだり喜んだりすることが

だんだん

少なくなっていきます

 

そして

最期が近づくにつれて

自分の内側に目が向き

ほんとうの

自分の心・精神・魂に

行きつくようになります

 

介護される人は

介護されることで

自分の力だけでは生きられなくなった

人として最も尊い究極の状態が

備わってきます

 

 

人は一人ではいきていけない・・・

一生誰かの愛によって

支え合わないと生きられない・・・

人って

そんな存在だということに

介護する方も

介護される方も気づくのです

 

 

健康な時には

まったく気が付かなかった

「人間の本質」・・・

それに気づかされるのが

「介護」です

 

 

 

「そんなきれいごと言ったって」

そんな声が聞こえてきそうですね・・・

 

病気や事故にあって

自分ではどうすることもできない時間の中で

ギリギリになると

相手に

生きていてほしいと

人は心の底から思います

 

でも

そこに行きつくまでの

介護をしている間は

自己中心の時代の中で

大なり小なり

負担が押し寄せてきます

 

そして負担でいっぱいになると

私たちの心の中には

ス・ト・レ・ス・・・

 

介護は

やってもストレス

やらなくても罪悪感でストレス

 

 

 

それでも

介護は

ほんとうは

手間ひまを超えたものなのです

 

人生で一番大事なもの

 

どんなに努力しても

決して

自分一人の力では築けないものを

私たちに教えてくれていることに

気づけたときに

 

私たちは

介護を通して

人の本当の愛を

知ることができます

 

だから

介護は究極の愛と言いたくなるのです

 

 

 

今日も

温かい愛の言葉を

たくさん伝えてくださいね

 

感謝の気持ちを込めて・・・

今日の日をありがとうございます

 

先日

「感謝と憎しみ」

に関する講座を行いました

 

あなたはどんな時に

感謝の気持ちがわきますか

 

 

感謝の反対は

憎しみと言われています

 

その一方で

感謝の反対は

あたりまえとも言われます

 

講義ではその

あたりまえ

というところに焦点を当てました

 

 

豊かな時代になって

世の中にはな~んでもあって

お金を出せば

すぐ叶うこともいっぱ~い

手に入ることがあたりまえ・・・

みたいなところがあります

 

あたりまえだと

感謝の気持ちは湧きにくいですね

だって

あたりまえだから・・・

あたりまえのことには

感謝はしない

 

だから

豊かな中で育った

こどもたちは

そうでないところで育った

こどもたちより

感謝の心が

少し足りないように

感じます

 

そんな世の中

私たちが

あたりまえと思っていることって

ほんとうに

あたりまえ?

 

人は

自分が

誰かに何かを

与えてもらっていることに

気づいたとき

あるいは

誰かに何かを

してもらっていることに気づいたとき

感謝の気持ちが

生まれてきます

 

でも

日常生活の中では

あたりまえと思うことが多すぎて

感謝にならない()

 

 

自分が生まれて

この世にいて

生きていることだって

あたり前ではないのに

気づかない・・・

 

この世にまだ

自分が生まれていなくて

何も知らないときに

生きていくために必要なもの

すべてが

与えられて生まれてくるなんて・・・

 

 

そのことに気づかされたとき

胸がはち切れそうになる感動と

そして

感謝の気持ちが生まれる

 

父と母がいることで

自分が生まれたことは

あたりまえのことのようだけれど

生命が芽生えるということは

ほんとうに

ほんとうに

すばらしいこと

 

 

親との関係が良くなくて

親の愛情や生活のしかたが

納得いかなくて

嫌だったりした時に

親の愛が

かたよっていたとか

足りなかったと言ってもいいですが

親の愛がなかった

と言うことはできません

 

なぜなら

あなたが生きているということは

親の愛が

あったということだから

 

「愛しているよ」

といえばいいのに

「何言ってるんだ」と

間違った言葉の使い方を

選択してきた親もいるでしょう

 

親も

あなたが怒りを感じたり

苦しんでいるのであれば

倍以上の悲しみ

苦しみを抱き

育て方を悔んだり

しているかもしれません

 

それは

人間関係が

愛をベースにしているからです

 

そのことに

心から気付いたとき

あなたの中に

感謝の気持ちが

生まれると思います

 

愛は

関係をつなぐための

力になるものです

 

そのことにも

感謝したいですね

 

あたりまえなことは

決してあたりまえではない

だからこそ

感謝ですね

 

感謝の反対は

あたりまえすぎる

あたりまえ!

 

大事な愛する人に

温かい言葉で

愛を伝えられることも

感謝

愛を伝えてもらったことも

感謝ですね

 

そこには

愛を感じるしあわせが

満ちていますよ