弱者の反撃☆個人のニーズに応えてくれたのはデザインだけ?!恐るべし靴型装具 | ☆ 楽歩’s ワールド ☆
2018-09-22 10:45:14

弱者の反撃☆個人のニーズに応えてくれたのはデザインだけ?!恐るべし靴型装具

テーマ:脳性まひ楽歩の知恵!
約4ヶ月前に人生初めて作った靴型装具。
40年も脳性まひをやってて、装具というものを作ったことがなく、オーダーメイドで、個人のニーズに応えてくれる装具屋さんがあると知り、早速作ってもらう。


オーダーメイドという特性上、試し履きができず、出来上がってきたものを履いて、顔面蒼白にガーン

「何これ、ギブスやん…どうやって歩くん?」あせる


普段、外でも杖なしで歩く私が、この靴を履くと、PTで夫の支えを借りても歩くのがやっと…という状態に。

無理をいって、カウンターと呼ばれる支柱を取り除いてもらうことに。


でも…、

ギブスから、少しだけ足首が曲げられるスキーブーツになって戻ってきたものの…相変わらずの歩行困難えーん


「君には装具は合わないみたいやから、もう少し柔らかくしてもらうか、ハイカットを短くしてもらえば?」と夫は言うけれど、

「あなたにはハイカットが必要で、そもそも装具というものは硬いものなので、これ以上柔らかくするのは足にダメージを与えますし、この硬さで慣れていって下さい」と聞く耳なし!!わ

なんなら2足目からは徐々に硬くしていきたいし、これは1足目だからスペシャルサービスピン

とおっしゃる職人さんに、これ以上とても柔らかくして欲しいと要望できるわけもなく…akn


わざと雨の日に履いて、革を馴染ませてみたり…


「オーダーメイドなのに、個人のニーズに応えてくれないなんて、おかしいじゃない?」と、

みんなに言われるけれど、
日本の福祉業界は、まだまだそんなもん汗sei

弱者はおとなしくしとけば、大事にしてもらえるけれど、自己主張しだすと無視される。しやーない。自分でなんとかするしかないtomominnie

デザインは、とことん個人のニーズに応えてもらえたので(笑)、なんとか革さえ、柔らかくなれば、この靴を履けて、歩く練習ができるんだと、あの手この手と試行錯誤すること3ヶ月!!




やっと、好みの柔らかさになってきて、

お出掛けにも、履いていけるようになったのでありますっ笑い泣き虹

ふぅ、長かったーーーあせる

けど何事もあきらめたら、あきまへんなビックリマーク




私が、この靴を履いて帰ってくると必ず

「その靴、どうやった?」と、

おかえり!よりも先に、聞いてくるので、

私は意気揚々と、

「みんなめっちゃかわいい!言うてくれはんねん。このデザインサイコーやわー」

と答えると、

「ちゃうやん、歩きやすさと、身体の痛み具合を聞いてんねん!」

と、そっちが心配な様子。

革が硬かったときには、5分履いたら、一週間以上は、腰や首、膝、足首など、あらゆる関節が悲鳴をあげていたからなぁ…滝汗




やっと、なんとか慣らし履きできるようになったとこなんやし、そんなん、まだまだ普通の靴の歩きやすさには、到底叶うわけはないんやけど、やっと、この靴を履ける喜びをいまは最大限に味わいながら、馴染んでいこうと思ってますakn

楽歩(らぶ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス