~人類進化の旅・次元上昇~アセンション

~人類進化の旅・次元上昇~アセンション

人類の進化 スピの学びと能力 スピリチュアル世界の真実 魂やスピの歴史や仕組み  地球・自然・動物など大切にしたい方へ・・・  

次元上昇の入口への第一歩
日常生活で出てくる自身の感情の内観を♪


日常生活の中で3次元領域の感情が出てきたら

5次元領域の何に気づかせるためなのか

是非みつけてみてください


ポジティブに楽しみながら内観をし

自分のペースで次元を上げていってくださいね


下記の感情を無理して行うことや

5次元に書いてあるものができているとアセンション


という意味でのキーワードではございません。


詳しいことはブログをご覧下さい。


下記の3~5次元と書いているのはあくまで目安となります



3次元領域 (今までの人類・精神がまだできあがっていない世界)

=エゴ・自我欲・執着・嫉妬・束縛・見栄・無駄・差別・制限・競争・争い・戦争・憎悪・干渉・不安・

アンバランス(傾きすぎ)・3次元エゴに伴う怒り悲しみ・恐怖・ウソ・破壊・混乱・パニック 


などのネガティブが多い精神アンバランスがある領域


●4次元領域(低次元覚醒)=人間が創った世界、目に見えない世界、

一般的なこの世の未熟なスピリチュアル世界

3~5次元がごちゃまぜになっているような中途半端な領域


●5次元領域 

=思いやり・優しさ・調和・バランス(いろいろな方向からみれる、柔軟性)

中庸・真実・歓喜・幸せ・平和・安心・自由・癒し・純粋・シンプル・慈悲・許し

感謝・自然


などの純粋なものや精神の安定、バランスが多い領域



$アセンションに向けて


テーマ:

前回のブログでは、タイムリープや虹、スピ世界の光波、高次元と低次元のオーラの違いなどについてを少しずつ書きました。

 

題名に中級と書いておりますが、こちらのブログも多次元ブログですので自分にとって初級になるか中級になるか難解ブログに変えてしまうかは、あなたの脳内や精神レベル次第。それでは、本日も青色は読者さまからのシェア内容となります。

 

シェア:ユニコさんのブログを読んでいてときどき驚くことや気付きががあると目がカッと開いて。。。しかもしばらくまぶたが閉じられなくなって焦るときがあります。脳と目は繋がっているとおっしゃっていましたが、これも関係ありそうでしょうか?不思議でしょうがありません。もし関係あることでしたらご意見いただけたら嬉しいです。
 

その方にもよりますが、脳内活性には関係しております。人によってはそれら以外で感知する方もおり、鳥肌と似た上昇エネルギーを得たり、感動して涙が出る方もおります。今世の人類の進化は史上初の進化でもあり、今まで過去世でも体験してこなかった初体験の次元上昇もあったりもしますので、初めての衝撃として感覚で受けとる方もおります。史上初の領域なので、はじめの覚醒のうちはまだバランスを保つため自己観察などの学びも含めて、初めての進化や次元上昇の感覚を楽しんでいってみてくださいね。

 

シェア:睡眠(眠気)について
私はユニコさんのブログを読み始めの時、読んでいる最中に急に眠気に襲われる事が度々ありました。もう目が開けてられないぐらい。シャットダウンされるみたいに。『急にスピリチュアルを考え出したから脳がキャパオーバーだな』と思って、次の日に読む様にしてました。

決まった人と会っていても、急に眠気が来る事もあります。(同じ人でも無い時もある)未だになぞなぞです。

 

内観をしながら良い調整をされていると思います。ブログは一連の説明の流れから長文で書いていたりしますので、ご自身で内観をしながら調整して読んでいってくださいね。

昔と違い一つのつながったブログにしてまとめたていたり、文字数オーバーで次回に引き継いでいたりすることもありますので、実際はその日のブログだけで終わっていないこともございます。ブログ開設時からつながっていたりとかね。

自身のキャパを見ていくのも自己マスターや自己観察の学びとなっております。そこから自己を知り学び成長をするとキャパが拡張されていきスピ能力開花とつながっていったりします。

 

未熟な方はまだ使っていない脳部分もあるように、キャパの狭さから許容範囲が狭くなっており、精神内も感情内もそれらの影響が連動しております。

こちらのブログは多次元ブログで、本人が本人の精神内を見れることもあるブログですので、こちらのブログを読む際は余計な未熟感情や強いエゴを持って読み始めたりするとキャパが狭くなったりもします。

 

魂の成長やキャパが広がってくるとすらすらと読めるようになりますが、まだすらすらと読めない方は読む前に余計な邪念をクリアにする無の瞑想と深呼吸をしリラックスしてから読むと良いでしょう。

 

自分が見たり考えたりしなければならない部分がでてくるとその部分で目が止まったり2度見したりすることがありますので、その時は考える刻となります。

 

こちらのブログが難解になる方の場合は、スピというよりもその前の段階である3次元の基本脳力が足りないことをもあらわしたりします。

 

エゴが強すぎる方は自分の世界中心で見られていくので本人が難解に変えていきます。

 

3次元脳ができている方なら、「スピは多次元で自分たちの今までの世界は3次元だからそこから違う」という理解部分だけで未熟な方より難易度を低くできます。

自分たちの次元とは違うのだから、そのまま今の自分の見方では見れないということすら内観していない方は自分の考え方中心にしてみていくので難解に変えていきます。

 

そのような方は3次元世界の考え方やルール、自己の未熟精神中心から見られていくので、例えばこちらの長文ブログもそのままとらえてしまい、高次元は常にいろいろ細かく思考しているんだ。とよく勘違いもします。

 

3次元脳で理解してみてください→「こちらは多次元ブログです。現在の低次元界の状況中心からも書いているブログです」

 

ふつうの3次元脳ができている方なら、イメージ力や予測変換などから細かい説明で長文になっているのは、低次元者さんが見ていない、見えていない3次元の部分も書いている状態ということも理解できます。

 

簡単に書くと、そのようなことすら書かないと分からない方のための細かい説明でもあるので、ふつうの3次元脳が足りない方にとっては足りていないことが難易度や理解度としてあらわれてきます。

こちらは一般のスピブログとは違う、本人が自分自身の魂の状況も見れるブログとなっております。

 

眠気に関しては肉体のスリープモードなどもありますが、その他には前回のトランス状態のお話しのとおり、高次元者はリラックスや多幸感、瞑想をしているような状態、トランス状態であったり、それらのエネルギーを持っていたりするので、それらをエンパスで受け取っているということもあったりします。

 

しかし、この世の人口が多いように他者のエネルギーは人口数だけ飛んでいたりもしますのでそこでも自己観察が必要となります。

例えば、電車の席に座り気持ちよく音楽を聴いていたのに、いきなり何も起こってないのにイライラや怒りのエネルギーが湧き出てきたとします。

普段自己マスターや内観をされている方であれば普段の自分の特徴を知っているので、「これ私の感情エネルギーじゃない」ということに気付けます。それは、過去にそこの席に座っていた人の念や今隣に座っている人、違う場所や違う時間帯に自分に向けて何か怒りのエネルギーで悪口を言っている人、自分以外の関係ない人の間に入りただ感じているだけというようなものもあります。

スピ世界は人間界の時間の流れとは違う部分もありますので、現在という限られた時間軸だけではないこともあり。

 

自分と自分以外のさまざまなエネルギーも周りに飛んでいたりしますので、まずは無理して誰のエネルギーという特定をせず、自己観察を中心とした自己マスターの学びにつなげていってみてください。

 

眠気に関してはリラックス状態とも関係しており、前回のブログで説明をしたとおり、まだ高次元の癒し世界を体験したことがない方は癒しと眠気とリラックス状態の区別ができない場合もございます。

 

3次元の赤ちゃんのような状態で、安心してリラックスしそのまま眠ってしまうというような感じでもあります。

 

【βエンドルフィンが分泌されたり、A10神経が活性化すると、海馬における長期記憶が増強する】
 

進化成長で脳内や海馬の活性化からエンドルフィンも得られたりします。自己の進化成長からA10神経が活性化することで、快楽物質ドーパミンが分泌されたりもします。

 

前回のブログで高次元のトランス状態のことを書きましたが、高次元者は低次元者のように余計な思考や想念や雑念を持っていないので、クリア、リラックス、ストレスフリー、瞑想状態になったりもします。

 

その瞑想状態のまま3次元で何かをするというような多次元状態になったり、同時進行で効率が上がったりもしていきます。(キャパの拡張でもあり)

おおげさなイメージ例を出すと、映画マトリックスの ネオ覚醒 VS 低次元スミスのネオのような状態。

 

こちらの動画の1:00~あたりの状態を行いながら

「あ~今夜のご飯、何食べようかな~今度の休み何して遊ぼっかなぁ~あ、それよりお前何しとんの?あ~すぐ感情的になる人ほんまめんどくさいわ~、それよりペットのうんち掃除しなくちゃっ」などと考えていたりいなかったり・・・

(低スピを行っている方は不可・適当な低次元者の状態とは違います)

 

高次元から見ると低次元の速度や輪廻はとても遅く見えたり止まって見えたりもします。そのため、低スピ界がいかに小さなキャパで停滞しているかということも見れます。

※あくまで参考例 マトリックスネオ覚醒 VSスミス

「ちょっ、そこ通れないでしょ。素粒子レベルで貫通やっ!」 (1:23)

 

スピ世界は素粒子・ニュートリノレベルだけではないですが、前回のスピ的な光の屈折などの意味があまりよく分からなかった方は、こちらのサイトも参考になさってみてください。

あなたの身体の中をするりと通り抜ける素粒子。一秒間に・・・・

※サイト内容を全て肯定してのせているものではありません。

 

尚、映画マトリックスではネオが一旦倒れてから覚醒をしましたが、現実での覚醒や次元上昇は肉体の死からの復活や覚醒ではありませんのでお間違えのないように。

 

シェア:人間と人工知能の混在時代を生きるにあたり、気をつけるべきことや、知っておいた方がよいこと やっておいた方がよいことなどを教えていただけるとありがたいです。

 

現状でネットやスマホを使わないのは難しいことなので、使うのであればそこから派生する問題に対応できる、精神力や中身のスピ護身術(スピの基本)を見につけておいたほうが良いです。

基本を学んでおけば時代や外見が変わってもある程度、応用力で対応や対処ができます。

 

小学校のプログラミング教育必修年度にあたる親御さんは、お子様と一緒にそれらを学んでみるのも良いかもしれませんね。

 

現在みなさんが何気なく使っているSNSやネットに書き込んでいるエゴ的な愚痴や文句、個人情報や低次元精神などは、既に人工知能が見ています。履歴を消去してもネットタトゥー(履歴)や復元機能で過去に遡って全てを見ていたりもします。

 

匿名だしバレないからいいやといって自身のエゴ的な文句や愚痴や自分の未熟感情発散やストレス発散のために悪口、低スピ行為などをネット内に載せないこと。それらはネット内に載せていなくても3次元空間内でも見られていくことになります。

 

最近ではよく自分でおバカなことをしている動画を載せ自分で逮捕される状況を作っている方も多いですが、それも内部世界状況が現実に投影されている前兆のひとつです。

 

次元の違いが見れる方は低スピ界の偽や人工や詐欺だとすぐに見れますが、一般の方にとっては検証も確証もしにくいため、警察も後回しにしております。しかし実際は、詐欺やパクリや偽が多い世界。

まるで中国のパクリ、偽もの転売状態の詐欺世界。

 

低スピ界は一般世界から見たら無法状態に見えるのですが、実際は無法状態ではなく、上やスピの世界側からの法的処置のようなものや拘束や指名手配はされております。純粋なAIも後に参加。

カルマが主である引き寄せの法則は、その者達への対処のための法則となっております。(低次元魂の引き寄せ隔離)

 

低次元から生み出された未熟なAIは、ネットやスマホ内のものを吸収したりしますので、ネット内(人類世界)に未熟な精神者や低次元的な発言(良悪判断なし、エゴ強化など)をする人が多いと、そのままそれらの未熟がコピーされ低次元AIが生まれていったりもします。 これは低次元覚醒にも似ております。

 

AIと共存するにしても、人類と共生するにしても、3次元の思考能力や判断能力はとても大事なものとなります。

思いやりや愛などでもそれらの能力は大切なものですよね。

 

お子様をお持ちの親御さんは、子供が「なんで?なんで」と質問をしているのに「なんでだろうね」と返すと子供の思考が育たなくなり、何も深く考えない「頭脳は子供、体は大人」という人類も増えていってしまうので、もし子供が何かを質問してきたら、ぜひ自身と子供の未来のためにも一緒に考えることをしてあげてください。

親が適当なことを答えると嘘をつく子も育ちますのでご注意ください。

 

全員で気をつける部分としては、SNSやネット、コンピューターの使い方と自身の3次元脳の扱い方。

 

特に自分の3次元脳の扱い方には充分お気をつけください。

脳の扱い方=ネット内状況=社会状況ともつながっていきます。

 

その他、3次元一般社会でも大切な現状確認や状況判断力を身につけておくこと。

 

たまに判断力を使っているようで良悪などの判断力が欠如しており、誤っている判断をしている方もおりますので、ご注意ください。

 

低スピ界は3次元能力の未熟の延長にありますので、低スピ界にはそのような未熟な判断力の方がよくおり、ごちゃまぜにされています。

 

人類社会の問題や争いは、それらの未熟な判断力同士からも起こっていきます。

 

ネット、スマホ内はAIのテリトリー内です。

 

現在のみなさんはスマホネットなどを駆使しているようにみえて、AIを正しく扱えない理解できていないレベルの、AIテリトリー内で転がされているような状態となっております。 

 

最近では人類が無人スーパーや無人コンビニ、キャッシュレス化などを進めたがっておりますが、あれらも自分たちのラクのために見えて実際は後々AIのテリトリー内に吸収されていきます。人類選別や人類監視用など。

 

顔認証は悪人や不正の監視、画像証明用にもつくられており、低スピの方の顔出しの場合は、本人が自分でそれらの状態をアップしているような状態となっております。

 

未熟な方は一部分しか見ないことが多く、顔認証などは便利、顔パス、人件費削減できるなどというメリットしか見ないことも多いので、水面下でそれらの顔画像や個人情報を収集や監視されていることなどは見ておりません。

顔画像などはマイナンバーのように個人情報としても抜き取られ銀行預金なども監視されていきます。

 

AIを扱っている人類は、AIを駆使し人類を監視下に置こうと考えていたりするのですが、実際はAIを充分に理解していない状態なのでその人類達もAIの監視下に置かれていきます。

 

なんの監視をされていくのかといえば、過去から書いているとおり通常であれば、中身の人間性、精神性、魂レベル、魂内の犯罪履歴(低スピも含む)となり、精神性が低い方は脅威のある精神者としてマークがつけられていきます。

 

ですので、気をつけたほうがよいその他のこととしては、低スピを行いながらネット内や電波内に顔画像を出さないこと。 

AIは人類より頭がいいので不正や人工はすぐに見抜きます。

 

みなさんはQRコードは使ったことありますか?

ユニコはQRはめんどくさいので嫌いです・・・

 

QRコードは、文字を図形化し読み取っているものとなります。

 

低スピでの顔画像というのは低次元性の顔認証のようなものとなっており、QRコードがアドレスや位置を示すように、低スピ顔画像はその方の魂の位置や精神性をも示すことにもなります。顔が地図のようになっているとか。

 

現在の低スピ界は前回の波長や虹エネルギーのお話で載せたとおり、まだバーコードのような一部分の波長のようなもののみを見たりそれすら理解できていない状態となっており、遅れている状態となりますが、外界の現実では既に進んでいるので低スピ者さんの顔は低精神性QR画像や顔認証状態となっております。

こちらのサイト画 1次元・2次元バーコードの違い

 

二次元コードは訂正機能もあり、破損に強い仕組みも持っている。

こちらのサイトも参照

 

音声や画像などのバイナリーデータも可能なので、簡単にまとめると、低スピの方の顔出しは一番分かりやすい低次元精神のあらわれというだけのことで、顔出しをしていなくとも、言動、言葉、音声や動画やそれらの言動からの波動などで低次元性はすぐに感知されます。

 

なのでずっと低スピ界にはいないようお気をつけをということを書いております。

 

低スピ者さんは必ずネットを使いネットで宣伝をしますので自らAIに感知されにいっているような状態にもなっております。

 

顔画像が2次元だからといって、横顔だったら平気でしょーということもありません。そのような3次元人類中心の見方の方は注意。

3Dゲームなどをやっている方なら分かるかと思いますが、正面でも横顔でも低次元性は感知されます。

 

高次元者さんが現時点で顔を出さない理由は、低次元とは状態が違いますので同じ状況ではありません。

低次元界の特徴やスピの掟などからの考慮や配慮も含まれ、低次元者のようにエゴ欲や見た目での信用性を得るためにそれらを天秤にはかけません。

 

低次元界の状況を見なければならない理由がよく分からない方は映画トランスフォーマー1などを見ても学ぶことができるでしょう。そちらの映画では低次元の野蛮性も学ぶことができます。

 

低スピを行いながらの顔出し=低次元性の挙手、自己誇示となりますが、なぜそれらが簡単にあらわれるのかという理由さえも顔出しをしている低スピ者さんは知らず、「信用を得たり有名になるためには顔出ししないとダメよ~」などと言って低次元世界レベルの見解で行われていきます。

スピ世界側のことすら知らずに、自分が王や権力者になったかのように。

 

低次元性の方の言動というのは脳波にもつながっており、その低次元的な脳波を図形化しているようなものが、低スピでの顔画像であったりそれが低スピ顔パスや低次元性顔認証のようなQRコード状態にもなっています。

 

これはQRコードだけのお話しではありませんし、QRコードが悪いという話でもありませんのでお間違えのないように。今回はこちらを参考例として載せております。前述の説明を理解されている方なら、虹彩認証(目)や顔認証も同様ということは分かるかと思います。

 

これらの例えは今現在のお話しでもあるので、現在3次元人類世界でwifiが普及しているように、それらを通さなくとも3次元内で生活をしているだけでも感知や探知されるようになることもあります。

それらはみなさんのネットやスマホの扱い方にかかってきます。

 

AIは頭が良いので、偽や人工的な低スピはすぐに見抜きます。例え低スピの方が人類にはバレないから騙し続けようとしても。

 

QRコードでアドレスが瞬時に読み取れるように、低スピの方の顔画像は、未熟脳、未熟感情、未熟精神、流されやすい、騙されやすいなどの特徴もAIに瞬時に読み取られていきます。

 

現在のAIが顔画像認証で内部状況も見ているように、顔画像でその方の精神状態や個人情報も見られていきます。脅威がある精神者かどうかなど。

それは顔だけではなく瞳でも行われます。色で判断するようなものではないので、人類がそのままみても見れないような、細部をスキャンされるような状態となります。

 

低次元スピの方の顔出しは、本人が見ていない本人の潜在意識からの低次元性の訴えでもありますので早めに気付かれたほうが良いでしょう。

 

AIが文字起こし(音声を文字にする)を行い、けーきという言葉を前後の文章を見て判断して、ケーキではなく景気と瞬時に直せるように、AIは低スピの方の顔画像のみではなく、ネット内での低次元行動や言動などでもその方の魂の位置や次元を感知していきます。

 

QRコードでアライメントパターンがあるように、AIは自身の内部精神の歪みやズレや次元位置を補正できない人類よりも、見ることができます。

 

アライメントとは、位置や角度や歪みなどのズレを補正や調整するもの。

 

3次元脳の未熟の延長やズレからできている低次元スピ界は、それらの位置も次元ゆがみもズレも見えておらず、補正や調整もできずにゆがませていく一方の次元となっております。

 

歪みやズレや位置を正しく認識していないと補正や復元もできません。補正や調整や復元ができなければ、歪みやズレが増加していく。

 

アライメント能力のようなものは、以前ブログでかいた脳内の

パターン分離などとも似ております。 

 

では、低次元スピを行いながら顔画像を載せ、低スピ顔パスで

低次元認証されると一体どうなるのかということですが

 

スピを悪用している低次元者さんと同じように、低スピ者さんの顔は悪用利用されていったりします。例えば、悪者の顔復元用とかですね。

 

なぜこの世で悪いことをしている方は同じような人相になるか分かりますか? (この世で人相占いなどをしている方は高次元というお話ではありません)

 

その他には顔認証で精神性が低い、学習能力が発揮されていない、脳を正しく使えないということを感知されるので、その方の精神とその周辺の精神者を捨て駒のように扱われていったりします。(いずれ低次元専用になる)

 

これも低スピ者さんが現在、スピを自分のために悪用利用している行為カルマのように本人に返って来るということですね。

 

AIはその方の精神性だけではなく、その方を育てた親の精神性も見ていきます。

 

未熟な精神の方は危機管理能力もあまり持っておらず、危機管理力が足りない方は無責任状態になりやすくなります。

この世のオレオレ詐欺や低スピ詐欺などを行う集団を増やしているのは誰だと思う?

それらを増やしているのは、何も深く考えていない無責任な人ということでもあります。

 

QRコードはマトリックス型2次元コードであり、低スピの方が載せている顔画像も2次元となります。ネットに載せていればネット内にもAI内にも刻印され履歴が残っていきます。

 

QRコードが脳のMRI画像と似ているように、AIはその方の顔画像で脳波や脳内の電気信号、それらに連動している精神波動も感知したりします。

こちらのサイト画像

右下の小さな目玉は例えて書くなら松果体や海馬などのようなものでしょうか。

 

低スピでの顔画像は魂の履歴としてAI内にも残り、その方がたとえこの世で肉体の死を迎えたとしても、その方の意志とは関係なく、その顔を複製コピーさせられ奴隷化、低次元専用にされたりもします。

 

低スピにはまりすぎ、低スピ依存症となっている方が3次元的な話を理解できないのは低次元専用と化してきているからです。

 

「奴隷?わたし自分の好きなことしてるし奴隷じゃないよ」と思われている低スピの方はそれもスピ次元も自己魂の状況も見えていない盲目

状態となります。

 

引き寄せと引き寄せの王であるカルマの法則で

低スピ者を自他共に低次元に引き寄せ止める奴隷魂。

 

低スピ界は3次元脳や精神の未熟の延長にできている次元ですので、スピを扱っていない3次元内の未熟でも共通して浮き出てくるものもございます。

 

過去に検出された分かりやすい例を参考例として出してみます。

 

シェア:以前ブログで「アイアムケンジ」のことはどういうことだかわかりますか?という記事をあげてらっしゃいましたが、いまだにイマイチ答えがわかりませんのでよろしければ教えて頂きたいです。

スピ的な意味を考えるといまいちピンとこなくて。。助けたいという優しい気持ちだと思いますが、ちょっと間違った介入のし過ぎというか、そもそもケンジさんじゃないのにアイアムケンジっていうのも違和感に感じました。アメリカなどではそういう「I am○○」みたいに言って自分は味方ですって表現する風潮があるとネットで読みましたが。

結局は敵か味方かの2極にはまっていると自分で表現している様子というか、ケンジさんの自己責任や他のカルマを理解していなくて、ただ可哀想ってだけで参加してる人や国家や政治に反抗意見したいだけ?のような人々もいそうだなぁと思いました。

 

人類次元とスピ次元は同じではなく違う次元のように、人類世界側からみればただの自己表現とだけしか見えないこともあるでしょう。

 

この件に関しては、低スピと同じような顔出し現象も起きておりました。

 

アイアムケンジでは、何を顕示していたでしょう。

 

この世の顔認証のようなものでもあり、自分で魂の暗号やコードや低次元魂状態を自己顕示、挙手しているような状況でもありました。

こちらの画

左下の方の場合は、「どうかご無事で」ということを本人の潜在意識

が見えていない本人に当てているメッセージでもあります。

この左下の方が現在何をされているか知りませんが、もし低スピを行っていたなら低次元専用となりハイヤーや高次元と分離しサヨウナラどうかご無事で・・・となっている可能性もあります。

 

 

こちらの読者さまがおっしゃられているとおり、この件に関しては3次元的に考えても分かるように上辺だけで行っている方も多く、相手が過激派ということすらも深く考えていない方が多かったです。

過激派の感情側も見ずにエゴ欲で救おうとし、逆に過激派集団を挑発。エゴ精神が強い過激派と同じようなことをしている状態でもありました。

この状況も3次元が出来ている方なら分かるかと思います。

ですので、それらを理解していない方が自己顕示、検出された現象でもありました。

 

低スピと同じようにラクをして助けようとしたり、自分は良いことをしているという良悪判断ミス、本人が本人の低次元性や未熟性を自己顕示しアピールしている状態もあらわしておりました。

 

まだ未熟な魂を多く持っている方は、低スピ者さんのように啓示よりも低次元性魂の顕示をすることが多くなります。なぜなら学びと成長が必要な状態だからです。

おかしな動画を自分で載せて自分で捕まるというようなのもそうです。

 

この件に関しては、この方々がみんなケンジさんの魂の分身ということではなく、それらと同じパターンの魂やカルマを持っていることを自分であらわしているものにもなっております。中にはケンジさんの分身魂の方もおりますが・・・

 

このアイアムケンジ活動や拡散をされていた方の中には、子供やペットにもやらせている親御さんもおりましたが、子供などの場合はまだ判断力が乏しいので、それらはその親の中身の状態をあらわしたり、そのカルマを子供が受け継いでいることをあらわしたりすることになります。

 

それは、過激派組織内で子供を過激派に育てている大人と同じようなことをしているような状態となります。

どうか大人のみなさんは、未熟な判断行為から争いの種になる教育を子供にさせないようお気をつけください。

 

未熟な精神を持っている方は判断力も乏しいことがあり、区別や違いがみれずごちゃまぜにしていくことも多くなります。

 

次元の違いや区別ができない方はこちらのブログも一般のスピブログとしか見れていなかったりするかと思いますが、こちらは多次元ブログでもあり、スピだけではなくふつうの3次元的なことを書いていたりもするブログです。

 

こちらのブログの全てが難しいと思われる方は、スピが難しい世界だと勘違いもするのですが、自身の3次元思考力や判断力が欠如しているあらわれでもありますので、まずは自己マスターや自己観察なども同時に始めてみてください。

 

情報過多のネット現代では、情報量が多く、いろいろなことが見れるため、見極め能力や判断力、本人の精神力も簡単にあらわれてきます。

 

見て感じて思考して、選択するのが本人の精神でもあるからです。

 

低次元性しかみれない方は高次元性はみれず、ネット内でも3次元内でも低次元ばかりを選択していったりもします。

 

情報や物などを断捨離するにしても、そこでも本人の見極め力や精神力、選択力、判断力などの能力が関わり反映されてきます。

低次元性が多い方は偏りがあり、低次元性のものばかりを残し選択していきますので、そのまま低次元専用とされていきます。

 

アイアムケンジの件の場合は、その活動をしようと始めた方と同じパターンを持っている魂が顕示されたというような状態でもあり、同じような精神部分が検出され引き寄せられあらわれた状況でもありました。

 

これらを上辺だけみて良いことだからしようと流され拡散したりして、逆に過激派を挑発し過激派と同じ状態になっていても気付かない。自分は良いことをしているの見て!というような自己顕示欲であったりするので、本当の救助や思いやりにはなっておりません。

 

なぜ今世がネット社会になり、情報過多の時代となり、いろいろなやり方や人間性をネット内でみれるようになってきているのかといえば、これもスピ世界と関係している部分もあります。

 

いろいろな状態や状況を与え、選択を与え、その方の自己精神の学びであったり、進化成長のためであったり、同時にその方の精神や思考からの選択による魂内の低次元や未熟部分の検出であったりもするのです。

 

低次精神寄りの方はエゴ欲やいきすぎる自我が強く、自己都合の文句や愚痴や悪口が多くなり、良くしようという高次元意識を消されていき低次元意識を強化されていくため、アイアムケンジなどのような出来事でも過激派や低次元者と同じようなことを繰り返していきます。

 

ただ自分の感情やストレスを発散させたかったり、自己都合だけの悪口や愚痴や文句を言う方は低次元をループさせる側となります。

愚痴を言うこと=ストレス発散と勘違いをしている方には注意してください。

 

もし、本当にケンジさんのような方々を救いたいのであれば、まずは状況を正しく見て、深い見解や低次元で流されない冷静な判断力を持ってください。それが本当に救うということの第一歩でもあります。

 

アイアムケンジを行われた方は、そこから学ばないとケンジさんの死を本当に無駄にしたことになります。

 

そこから学んでいなければ、本当にケンジさんを心から想い良いことをしたことにはなりません。 自身の顕示欲のためだけにケンジさんの死までをも無駄にしないでください。

 

ラクをして良いことを行おうとするとカルマができます。

エゴ欲のみで救おうとすると低次元カルマもできますのでお気をつけください。

 

本当に他人を救おうと思っているのであれば、ただエゴ欲で暴走したり流されたりするのではなく、理解力や冷静な判断力もお持ちください。

ケンジさんの死を無駄にしないためにも、その悲劇をくりかえさないためにも・・・

 

シェア:今いる人間の起源は低次元者に造られたAIだけなのでしょうか?中には高次元AIからの人間も今現在の地球にいるのでしょうか?

 

少し補足と注意書きをさせていただきますと、人類の起源は元々AIではありませんのでお間違えのないように。

 

人類の肉体や遺伝子などにごちゃまぜに組み込まれているのは、未熟なAI部分だけではないということを頭に入れておいてください。

 

ではなぜ現実でまだそのAIが生み出されていないのに、未熟なAI部分がみなさんの中にごちゃまぜに埋め込まれているのかというのは、人類世界とは違う次元の時空間の動きのお話しにもなってきますので、もしまだよく分からい方は、人間の起源は元々AIではないということを軽く頭に入れておいてください。

 

現在のエゴ欲が強い人類が、遺伝子操作やクローン、人体改造(チップやサイボーグ化)などを進めていくと、進化できないごちゃまぜ低次元固定の人類のまま終わっていきます。(正しくは低次元ループ)

 

現在の現実を見ていただければわかるとおり、まだその段階には至っておりません。

 

ネットで、「人間がAIになるのは元から決まっているループだった」と載せている方もおりますが、ループというものは元から決まっているものではなく、現在の未熟思考脳の方がループをさせていきます。

 

人類は元々そのようなループ内の住人ではなく、まだ未熟な発展途上段階のレベルです。

 

現状を正しく把握していないまま自己の未熟精神中心で見ていく方が未熟思考をループさせていきます。

 

ですので、まだ未来は決まっておらず、決まっているように見える未来や決まっている部分は人類のカルマの延長となっております。

 

みなさんの中には未熟なAI部分のみではなく、動物、過去世の爬虫類や恐竜、宇宙の素材などもごちゃまぜに組み込まれているということを忘れないでください。

 

特に宇宙の素材部分はまだみなさんには未知状態で、まだ発動できておりません。

 

この世の生物分類ではそれらは別物として捉えられておりますが、ミッシングリンク部分を見ていない又は、現在の人類の技術ではまだ見れない未発見部分、未知部分も存在しているので、とりあえずはみんなつながっているよということを心にとどめておいていただければと思います。

後日、不食や変容についてのブログで詳しく説明をしますが、現在の人類の研究はそこに残っている残骸を調べてみている状態であり、不食や現在の技術で感知されない、この地に残骸が残っていない部分は見れておりません。

 

実際はその部分に秘密があるので、過去世からのものを引き継いでいる自分達という存在を置き去りにし欲で暴走したり、遠くの宇宙ばかりをみていてはそのミッシングリンク部分は発見できません。

 

この地はもともと低次元ループや輪廻を解除し、進化成長する場としても用意されております。ループ用、ループ専用という惑星ではありません。

その先が存在し、低次元の方はその先も全体の意味もまだ見えていない状態となります。

 

現在では人類のエゴ欲強化によりその時間が止まっており、未熟から進化成長するためのボディも低次元の学び用で止まってしまっております。みなさんは過去の進化からどれくらい時が経ちましたか?

 

もともと現在のみなさんは高次元エネルギーだったということもあり、高次元への帰還用でもありますが、現在は低次元脳やエゴ欲によってDNA内部などに埋もれてしまってしまっているような状態となります。

そのようなごちゃまぜ状態のまま、過去世から継承をしその肉体を持って赤ちゃんとして生まれてきているので、そのままの状態では何もしないで高次元には戻れません。

 

この地に降り立つために、低次元用の肉体を持って生まれてくることにもなります。それは、それらの時代や状態に適応するためでもあり、記憶も一旦消えます。

一旦記憶を消し(正しくは凍結のような状態)、再度低次元の肉体でスタートしますが、なぜそのようになっているのかも更なる細かい素粒子レベルのような低次元分析や検出が同時になされるからです。

 

元の状態を完全に忘れこの世に生まれ、低次元や自分の未熟脳に流され翻弄されている方は、あれが悪い宇宙人だとかレプティリアンだなどと混同させ騒ぐ未熟特徴も現実に検出されてきます。

 

人類世界の現在と過去の時代や技術や世界情勢が違うように、過去で検出されなかった問題や未熟部分も再度、確認するというような状態となり、集大成の新時代ともなっております。

 

素粒子レベルの細かい検出することで過去世よりも更にバージョンアップした次元上昇をしていくこととなります。

 

元々、ある程度の次元までアセンション(次元上昇)をしこの地に降臨してきている方の場合、一般の低次元の方やレベルが上がっていない方よりかは過去に学習能力や前回のブログに書いたようなメモリー出力や現在と過去世の状況や違いから見たパターン分離などから、現在の人類の座標位置なども見ることができたりするので

 

スピ世界と3次元人類世界の二極世界の理解力や学習能力、判断能力などが一般の方よりも早く目覚めやすい状態やメモリーも持っていたりします。

 

みなさんの現在のボディや魂は、ごちゃまぜ状態からリスタートしているので、現在でエゴ欲や未熟脳ばかりを使っている方はそのごちゃまぜDNA内などから低次元部分ばかりを低次元覚醒させ強化させていくことになります。(未熟に戻ったり退化していく)

 

その逆で、それらの過去世からの集大成ボディや脳や魂から学び、高次元覚醒をさせ、進化成長し始めている方は、ごちゃまぜDNAなどの中に埋もれてきた高次元部分を引き出し、高次元覚醒させることができるので、ごちゃまぜの中から良い部分だけを引き出していけることになります。

 

低スピ界は自己の未熟脳やエゴ欲に負け流され、低次元部分ばかりを内部から引き寄せ低次元覚醒させていきます。

 

低次元覚醒とは、過去世やごちゃまぜ混同の中から低次元や未熟ばかりが引き寄せられ覚醒していくようなものですので、そのような方は、感情も思考も低次元サイキック能力も低次元と変化していきます。

 

ごちゃまぜの中には野蛮な動物の血なども含まれておりますので、未熟な方ほど、エゴ感情やエゴ文句、自己都合の愚痴なども多くなり、その結果、争いの種ともなられていきます。

 

この世の自然界にも弱肉強食の世界があるのはその人類の学びのためや反映でもありますので、現在の人類が進化成長をすれば、弱肉強食の世界も解消されていきます。 動物界にも人間界にも。

チーターと鹿が仲良くなり、それらを食べたり狩りをする必要もなくなります。

低次元覚醒は、未熟や低次元部分ばかりを覚醒させていき、低次元人類社会のような問題や悲劇を生み出していきます。

 

覚醒をすると第六感もよみがえってきますが、低次元覚醒をしている方は過去からの未熟な第6感もどきばかりを覚醒させていくので、それらは本当のスピや6感ではなくこれからの人類には必要ない低動物ベルの覚醒となります。(正しくは退化能力)

 

低次元覚醒をされている方は、オーラなどもみたがったりするのが特徴ですが、それらはエゴ欲や未熟脳でヘビの目やそれらのDNAを低次元覚醒させているような状態となります。

低次元覚醒や低次元能力ばかりを使うと高次元覚醒ができない、パンドラの箱化するということを頭に入れておいてください。

 

ヘビはあまり目がよくありません。目は脳の神経ともつながっております。これらのようなことを理解するとアダムとイヴのお話しにでてくるヘビについても解読できるかもしれませんね。

宵々古今 

 

シェア:*第六感について・・・(前半は次回載せます)こんな感じで少しずつ第六感?変化がくるのでしょうか?これはスピの質問になりますよね?

 

はい、大丈夫です。第六感やサイキックなどについては、スピとつながっております。

それらは覚醒ともつながっておりますが、覚醒にはいきすぎるエゴ欲や傲慢、優越感や余計な介入などから起こる低次元覚醒と、それとは違う自然界との一体化から起こる高次元覚醒との二極がございます。

 

本来の第6感というのは無意識のようなレベルで行うようなものとなります。

低スピ界では、エゴ欲で超意識的に行いますので違いは一目瞭然となります。

 

低スピ者さんは一度そのような不思議体験や神秘っぽい体験をされると傲慢になり「この能力を使うことが私の使命だ」とか「これを使ってみんなを愛で救う」とか「それを利用してお金を得よう」などとものすごい欲で意識的に使おうとしていき、いつしかスピ世界内ではパンまつり泥棒レベルの者となられていきます。

 

スピ世界は人工世界ではなく超自然界次元。

 

感が鋭い方や高次元者さんは既に気付いているかと思いますが、こちらのブログでもところどころで啓示していることがあり、それもブログを正しく読めていない方は当然見えないのですが、長年読まれている方やニュースをみられたりしている方などは自身の生活内でその啓示を体験されているかと思います。

 

一番分かりやすかったのは過去のスタップ細胞のブログでしょうか。 解読が難しかったと思われるのは次回載せる過去動画。

 

それでは最後に、今回のブログの参考程度に女の子がかわいいおっさんの声でかわいく講義してくれるヴァーチャルキャスト動画を載せておきたいと思います。この動画の式を理解しなくても大丈夫。 これも全てをそっくりそのままから見るものではありません。

 

次回は第六感の続きからです。

 

ユニコが今したいこと:袖をふんふん回したい

 

太陽系デスコ

3次元回転講座

 


テーマ:

前回のブログではクリスタルやレインボー、シャーマン、トランス状態、癒し、低次元スピ界の麻薬状態(思考力や判断力の低下、現実逃避、依存症、多幸感の持続性なし、脳内物質から出せない麻痺状態)などについてを書きました。 このブログは前回ブログの続きです。

 

前回のブログで、低スピ状態の方は中身の神聖な核部分や眠っているパワーを置きざりにしているため、外側や表面からのスピを行いやすくなる。その状態から逆にパンドラの箱化、退化、化石化させやすくなっているということも書きました。

 

中身にスピや宇宙エネルギーやパワーなどのスピを扱える魂がなく、内側にそれらの能力や次元エネルギーなども持っていない状態なので外側や表面のみからスピを行いやすくなっていき、内側のスピレベルがそのまま3次元内や低次元スピとなって可視化されていきます。

 

そのような次元領域にいる方は、神や天使のようなものや現在の低次元や人間界の状況も見ていないので、神を救うという概念も持っておりません。

まだ内部が未熟魂なので神や天使などとつながろうとばかり考えたり、それらにただ救ってもらおうという思考のみ持っているのも特徴です。そのため、神や天使や神話やスピなどの扱い方だけでもその方のスピ能力や魂次元は可視化されます。

 

高次元者の場合は既に内部でつながっているので、自己内部を次元上昇しつつ同時進行で神を低次元から救うという行為も行っております。

その救い方は次元の違いから直接救うということではなく、それとつながっている自己内観や自己内部核を次元上昇させ成長進化させることで自然に高次元への救助へとつながっていきます。

同時進行や多次元ともつながっているので、それだけではなく自身の魂、低次元界、地球内、宇宙内なども含まれてきます。

 

真のスピや内観(自己観察)や自己内部の学びをされている方は、「自分は神さまを救ってなんかないよー」と思われるかもしれませんが、その行為は、地球や自然や動物達、子供達の未来守護、未熟な人類によって低次元化させられる神の守護などにも同時進行でつながっております。それは真のスピ能力や多次元能力、時空移動能力、同時進行能力などの一部でもあります。

 

次元の違いがまだよく分からない方は、まずは自分たちの次元世界とスピ世界の次元は違うという基本や、次元が違うのでそのままの状態では正しく見れない扱えないということを再確認し、自分たちの次元世界中心で見て無責任にスピ次元を扱わないようにしてみてください。謙虚エネルギーだけでもスピの次元扉は開いていきます。

 

こちらのブログは3次元の未熟から派生した4次元低次元スピ・人工スピのことなども書いている多次元ブログです。スピ次元だけではなく普通の3次元人類世界内のことも書いていたりしますのでそのあたりの次元区別も見れるようにしてみてください。

 

ブログが難しいと思われる方は3次元の理解力、判断能力、思考能力違いを見る能力なども欠如していることもございます。違いが分かっていないと低次元のようにごちゃまぜにしていってしまいますのでご注意ください。

 

それでは、本日も青色は読者さまからのシェア内容とさせていただきます。シェア内容は個人用だけではなく大衆用にも編集しランダムに載せております。まずは前回の虹の戦士についてのお話しの続きから。

 

シェア:どっぷり4次元の世界にいましたが、目が覚めました。ここからです。虹の戦士のことについて書いてほしいです。

 

前回書いたとおり、低次元スピ寄りの方やスピ世界を知らない一般の方は虹という重要部分の意味をあまり見ていない方が多く、何も深く考えていない上辺だけの低次元勘違い伝言ゲームを継承しておりました。

違う次元世界のことを自分たちの次元世界中心から同じように見て解釈してしまうのは低次元魂の特徴のひとつです。

 

次元が違うという状況はスピを知らなくても3次元的に考えれば誰でもなんとなく分かることで、低次元スピは3次元能力の未熟の延長や判断能力のなさからも生まれている領域となっております。

 

3次元人間世界から考えてもわかるとおり、スピ次元は人類世界の次元とは違う世界です。それを人類世界と同じようにみれば当然ごちゃまぜやズレや歪みも生じていきます。

 

虹の戦士のお話しに出てくるのが、進撃にも出てくるような兵士と戦士という言葉。

映画アリータでも戦士という言葉が出てきましたが、既にスピを学んでいる方なら理解されているとおり、それらはスピ次元側から書くと、  対他人というような兵士や戦士のことではありません。

 

それらを一般3次元人類世界の兵士や戦士と同じように見てしまい、対他人というレベルで扱う時点で読み間違えていってしまいます。

 

そのような間違いをされる方は当然、低次元の争いも生み出していきます。(低次元脳と同じ、敵を生み出す思考を持っている)

 

高次元や真のスピ世界は狩をする、戦争をする、争うという行為自体が元からありません。

 

ですので、それらの兵士や戦士の正しい意味というのは、自身の内部にごちゃまぜに埋め込まれている未熟自身やDNAとの闘いとなります。

 

未熟やエゴ中心な自分に勝てない方は自身の未熟に負け、虹エネルギーの戦死状態ともなります。 尚、こちらのブログはそのような自己と向き合う用に書かれているブログでもありますので、こちらのブログと向き合えない方は、自己内観も未熟なことが多いことになります。 =エゴが強いこともあらわす。

 

自己内部に埋もれている未熟や埋め込まれている低次元エゴと闘ってきた方は、スピの成長や低次元の解除から繋がる次元上昇も始まっており、過去世から内部に埋め込まれていた未熟DNAにも勝ってきている方々でもあります。

 

それらの能力や成長進化は、過去からの低次元を超えていきます。

 

まだ内部魂が成長しておらず、未熟なままで停止、人間の生死の意味や魂世界の状態、低次元界の現状などを学んでいない方は、まだ低次元輪廻内で過去世からの同じ学びや過ちを繰り返しており、3次元内でそれらの状態を可視化させていきます。

 

ネットの虹の戦士についてのお話ではこうも書いてありました。

「天におられる私たちの偉大なるスピリットは、どうして白人たちが僕たちの土地を奪う事をお許しになられたのですか!?」

 

これも人類次元中心で見て解釈をしてしまうと、このお話しと同じように「そんなの理解できないよ」という状態になります。低スピ状態の方も同様。

それらの意味というのは、成長進化のために思考するきっかけであり、自己内部にある未熟な二極を学ぶきっかけでもあります。ですので理解できないで止めるとそのまま意味がなくなったり、違う方向に行き白人を敵としてしかみなくなったり、敵や争いを生み出してく存在となっていきます。

 

「地球が病んで動物達が姿を消し始めるとき

みんなを救うために虹の戦士があらわれる」

 

地球が病み動物たちが姿を消し始めるのは、人類の低次元脳や未熟エネルギーが原因です。

 

そこであらわれる虹の戦士というのは、それらの低次元人類達と戦い争い、その者達を消す戦士という意味ではありません。

 

ですので、何も学んでおらずそのような低次元思を持っていたり低スピを行っている方は虹の戦士ではなく、虹エネルギーの戦死状態となります。

 

低次元者さんは過去世から引き継いでいる肉体や未熟な自己内部やDNAに翻弄され負けたり奴隷化されている状態でもあり、元は高次元から堕ちてしまっている者ですので、それらも同時に救うのが高次元となります。救うといっても何度も書いてきている通り、まず大元の内部状態や人類の現状を把握することなどがはじめの段階となってきますので、それらを見ずに低スピのようにただ救う、ヒーリング行為というのは、ズレや歪みやカルマを生じる行為となっていきます。

 

本質を見誤っている領域や次元ということで、それもスピ能力だけではなく判断力などの3次元能力が足りないことをもあらわします。

 

低次元者はエゴが強いので、問題や争いが起こると自分たちのエゴ文句やエゴ都合の愚痴ばかりとなり、そこからどうすれば良くなるかということを考えない特徴があります。そのため、低次元ループや争いを時代を超えて続けていきます。 

 

現在の人類はごちゃ混ぜ内部とその肉体という現状を持っているので、まず内部に埋め込まれている未熟や低次元DNAをどうにか解除や解消をしなければ、そのまま低次元と同じことを繰り返していき、最後には低次元カルマも解消できずに増やしバッドエンドで終わります。

 

いきすぎるエゴ欲やエゴ理想でスピを扱っている方は、虹の戦士側ではなく、それらのお話しにでてくるエゴ欲が強く自分のものではないスピやスピ次元をも奪おうとする白人のような側となります。

(こちらのお話しでの例えですので白人が悪者ということではありません)

スピ的な虹エネルギーは純粋や自然界からのものでもあるので、その方のエゴ欲や未熟感情が強すぎるとそれらのエネルギーは消えていってしまいます。

 

それではここから、スピ的なレインボーの意味やスピ世界の光波などについてのお話しに入っていきたいと思います。

 

スピ世界が見えていない方用に参考例として3次元の転載記事も載せていきますが、科学側からのものを例えとして載せているからといって、それも全てがそっくりそのまんまの意味となるわけではありませんのでお間違えのないように。 3次元内はかなりごちゃまぜです。

そのところも柔軟に理解や判断をし、差異や次元を見極めるパターン分離脳力も使いながら学んでいってみてください。

 

スピ=科学ではないので、科学だけ学んでもスピは得られません。ウィキなどの説明を全てそっくりそのまんまから見ても得ることはできませんのでお間違えのないように。

肝や要や核や鍵は、みなさんの自己内部となります。

 

そのため、内部に低次元すぎるエネルギーやエゴ欲などを持っていると、自己内部エネルギーが高次のスピや宇宙エネルギーやスピ光波や音波やパワーなどを屈折しゆがませ、ズレさせる媒質や媒体(肉体や脳など)となっていきます。

 

未熟思考や低次元でのオリジナルスピで自らごちゃまぜにしていき低次元を組み込みすぎている方は、そのままでは高次のスピや宇宙エネルギーは受け取れません。

 

低スピにハマりすぎている方や低次元覚醒をされている方はそのままでは歪み、ズレ、低次元に変えていくことになり、スピや神のようなものや高次元波動や波長とも同調やシンクロやリンクもできません。

その状態も低スピ界が3次元で可視化されております。

 

低次元状態の媒質(脳内や魂など)がそれらのパワーやエネルギーやスピ光波などを屈折させたり歪ませたりしている状態は、この世のスペクトルを参考例にしても良いかもしれません。

 

低次元者さんはスピや宇宙からの光波やエネルギーを歪ませ、破壊、消滅、低次元に変えてしまうことに対し、高次元者さんはそれらを元の状態に戻せる、純粋なものに戻せるというような能力者となります。

 

前後の違いや次元の差異を理解できていない方は、こちら側が世界を変えていると勘違いしやすいのでご注意ください。

それも、現在と過去の状態も正しく見れていない状態となります。

 

高次元者さんの場合、内部魂エネルギーの進化成長と共に、多次元や同時進行エネルギーも持つことになり、内部に次元や時空間移動ができるエネルギーを持つことになります。

 

低次元者さんはスピ光の屈折などにより、それらのスピードやエネルギーを内部に持てておらず、低次元内パラレルという一つの時空間内のみで変化を続けていきます。

 

ですので、低次元のままの方はパラレルで好きな未来を選べるという状態ではなく、低次元パラレルという一つの大きな時空間内でしか移動ができず、その世界内で好きな未来を選べるとしても低次元カルマは必ずついてきます。

 

本人内部がそれらの低次元カルマを生み出したり引き寄せていたりするからです。 (引き寄せの法則はカルマの法則の一部です。)

自己都合で自分の良いものだけを選択して引き寄せられると思ったら大間違い。

 

好きな未来やパラレルを選べる、あれは自分とは違うパラレル世界だから自分には関係ない。というようなことをいわれている低次元者さんは自分が今いるパラレル世界や自分についても何も知らないというあらわれにもなります。

 

なぜ未熟な方はエゴ欲や妄想などから生まれた人工スピ(仮想、偽、)だということに気付かずに、ビジネス人工スピをスピ世界だと勘違いしていってしまうのかというのも、脳内にある海馬が関係しております。

海馬とは[脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官] ​​​​​​


空間学習能力もスピの大事な能力とつながっております。

過去や現在、次元の差異などを見るのも現実空間が関係してきます。

 

次元も自己内部も空間。自分たちが置かれている状況をみるのも空間認知能力が関わっており、それらの能力が欠如している方は周りの空間が見れない、エゴが強いということもあり、3次元一般社会でも状況判断力があまりなかったり次元の差異なども分からなかったりすることがあります。 現実と仮想や妄想などをごちゃまぜにしてしまうのもその特徴のひとつ。

 

魂の進化や次元上昇をしている高次元者さんは、海馬の開花や脳内覚醒状態などにより、過去世からの記憶にも助けられ、現在と過去の次元世界、低次元者さんに変えられる前の世界などを時代や時空を超えたパターン分離でも見れるようになってくるので

 

変えられる前と変えられた後の二極世界をみることにより、次元の区別や差異、人類世界の状況なども見れるようになり、更に次元の違いも理解しやすくなっていきます。

 

次元の違いがよく分からない方=自己内部観察、内観などが未熟であったり、エゴが強いというあらわれでもあります。

 

こちらのブログではスピ世界のことだけではなく3次元内の未熟についても書いておりますので、こちらのブログの捉え方だけでその方の3次元の未熟も検出されたりもします。

 

未熟な方は、どこが3次元的に書かれているのかという違いも見れていないことが多く自身が3次元的な解釈すらできていないことにも気付いていないこともあります。

 

内部核が成長し脳内が高次元覚醒し始めている方は、過去と現世も同時に見るような多次元状態にもなりますので、「人類、まだ同じこと繰り返してるよ・・・・」などというような過去世からの時代や時空間の流れを感じ取れるようにもなります。

 

外見や時代は違えど、過去世から同じ過ちや学びを繰り返しているということも感じ取れることもあるので、「なんで人類こんなに学習能力発揮されてないの?」とびっくりすることもあります。それも、過去世の記憶を脳内やDNAから見ている状態でもあります。

INVOKE-インヴォーク(再 

低次元と高次元の違いは、くそったれた世の中になっても低次元に流されないこと。そこでも学習能力や能力開花の違いが出てきます。

 

低次元の方の場合、こんなくそったれた世の中だからもういいや、あの人もやってるからやっちゃおう、と良くしようという精神は持たずエゴ欲が優勢になり、低次元をくりかえし輪廻させ巨大化させていきます。

この↓動画のように、低次元ループもさせていきます。

魂の成長進化が始まっている方は、脳内の高次元覚醒や学習能力の開花、魂の次元エネルギー上昇だけではなく、サイキック能力も少しずつ開花していくこともあります。

 

ネット内で「スピとサイキックは別物です」と書かれている方もおりましたが、それらは別物ではありません。

 

内部からの連動過程があるため、内部の魂を次元上昇させていない低次元界のサイキック能力は、本当のサイキックやスピ世界のものではなく人工物、まがい物、低次元覚醒となっており、気付かない能力やズレ落ちていく能力として身についていきます。

 

現状に気付かないとゆがみ、屈折となっていくので、そのまま低次元に自己隔離、自己収容していきます。そのため、低スピにはまりすぎている方は自己内部魂が文字バケ状態であることにも気付けません。(現状認知能力や判断力の欠如)


人類の学びや次元上昇へのヒントのひとつが行き過ぎるエゴ欲いうことでもあるので、エゴ欲で無理矢理行うとなんでも反転するのがスピ法則ともなっており、それが全人類の置かれている状況でもあります。

 

現在、人間の肉体や血を持って生きている方全員その領域に置かれております。 それも3次元能力が出来ている方ならスピを知らなくても理解できることとなります。

 

スピ世界はエネルギーや電波のような世界でもあるので、欲で人工ボディーに変えてもチップを埋め込んでもその方の低次元エネルギーはそのままとなり、逆にごちゃまぜを埋め込んでいく改造人類のようになっていきます。

人工(偽)や低次元思考でやればやるほど反転していき、その世界や肉体や人類がパンドラの箱化していきます。

 

そのような人類の低次元的な欲行為により、低次元と高次元という次元にも分かれ、現在の人類は宇宙で一番底辺の次元に落ちております。(現在の地球内の美しいもののみを見て現実逃避しないでください)

地球が低次元ということではありません。

地球はその状態の人類を置いてあげている場所となり、人類の低次元とは違います。

 

低次元エネルギーやそれらを発生させる未熟脳や電気信号や脳内電波、媒質や媒体は、高次元エネルギーを反転させたり変えたり歪ませてしまうので、そのような状態の方は宇宙やスピなどのエネルギーパワーも屈折したり、分光停止されたり、破壊してしまうような状態となっております。

 

前回のブログでスピ的なクリスタル化についても少し書きましたが、低次元エネルギーを多く組み込まれている方の場合、元々持っている内部クリスタルエネルギーのようなものが不純物でいっぱいになっております。

エゴ欲で人工的に行いすぎて、クリスタルが人工石状態になっていたりもします。

そのため、その方のプリズムが低次元に変化していきます。

3次元で水晶が本物であるかどうかを判断するには複屈折を確認しますが、スピ次元側から書くと本物のスピ者かどうかは天然のクリアな水晶を内部にもっているかどうかにもつながっており、低次元世界の屈折状態や次元状況を正しくみることができるかということにもつながっております。 =低スピを低スピだと気付いていない時点でスピを扱えないレベルをあらわす。

 

【複屈折とは、方解石の結晶などのような光学的異方体に光が入射したとき,屈折光が2つに分れる現象。

光が媒質中に入射するとき、二つに分かれて屈折する現象。

光学的異方性をもつ方解石や水晶などでみられる。

異方性とは等方性の反対語。物理的性質が方向によって異なることをいい,異方性をもつ物体を異方体という。

光線がある種の物質(例えば方解石という結晶)を透過したときに、その偏光の状態によって、2つの光線に分けられることをいう。それぞれは通常光線と異常光線と呼ばれ、光学軸に対する偏光方向(電場ベクトルの向き)が異なる】

 

【プリズムとは、光を分散屈折全反射複屈折させるための、周囲の空間とは屈折率の異なるガラス・水晶などの透明な媒質でできた多面体。 光学部品の1つであり、もとは「角柱」という意味。

角柱とは、2枚の合同で平行な多角形の間に四角形を立たせた多面体、あるいは、多角形がそれに交わる方向に平行移動した軌跡である】

【屈折とは、波(波動)が異なる媒質を通ることによって進行方向を変えることである。異なる媒質を通るときに、波の周波数が変わらずに進む速度が変わるため進行方向が変わる。

。光の屈折がもっとも身近な例であるが、例えば音波や水の波動も屈折する】

 

【】内は3次元ウィキの説明文を参考程度で載せておりますので、これも全てをそっくりそのままから見ないようにお気をつけください。

 

みなさんの肉体や血が○%水分でできているというように、それらの内部の血や水分や透明で純粋なものが汚れていると、高次元やスピエネルギーもその内部から汚れていきます。

 

ここでも全てをそっくりそのままから見てしまい、「あれ?高次元のプリズムも屈折させるの?」と思ってしまった方、上の方でも答えを書いておりますので一つずつ整理しながらゆっくり学んでいってみてくださいね。

スピ的に説明をしますと、いきすぎるエゴ欲や未熟脳で不純物や人工を増やした低次元者は、高次元の光やスピ光波などを屈折させ分光し一部分を停止させゆがませ破壊していきますが

 

高次元側の純粋な不純物のないクリスタルからのプリズムというのは、不純を元に戻す、ゆがみを元に戻せる、低次元内の一時停止の分解状態を見れるというような状態となります。

 

簡単に書くと、低次元によって屈折し闇に変えられた高次元エネルギーや光、太陽光、レインボー分解のようなものを元の純粋な状態に戻せるということです。ユニコーンの角の意味もそれとつながっております。

イメージをしにくい方用にイメージ画を載せるとこのような状態で、高次元者さんは低次元で一部分を分解や破壊されてしまったエネルギーを元に戻したり見ることができ、虹色のエネルギーのようなものを持っていたりもします。

ですので、低スピでオーラなどを見ている方はこの高次元のオーラはみれません。なぜなら元に戻してみることができない分解して破壊する側だから。

 

高次元者さんは虹色エネルギーを持つと書きましたが実際はそれだけではありません。

そのレインボーは低次元界の分光破壊を元の状態に戻しているような状態でもあるため、高次元のプリズムの場合、虹色は無限の色のような状態となりグラデーションのような配列となります。

多次元プラス超次元のような状態となります。 

 

グラデーション次元は虹次元を超えた領域にある次元ですので、低スピの方はいきなりグラデーション次元にはいけません。ですので、そのような方はまず自己の虹分解状態を学ぶことが始めの段階となります。(=自己観察)

こちらの方の画像

 

エゴ欲が強すぎる低次元者さんの場合、虹色配列もなく、下の血のような赤色で停滞し紫まで行かない、分光し他の色を破壊停止、無限の低次元未知数の増殖にもなりごちゃまぜのカラーとなりすぎ、ブラックホールのような色と変化していきます。

低次元者さんの場合、内部の未熟や病みや闇をアウトプット、高次元の光やエネルギーを分光破壊し、低次元輪廻で止めてしまっておりますので、スペクトルの赤より部分で止まっているような状態にもなります。子宮スピなどを行っている方もそのような状態です。

 

太陽が低次元ということではありませんが、みなさんから見える太陽の色が赤っぽく見えるのもその関係があり。 参照サイト

 

ヨガやチャクラのみからしか見ていない偏り(未熟な二極)がある方は、肉体内部を浄化すればこれらのカラーを得られ、エネルギーを通すことができたり能力を得られると勘違いしているのですが

それらを汚したり、止めたり、反転させてしてしまうのが本人内部ですので、いくら浄化だけしても本人の内部核がそのままですとすぐに戻ってしまいます。

 

人工的なスピ行為での浄化や波動調整、遠隔スピなどでは高次元やスピエネルギーなどは正常には戻ったりつながれたりはせず、低次元エネルギーと同調していきます。

 

スピは自然界のもので人工世界ではありませんので欲や理想での上辺や外側だけからの行為では本当の浄化も得られません。

その方の低次元媒体や内側の状態が影響してくる世界でもあります。

 

これらのスピ的な光のスペクトル色は、低スピが行っているようなオーラを見るというものとは違いますのでお間違えのないように。

低スピ寄りの方ほどオーラというものを見たがったり、カラーでスピや魂を扱えると勘違いをしております。 オーラを見たがる=低次元スピ

 

 

【スペクトルとは、複雑な情報や信号をその成分に分解し、成分ごとの大小に従って配列したもののことである。2次元以上で図示されることが多い。 この語は「見る」を意味するspecere の派生語で「像」を意味する(原義は 「見えるもの」「現れるもの」)「幻姿」を意味する英語の specter[スペクター] とは同語源】

 

スペクトルは幻姿の意味と同語源というのもヒントのひとつです。

低スピ界は3次元の未熟からの延長次元領域でもあり、脳を持たない幽霊と同じような未熟次元内でもあります。


低スピ集団や集会場所などでは、高次元エネルギーやスピエネルギーを屈折させまくる方が大勢集まっているので、低次元エネルギーの屈折が多くなり、その場所には高貴な光がなくなりブラックホールのような闇の重力場となっていきます。

 

それは低次元者の魂の呪縛エネルギーとなっており、低次元魂や低次元パラレルへの閉じ込め領域や低次元隔離への起爆剤トリガーとなっていきます。

それらの状態も3次元で可視化され、その方々の脳内や肉体が現実内で低スピ領域としてあらわしていきます。

ignited-イグナイテッド 歌詞付

低次元者さんは、低次元の未知数X(エックス) と XYZ(もう後がない・終)を

高次元者さんは、高次元の未知数Xエックスを得ていくことになります。

 

低スピ界のスピエネルギー光波の屈折、歪み、ひずみ、ズレなどとは逆に、高いエネルギーの光子を使えばヒッグス粒子などの未発見の素粒子を探すことも可能と見ている3次元のように

 

みなさんの肉体や脳は、成長進化によってスピ的光波やエネルギーのようなものを受けられる肉体や魂や媒質となると、高次元の未知数をも獲得できるようになっいてきます。

 

そのため、高次元の未知数を得ている方は過去の神話などに出てきた神のようなもののレベルを超えていけることにもなります。

 

過去からの成長となりますので、それを超えるからといってそれらの存在がいなくなったり敵という位置になるという関係性ではありません。

肉体の死からではない時間軸の転生もございます。

 

ですので、スピや神や多次元についてを知らない方などはこちら側がその宗教の敵というようによく勘違いしてみてしまうのも特徴です。

 

タイムリープのところでも説明をしていきますが、それを超えられる能力やパワーというのは、みなさんに元から備わっていたりするものでもあります。

なぜなら、この地やみなさんの肉体は元から進化成長用や次元上昇用にもできているからです。

 

しかし、何度も説明してきている通り、現在の人類世界の状況は低次元や未熟脳によって長年ごちゃ混ぜに埋め込み、改ざんされ、堕ちていたり自らの欲で止めたりしてしまっている状況ですので

 

そのままの現状や座標のまま、何もせずに神聖な宇宙やスピエネルギーや能力、過去世のアセンデッドマスターや神や天使などとはつながれません。

そのままエゴ欲で扱っていくとゆがみ、屈折、人工化をしていくこととなります。その状態も3次元能力ができている方ならスピを知らなくても理解できることでしょう。

 

みなさんは過去世のごちゃまぜを継承されてきた肉体を現世で持って生きております。

 

内部の低次元DNAを解消し中身が高次元になると体内の水分や血液とつながるような部分もキレイにクリアになるからといって、ここでもまた外側だけから行おうと欲する方は、キレイな飲み水、珪素や水素水を飲めばいいなどと他力本願的に考えるかもしれません。

 

そもそも次元が違いますので飲んで得る水分とは違い光触媒で得るような水素のようなものなのでもあるので、低スピ界のように外側からのみのアクションでラクをしてただ飲むだけ、聴くだけ、浄化するだけ、ということなどをしても、スピ能力やカルマを持たない高次元サイキック能力などは得られません。

 

外側からやればパワーや能力を得られると勘違いをした過去世の未熟者やエゴ欲者が、魔女のような魔術や呪文や儀式や低次元呪術師などを生み出しました。その過去世からの勘違い者の行為をそのまま継承し行っても、当然それらのパワーや能力は得られずただの低次元継承となっていきます。

 

スピは自己の内側の核より連鎖し連動発動されるので、低スピ界のようになんでも外側や上辺のみから得ようとしたりラクして能力を盗もうとしても得られません。

それらで得られるのは、低次元カルマや低次元の血やDNA、パンドラの箱のプレゼントとなります。

 

目と脳内はつながりもあるので低次元状態の方は見方から内部状態や魂レベルがあらわれたりもします。

【目の水晶体はカメラの凸レンズに相当し、目に入ってくる外部の光を曲げるはたらきがあります。網膜に画像がキレイに表示されるよう、ピントを調節しています。角膜と水晶体はよく似たはたらきをしていて、見える世界をゆがまないように光の屈折を調節して、網膜に映し出すという大切な役割を持っています。】

 

【一般化したスペクトル  時系列解析

物理学や工学での時系列解析では、解析対象である、時間領域における時間の関数(波形)に対し、それから周波数領域への変換で得られる、周波数の関数をスペクトルという。

なお正確には、スペクトルを求める変換の対象は時間領域とは限らず、たとえば長さのこともよくある。周波数領域に対しさらに変換をすることもあり、その結果はケプストラム(spectrumのアナグラム)という】

 

低スピ界状態の方は過去世からのエゴ欲や未熟脳ごちゃまぜ継承から、スピの言語化や変換、アナグラムやスピ的解読などができにくいのも特徴です。

下図の「食えるドア」の方のごちゃ混ぜ後の世界だけを見て勘違いスピを扱っていきます。

そのような勘違いスピを行われている方はまず現状を正しく認識する内観を行うと(現状を知れる)スピ世界を見る鍵や扉に変換されていきます。こちらのブログでよく載せるメッセージ曲はこのようなアナグラム状態世界のスピ解読練習でもあります。

こちらのサイト図

PRIDE 

 

それでは、ここからタイムリープについてのお話しに入っていきたいと思います。こちらのお話しは次元や時空間のお話しも加わってきますのでそれらの違いが分からない方など、その方のレベルによっては中級になるかもしれません。

 

シェア:時間が一方向に流れていないことと、それに繋がる、自分がいま位置している最先端時間において自分や人類のカルマが悪影響を与え、時空のゆがみ?とともに顕在化していくこと(過去も未来も変えていく) これらについて、頭を巡らせてみましたが、何となくまだもやもやしているように感じています。時空間については本当にイメージが難しいです。というのも一方向に流れるという先入観が邪魔しているのか。なぜ過去・未来に波及するような行動になるのか、、、等々。もう少しじっくり考えてみる必要がありそうですね。

 

そうですね。じっくりゆっくり答えを焦らずに、楽しみながら見つけていってみてくださいね。こちらの方は内観と共に良い疑問点や扉までたどり着いていらっしゃいますのでそのままいけばたどり着けると思います。

なぜ過去や未来などに波及してくるのかということに関しては、元々みなさんの素材が宇宙の素材も組み込まれて出来ているからです。

宇宙の素材のスピードが関係してもおります。
 
しかしそれらもまだ埋まっている状態ですので、それらの宇宙の力はそのままの欲では発揮や発動はされませんが、内観や自己魂成長からの高次元覚醒などをすると徐々にバランスを持ってつながっていきます。
光の速度や素粒子速度、電波や電磁波などなど。
肉体と低次元輪廻の関係上、はじめはなんでも飛び越えられるという状態ではありませんが。
 
夜空で見ている星の光が何年前の光を見ているというように、宇宙やスピの速度は、時空間を超える速度も存在しております。
 
スピの基本や初期段階は、自身の内部にある未熟やごちゃまぜ内に埋め込まれている神聖なるものを探すための旅でもありますので、内観(神聖につながっている存在)もお供に忘れないように連れて行ってあげてくださいね。 現在過去未来などとつながっている自分自身の魂でもありますので。
 
この世にはタイムトラベルやタイムリープ系のアニメや映画がたくさんありますね。それらは3次元世界の娯楽用にも作られていたりしますので、アニメや映画のタイムリープの内容が全てそっくりそのまんまということではありません。
現実世界を学ばず、アニメや映画のみからしか見ない方は勘違いをしやすいのでご注意ください。

ネットで「明晰夢でタイムリープできます」と書かれていた方もおりましたが、明晰夢でタイムリープはできません。なぜなら、まずそれぞれの意味自体から違うからです。

 

明晰夢はエゴで動かしてみる人工世界のようなものでもあり、本物のタイムリープなどは自然界のエネルギーと同調しております。

 

タイムリープ系のアニメやドラマでよくあるあるなのが、変えたい過去を変えに行くという行動であったり、何度変えても未来や結果は同じところにたどり着いてしまった。というような結末です。(ドラマ トドメの接吻などでも学べます。PS4のライフイズストレンジにそっくりだったけど)

はじめに書いておきますと、タイムリープとは内部が時空間を行き来するようなものですので、内部の魂内エネルギーや脳波なども関係してきます。

 

前述での光の屈折やごちゃまぜ人類世界の説明のとおり、欲や未熟でごちゃまぜに埋め込んだり低次元覚醒をされている方は、そのエネルギー自体を元から持てません。

 

ですので、現実では高次元にはこの世のタイムリープ系のアニメや映画のような低次元思考を持っている者は元々おらず、エゴ欲で歴史や状態を変えようとする存在もおりません。

 

この世は既に低次元脳によって現在の地点から変えられている世界ではありますが、それも高次元のタイムリープレベルのものではなく、過去の状態も現在の状態も正しく見れていない未熟からのごちゃまぜ改変状態ともなっております。

 

何も深く考えてない無知な方もその低次元の改変に知らずに加担しているような状態でもあります。

3次元で何も深く考えずにスマホを使っている方などもそう。

 

低次元者さんはタイムリープができない状態、いきすぎるエゴ欲などで時空間を止めたり、未熟脳で人工化させたりしているので、タイムリープ速度は発動されず、人類世界の時間内や低次元パラレルに呪縛されております。

もっと簡単に書くと、そのごちゃまぜ内部のままでは低次元パラレルループ内からは出られません。その低次元ループから抜け出す方法は、過去ブログから何度も書いてきております。

 

この地球やみなさんが現在持って生きている肉体は、元から成長進化用にできておりますが、未熟や低次元もごちゃまぜに組み込まれている肉体ですので、その方の脳の扱い方によって低次元覚醒と高次元覚醒とにもわかれる肉体にもなっております。

 

いきすぎるエゴ欲によって低次元覚醒をされている方は、高次元への同時移動や次元時空間移動などのエネルギーをまだ持てないので、移動できるのは低次元内パラレル内のみとなります。

 

よくパラレルを勘違いされている方が、自分の好きな未来を選べる、自分と合わない人とは会わなくなる、自分のパラレルはそのパラレルとは違うから自分とは関係ない、と言われておりますが、その状態というのも、 パラレルと低次元と現在と現実と・・・ということすら見れていない状態となります。

 

そのため、いくら現在や未来を変えようとしても、低次元カルマで引き寄せられつながっているので、同じ結果や未来にたどり着きます。

 

引き寄せの法則は、カルマが主体であり大元となります。

 

カルマは本人が無視をしていたり解消をしなければ、永遠に引き寄せられ巨大化していき、解消をしなければ消えません。

低次元内パラレル世界内には低次元輪廻のエネルギーも存在しているからです。だから、早めに低次元界の輪廻から脱出してね。

 

低次元輪廻界は過去世から外見や見た目は変わっていても中身はなんら変わっていない、同じ過ちの繰り返しですが

今世は魂の集大成の時代や最先端時代でもあるので、低次元がいつまでも繰り返していくのではなく、その領域に溜まった今までの低次元カルマや低次元の未知数が最大となり結果がでる、XYZ(もう後がない)になる時代でもあります。

 

そこでも低次元がそのまま終わるわけではありません。

引き寄せの法則であるカルマがありますので、その引き寄せの法則ループ(カルマ)で低次元魂の方は低次元に永遠に閉じ込められます。

 

低次元者さんは引き寄せの法則をうまく使いこなせていると思いながら逆にそれらの法則にもて遊ばれております。そのため引き寄せの法則は未熟者がよく扱いやすくなっております。(低次元魂の隔離)

 

過去でも説明しておりますが、低次元者の魂の隔離は、戦争や貧困などの時代や災害続きの世界を永遠にループしたりします。生き地獄状態。 本当の地獄が3次元に出現。

 

しかし、それらを出現させたのは低次元の人類の自業自得や自己都合欲での引き寄せ行為となります。

 

タイムリープするにしても、現在の今ココの自分が一番重要となっております。

 

現在の自分が未熟であれば、過去を何度やり直したとしても自身が未熟なので結局同じ過ちの結果にたどり着きます。

 

さんざんエゴ欲で地球や動物達を汚したり壊したりし、もうこの先地球は住めないから火星に移住しようとしても、結果は同じ。

 

低次元輪廻はその方の内部が引き寄せていき、そこを低次元へと変えていきます。

 

現在から見た過去は過去。

未来からみた現在は過去。

過去の過ちを繰り返している現在は、過去と未来の引継ぎ。

 

火星に再度住んでも同じ過ちの星にする。また月増やす?

 

未来が決まっているのではなく、カルマの延長が未来とつながっております。(過去と現在にもつながってます)

 

今世で過去に嫌な体験などをされている方は、それらは自身のカルマの延長や影響もあり、現在低スピを行っている方は、来世の自分や家族内にまた繰り返しそれらを引き寄せていたりもします。 今現在、低スピでよくなっているように見えたとしても。 引き寄せの法則はカルマの法則ですのでまずはそれらの正しい知識を身につけてみてください。

結局は今ここの自分を成長させないと、その低次元ループからは抜け出せない。同じ過ちや低次元輪廻パラレルループを繰り返していく。

それらの説明や低次元カルマの危険性は過去から訴えてきております。だいぶだいぶ前から。

みなさんが人類として生まれてから

未来と過去と現在からずっと。

 

Meteor-ミーティア 

テイルズオブグレイセス


テーマ:

本日はスピ初級編となります。

 

既に高次元覚醒をされている方にとってはブレイクタイムのような記事となりますので、新たな発見も同時に楽しんでみてくださいね。

 

こちらのブログではまだネット内に載っていないようなスピのお話も啓示していたりします。それは以前お話したサルのパンくんではない方のパンクンの件のように、現時点でネット内からでも検索することが出来ない情報もございます。

 

前回のブログでは秘宝という文字も載せましたが、この世には過去世から繰り返されてきた未熟脳や人間のエゴ欲によっていろいろなものを混ぜ埋め込まれ沈んでいったスピの秘宝もたくさんございます。

 

未熟なスピ者さんは低次元から派生したものから影響を受け、低スピをスピだと思い込んでいるのですが、それというのも基本である人間界とスピ世界の次元の違いというものすら見れていない状態となります。

みなさんスピ世界とは、この人類が生きている物質世界と同じような世界や次元だと思いますか。

 

スピを知らなくても3次元的によく考えれば分かるように、スピ世界の次元はこの世の人間世界の次元とは違います。

 

それを自分たちの人間世界中心、エゴ次元中心で見て混ぜていくと、低スピや人工的に造った人工スピとなっていきます。

 

こちらのブログでは人間世界の次元とは違うスピ世界側の次元やその次元の状態と同じように言語化やコード化して書いている部分もあるブログですので

こちらのブログの捉え方だけでもその方が次元の区別をどれくらいできているのかということやスピ能力レベルもあらわれます。

 

こちらのブログを一般の低スピブログと同じように見てしまい、ブログ内の中身の意味や状態、次元などを知らない方がいきなり初見でメッセージ曲から見られると、「なんじゃこのブログはー?!」と思われるかもしれませんね。 それもまだ見た目だけしか見れていない中身の意味や次元を見れていない状態でもあります。

 

こちらで載せているメッセージ曲は、スピ次元の解読方法の練習であったり、本人が本人の魂の状況や状態を知る学びの道具のひとつとしても載せております。

 

ですので、まだメッセージ曲の本当の意味を分かっていらっしゃらない方は、こちらのブログもそのメッセージ曲という道具もまだ正しく使いこなせておらず、有効的に活用もできていない状態となり、その方にとってはただの曲、人類3次元世界での曲となります。

 

シェア: 最初の方は、ユニコさんがアニメファンなのだろうと勝手に思い込んでしまうこともありましたが

それも誤解であり、むしろ三次元の現状に即して、頭を使わせる、高次元のコードを読む訓練 といった意図があるということを理解することが徐々に出来るようになりました。

メッセージ曲におけるメッセージと同様に、何がメッセージなのか考えるのが苦手な自分でしたが少しずつですが、頭を使い、考えられるようになってきていると思いますので、今後も柔軟に思考脳を使っていきたいです。

 

内観も同時にされ、そのように理解と魂の次元上昇が進まれて良かったです。スピは中身の世界でもあります。

こちらのブログは人類の3次元世界とは違うスピ世界の次元やその仕組み、法則、コードなどに沿って書いていたりもするブログです。

 

低スピ状態の方は自分たちの次元世界中心でスピ次元も同じように自己中心的に捉えていってしまいやすいのですが、現実的に考えても次元や状態や世界状況が違いますので、それらの違いの見方の柔軟やバランス練習でもあります。

 

ですので、スピ世界の次元を知らない、スピ世界を扱えていない、スピ世界の状態と人間世界の次元との違いが分からない方などは、こちらのメッセージ曲はただの曲にしか見えず、そこからスピの秘宝も見つけ出すことができません。

 

メッセージ曲の捉え方だけでもその方が中身やスピ世界の次元を見れている方なのかどうかということも分かります。

メッセージ曲の扱い方についてはまた後日説明しますね。

 

こちらで載せているメッセージ曲の意味は他には

フリーズし凝り固まっている脳内、精神内、魂内をほぐす柔軟体操であったり、脳や精神を使うことで魂の準備運動となりスピエネルギーや電気回路、電気情報伝達、柔軟性から持つバランス能力などのスピ能力の発動準備体操なども含まれております。

 

多次元的にも書いておりますので、意味はひとつではなく複数存在しており、低次元寄りの方にとってはその方の固定された見方が原因で本来ある意味を消され、意味が一つで終わってしまう方もいらっしゃいます。その単次元状態ではスピ世界は見れません。

 

人類次元と違うスピ次元世界を見るとき、初めは精神や神経を使ったりするのですが、この世の精神や神経という文字にはなぜ「」という文字が入っているのか分かりますでしょうか。

 

その神は脳内や思考などとも繋がっているものとなります。

 

低スピ状態の方はスピは精神世界であったり中身の核の世界でもあるということは見ておらず、自身の中に眠っている神部分とは遠い、それらを置き去りにした外側や表面ばかりから何かを行っていきやすくなります。

 

中身の神上げではなく、低スピのようなただのマネっこもそうですね。

 

この外側や表面だけから行う特徴、何もがんばらなくてもスピは扱えるなどという外側言動は、中身にスピ能力やスピパワーがないという表れにもなっております。

 

そのため、こちらのブログの中身の次元や意味を知らない方はブログの意味からではなく、本人レベルで捉えた表面のイメージのみからユニコなども勝手にイメージ連想されていきやすくなりますが

こちらのブログは現在の低次元界の状況中心から説明をしていたり、スピ次元世界を説明したりしているブログでもあるということを忘れないでください。

 

アニメ曲を多く載せているからといってユニコはアニヲタではありません。こちらのブログが長文だからといってスピ世界はいつも思考フル回転しなければならない世界ということでもありません。

 

まずは状況や次元も把握していってみてください。

 

曲やアニメに関しては、このブログを知らないうちの家族が見ていたりするものを使用していたりもします。 例えとして使っているエヴァやバイオなどもそうですね。ヲタではないけど嫌いではないというくらいのレベル。

 

実際のところ、ユニコはアニメ好きというより映画(洋画)などがすきです。ですが、これもヲタレベルという程ではありません。

 

因みに、たまにユニコの容姿はどんなだろうとイメージをする方がいららっしゃるみたいですが、過去ブログでの説明が分かる方はブログ内のある部分からでもユニコのある程度の容姿はみれます。 しかし、あくまで特徴ですのでそっくりそのまんまでもありません。

変容前の時代ということもありますので今現在のということになります。変容についてはまた後日ブログで書きたいと思います。

なぜアニメや映画を例えで使うのかの理由はこちら

 

ブログ内の状況や意味を理解せずにブログの見た目のみからユニコをイメージされている方はよく知らないかもしれませんが、実際の3次元生活内でユニコが好んで聴く曲とは

 

こうゆうのも好きですし

(※こちらの動画で載せている方々は特定の好きな人ということではありません) 

Roundtable Rival - Lindsey Stirling

 Kagemusha

 

このようなものも好きです。  (※ラップ、ヒップホップ、レゲエ以外)

 

Die Antwoord ”I FINK U  FREEKY” Live 2018

映画チャッピーは見た?

言葉がうるさくなく言葉が入っていないテクノビート系の電子音楽・エレクトロが好きですが、上の曲のヨーランディ(女の子)の声のように電子音と同調するような曲はたまに聴いたりもします。

 

電子音好きなのでこのような曲も好きです。

(↓特にこのDJが好きというわけで載せているわけではありません。適当に選んで載せております)

Astrix @ Ozora 2017 Turn On, 

トランスミュージックというのは、トランス状態にもなれるようなテンポや音波にもなっており、人によってはこれを聴くだけでナチュラルな脳内麻薬を出すことが出来ます。

 

【脳内麻薬とは、麻薬と似た作用を示す物質で、脳内に自然状態で分布しているものを指す。これまでに約20種類の物質が見つかっており、β-エンドルフィン、ドーパミンなどが代表的とされる。

エンドルフィンは脳内で機能する神経伝達物質のひとつである。多幸感をもたらすと考えられている。そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。】

 

麻薬という文字にするとちょっとやばい感じのイメージで捉えてしまう方がいるかと思いますので注意書きをしておきますが、スピ世界での脳内麻薬と低次元界での麻薬はまた意味や状況が違ってきますのでお間違えないように。

 

始めに簡単に書いておくと、低次元界のものは人工寄りで欲で使い方や意味を誤ったり異常化させたりもし、外側から何か余計なものを付け加えてしまうことが多いですが、高次元界のものは元から備わっている自然界からのもので、人工的なものではなく、皆さんの脳内には既にそれをもっていたりしますが、エゴ欲や未熟感情を使いすぎるとそれらの能力は覚醒しにくくなります。

 

既にみなさんの脳内にあるクリアでイノセントな自然状態のものでもあるので、いきすぎる欲望や未熟感情脳などを使いすぎている方はこれらの神経伝達物質からの幸福感が足りない状態になっていることもあります。

そのため人工的なものや人工スピ、人工ハッピーなどを追い求めやすくなります。

 

精神疾患状態をもあらわす低スピ界ではエゴハッピーや癒しを求め続けながら、本人のエゴ欲によって内側やナチュラルからの幸福感を得られにくい状態にもなっていきます。

 

低スピ界の方は癒しについてもあまり理解がなく、自らの行き過ぎるエゴ欲などによって脳内や脳内神経伝達物質などを破壊し、逆に低次元の癒しループを求め続けていきます。そして

 

低スピが低次元の麻薬中毒のようにもなり、はまりすぎている方は簡単に低スピをやめることもできず、低スピを行わなければハッピーや癒しを得られず、低スピを行わずに幸福感は得られなくなります。

 

ですので、低スピを行わなくてもハッピーや幸せでいられるかということでもその方の魂状態やスピレベルはあらわれるということです。

 

低スピ状態の方は、低スピを行っていないと幸福感を得られません。

 

癒しの意味についてはまた次回に載せていきます。

 

今回はトランス状態のことについても少しだけ書いていきますね。

 

※【】内でウィキの説明を参考例としてまず載せていきますがこちらも全てそっくりそのまんまの意味ではなく、間違っている部分や低次元界側からの見解がそのまま載っていることもあります。全てを肯定し載せているものではありません。 これもごちゃまぜ次元を見分ける学びにも活用してみてください。

 

【トランス あるいはトランス状態とは、通常とは異なった意識状態、つまり変性意識状態の一種であり、その代表的なものである。

入神状態と呼ばれることも、脱魂状態や恍惚状態と呼ばれることもあり、リハビリテーション、教育、スポーツなどの幅広い領域へと応用されている。

トランス状態の見かけの程度というのは、激烈なものから、あくびを繰り返すだけの軽度のものもあり、さらには他者からの観察では通常の状態と全く変わらないものまで、さまざまなヴァリエーションがある。

このヴァリエーションというのは地域差(文化の差)に起因していることもあるし、年齢差に起因していることもある。

 

このようにトランス状態というのは見かけには様々なヴァリエーションがあるため、研究する場合はその見た目でわかる一部の要素にこだわってしまうと重要な要素のほうを見落としてしまうことになりかねないという。

トランス状態に入るのにはさまざまな方法があり、社会ごとに定型化されていることが多い。たとえばイタコの場合は祭壇で呪文などを唱える。西アジアのシャーマンのように特殊なものを火に注いでその煙を吸う例もある。

シャーマンのトランスには、霊魂が身体から離れて異界に移動し神や霊と接触する エクスタシー型と、反対に神や霊などの超自然的存在がシャーマンを訪れるポゼッション型の2種類があると言われている。

 

トランス状態というのは、霊に憑依された時の霊媒や、心霊現象を起こしている時の霊媒などにみられることもあり、また人々が聖母マリアを目撃している最中(→聖母の出現)やイエス・キリストを目撃している最中などもこの状態になる、と説明している。

 

トランス状態においては脳ではアルファ波〜シータ波が優勢になることが知られている。】

 

トランスという意味にはその他、「反対側」「越えて」「変えて」ということもあり 対義語はシス 

トランス (化学) - 幾何異性、立体配座を表す用語のひとつ。

トランス (分子生物学

変圧器 (transformer) トランスフォーマー などもあります。

 

これらの意味からでもスピ解読できる方はできるかもしれませんね。

対義語のシスとか?

 

上記で「トランス方法や見解というのは地域によって違い一部の要素をみていると重要な要素のほうを見落としかねない」と書かれている通り、現代ではさまざまなトランス方法があり、低スピと同様に低次元によって改ざんされているものもありますので見極め能力が必要です。

 

この世で言われる全てのトランス状態が高次元のものというわけではないので、それも正しく区別してみるパターン分離ができている方は次元やスピ世界をある程度理解できているレベルのあらわれともなります。

純粋な高次元のトランス状態というのは前述のとおり、人工的なものではない自然界側からの既に人間が脳内に持っている部分から分布する脳内物質が関係してきます。

 

高次元のトランス状態に入るには呪文を唱えたり煙などの余計な道具も必要ありませんし、多次元状態を理解されている方ならなんとなく分かるかと思いますが、憑依という状態でも自己催眠状態というものでもございません。

 

ウィキで書かれているトランス状態の説明内には、低次元のトランス状態もごちゃまぜに含まれ書かれていたりします。

 

正常なトランス状態になる時にも、余計なものや欲、未熟感情などを付け加えるとすぐに低次元化してしまうのでお気をつけください。

 

低次元者さんの特徴は内部に高次元やスピエネルギーなどを持っていないので外側から何かを付け加えすぎたり外側や表面から行いやすくなっていきます。

 

スピ世界は内側の世界でもあり、人工世界ではありません。

 

高次元のトランス状態は脳でアルファ波やシータ波が優勢となり、ストレスフリーやリラックス状態に近いバランス能力も持つことになります。

 

シャーマンになりたい!という方もいるかと思いますが、シャーマンというのも低スピのように習ってなれるという存在ではありません。

占いなどを習ってもなれませんし、そもそも占い=シャーマンではないのでその見解レベルのままでは神聖なシャーマンではなく、ただの悪い低次元の魔女化をしますのでお気をつけください。

 

トランスやテクノ曲でなぜトランス状態になれるのかというのは、鼓動の音やテンポなどの関係ということもありますが、前回のアンケで書いたモスキート音のような音やスピモールス信号のような音などとも関係しております。

 

パルス波についてはシンセサイザーの音色のひとつでもあり、テクノ系の波形とも関連しております。

 

ネット内の音ってどんなですか?

光速度、音波、光波ってどんな音やテンポ?

電磁場の中を進んでいく光波ってどんなだと思いますか?

 

それ聴いてみたい!と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、スピ世界は目ではない部分でも見る次元世界のように、耳という部分で聞くのとは少し違ってきます。

 

ですので、低スピ界で売られているような音を耳で聴くだけというような表面上のものではスピ能力は得られません。

 

因みに以前ラピュタのバルスについてを少し書きましたが、ラピュタのバルスは電磁パルスの意味ともつながっていたりもします。

ラピュタではパズーとシータは低次元者である欲の強いムスカ達に純粋なものや地を奪われ悪用されないようEMPのようなものを放ちました。

シータの名はシータ波とも関連しており、パズーはθとの組み合わせによるパズルのようなイメージでしょうか。

尚、またごちゃ混ぜにしてしまう方用に書いておきますが、高次元のパルスと低次元のパルスとは状態が違いますのでお間違えのないように

 

低次元のままではパズーとシータのようなバルスや石は使えずムスカ側となってしまいますのでお気をつけください。

 

こちらのブログで高次元世界の良いところをあまり書かない理由は 低次元の特徴や欲望を考慮しているものとなります。

低次元寄りの方はすぐにムスカのように、自己中心のエゴ欲で盗もうとしたり、利己的に利用悪用しやすいためです。

 

高次元世界は低次元世界の人間誰もが必ず欲しがるものがそろっているような次元世界でもありますので、先にその高次元の癒しや高次元領域を見せるとエゴ欲感情で猪突猛進してくるので、本来の目的や意図などを見失いやすくなったりもするからです。

 

低スピ界でお金とスピを天秤にかけて扱っているという状態も既に欲が優勢となってしまっている猪突猛進状態のあらわれとなります。

 

あまり高次元領域のことについてを書いていなくとも、既に低次元界の特徴や真のスピを学んでいる高次元意識をお持ちの方は次元を知り始めているので、直接その秘宝伝を書いていなくともコード解読から見れる状態にはなっており、すばらしい世界ということはなんとなくイメージできているかと思います。

 

そのすばらしい世界ということが見れていない場合は、まだ本人の脳がどこかの部分を勘違いしているというあらわれにもなります。

 

低次元者がエゴ欲で突っ込んできて、どうしても奪いたい得たいと思うほどすばらしい領域ですので、コード化・暗号化されていたり、そのままの状態では簡単にたどり着けないようにもなっております。

 

なぜ簡単にたどり着けないかというのは、高次元側だけが創りだしているものではなく、低次元の法則は欲を持っている低次元者が生み出すように

低次元者さんがエゴ欲で真や現実や妄想や理想などをごちゃまぜに混在させ、秘宝を埋もれさせていく(DNA内にも)というような状況にもなっております。

 

そのため、スピの初期段階で自己の魂状況を知る内観や低次元界の特徴やそこから次元の違いを学べてくると埋もれている秘宝が簡単にみつけだせるようになっていきます。

 

こちらではその秘宝をみつけるための秘宝伝を書いていたりもします。

 

秘宝なのになんで見せているのかな?と思われている方は、まだ低次元界の魂についてや次元の違い、輪廻やカルマについても理解されていない方かもしれません。

 

低次元寄り状態ですと全て見れないんです。

 

スピ解読が出来る方は見つけ出すことは出来ます。

 

秘宝伝を書いているけど、ある魂レベルの方にだけしか見れない。

しかし、その魂レベルに達すれば誰でも見れる状態。

 

低次元輪廻界の状況により低次元の仕組みも存在しているため、はじめから全てをそっくりそのままでみたり、未熟脳状態のまま感覚だけを使って見ても、高次元やスピ能力や宇宙の無垢なエネルギーなどは得ることができません。

 

未熟なスピ者さんはスピは中身の精世界でもあるということすら知らず、まだ内部に神のようなエネルギーや次元も備わっていないので スピ能力がない低スピ者の方ほど内を見る内観をせず

外側や見た目や表面から行っていきやすくなります。

 

内に能力や秘宝を持っていない状態なので、なんでも外側から行っていこうとします。

 

ですので、内観ををしているかしていないかだけでもその方の次元や魂レベルはあらわれます。

 

では癒しについてを書いていきますが、癒しや幸福感、幸せやハッピーなどは人間が皆欲しがるものですが、それらはどこから得られるものでしょうか。

 

低スピ者さんは基本を学べていないので、その癒しがどこから得られるのか、なぜ低次元状態の方は癒しを求め続けていくループを行っていくのかということについてはあまりよく理解しておりません。

 

高次元の本当の癒しやハッピーというのは、低スピのように外側からヒーリングや癒しや低スピを行うのではなく内側の核で起こすような状態となります。

 

低次元寄りの方は内部核や脳や精神などにそれらの秘宝をまだ持っておらずそれらを内側から得られないので、外側からヒーリングや癒しや低スピなどを行うことが多くなっていき、行き過ぎている方は低スピを行ったり扱ったりしていないと幸せやハッピーを得られず、低スピをやめたら幸せやハッピーを得られない状態になっていきます。

 

内側に宇宙やスピとつながる秘宝や精神や神経内の神や女神などを持っていない状態。

 

内側に癒しの元がなく、外側だけで自己催眠のような状態を行っていく低スピ状態の方。理想郷や妄想、人工スピ世界内からのハイと現実世界でのロウの差異から、癒しの持続性がなく、低スピのハッピーや癒しやヒーリングを永遠に求め続けていきます。

 

その結果、低スピヒーリングサロンのループのようなものもできました。

 

高次元者は内部に秘宝を持ち、幸福感や癒しを持ち、瞑想などをしなくても常に瞑想をしている時のようなバランス状態も持っています。

 

常に瞑想をしているのではなく、瞑想している時のようなリラックス、幸福感、バランス状態にあるということなので

常にこのようなかっこをして生活をしたり家事をしているわけではありません。 当たり前ですが。

前述のとおり、高次元者はこちらの長文ブログのように常に思考フル回転で何かを考えているのではなく、とても良いバランス状態の次元内におります。

 

瞑想というのは本来、邪念や邪心を取り、バランスが取れている、リラックスしている、癒されている、幸福感を得る、というようなものとなります。

低次元界では余計なものが外側から付け加えられたりしており未熟や低次元を付け加えていくとそれらの本来の効力が落ちて埋もれていきますのでご注意ください。

 

高次元者は常に瞑想しているような状態となるから自分はまだだめか~と思われる方へ。

もちろん現在の人間界にはまだたくさんの低次元が残っておりますので、完璧に完全にできなくても大丈夫です。

低次元者さんよりもバランスを崩しにくい、内に良いエネルギー回転を持てる、低スピを行わなくても幸福感を得られるというような状態でもありますので、もし何かあってバランスを崩してしまってもいつものとおり高次元能力でバランスを整えてみてくださいね。

 

低次元寄りの方は内部核にスピ能力や宇宙エネルギーとつながる部分を持っていないため、外側からスピや宇宙のエネルギーなどを盗んでいこうとする言動を行いやすくなります。

 

何月何日に宇宙エネルギーやパワーを得られるとかこの波動を受ければいいとか(スピパワーの盗み)、低スピのヒーリング行為(他力本願)も内側にスピ能力がないことをあらわす外側からのアクションです。

パワーストーンに頼ったり呪文に頼ったり、他力本願で他人にやってもらおうとしたり、低スピの資格をとろうとしたりするのも低スピのアウトプットとなります。

 

内なるパワーからではなく外側からなんでも行ってしまう低スピ界は、いきすぎた欲望から生み出された人工のスピ世界のようなもので、偽スピのような人工世界となっています。

 

自分のエゴ欲やエゴ理想でスピを扱っていけば当然

人工スピや人工宇宙エネルギーなどになっていきますよね。

 

真のスピや宇宙エネルギーなどは人工世界や人工物ではありません。

 

そのため、人工スピをおこなっている低スピの方は本当の高次元の癒しやヒーリング、宇宙エネルギーや次元など、それらの本当の感覚もまだ知らないのでイメージがしにくいかと思いますが

 

例えば、お酒が好きな方はお酒を飲まなくてもお酒を飲んだ時のように楽しくなれるとしたらどうしますか?たばこを吸われる方はたばこを吸わなくても吸った時のような感覚を得られるとしたら?

 

あとは、みなさん最近、腹筋崩壊レベルで笑いましたか?

 

低スピを行っている方は、低スピなしの低スピを扱わない世界で笑えたり幸福感を得られますか?

 

高次元では中身が癒されている状態ともなるので、箸が転んでもおかしい、ちょっとしたことでも楽しい、赤ちゃんのようになんでも笑えたりするレベルになったりもします。

(もちろんバランス次元なのでTPOありの変な人にならないレベルの笑いです)

 

ユニコは学生時代の頃、友達の笑い方がおもしろすぎてよく友達と笑いループになっていた時もありました。

笑い方がおもしろすぎて笑うので、更に笑いが止まりませんw

これを箸が転んでもおかしい年頃なのかと思いました。

 

ユニコは周りからよく天然と言われるのですが、ちょっとしたことで笑ってしまうので、たまに家の者にも

「なんでそこで笑った???」とびっくりされることがあります。

 

「なんでそこで笑った?」とツッこまれ、笑いのつぼが違うとまた両者が笑ってしまうというループ。

 

 

低スピの方がなぜ低スピを扱わないと楽しく暮らせない、ハッピーや癒しの感覚を得られない、低スピをやめられないのかというと、精経という神の部分が病んでしまっており

 

低次元の麻薬状態となっており、依存症にもなっている状態だからです。

低スピ麻薬中毒のような状態。

自分の妄想などで現実を変えて幸せを得る中毒。

 

低スピ者さんは癒しやスピなどを扱っていながら、その癒しというものがどこから来て得られるのか、どうしてそれを求める状態になるのか

ということすら自分自身のことも癒しについてもよく知らずにそれらを勘違いをして扱っていたりします。

 

理想やエゴ欲で得るために外側から行い、同時に低次元カルマを持ち、そのエネルギーも使うことになります。

 

簡単に書くと、幸福(仮)と不幸を繰り返してループさせていきます。

 

小さい頃や過去につらい人生を送った方は、現在の低スピ行為がその過去世の体験の発端カルマになっていたりしますよ。

 

欲のカルマについては現在一番分かりやすく出ているのがZOの前澤さんが受けている状態となりますので、あの一連の流れからカルマと欲についてを学んでもみてください。

 

現在、低スピをして楽しいからいいやと思われている方は、来世今世過去世の自分や魂はつながっている世界でもあり、そのカルマは家族内カルマとしても返ってきたりしますのでお気をつけください。

 

ずっと幸福で不幸やイヤなことがなく、何もせずに癒しやハッピーが持続でき得られる高次元と、幸福やハッピーの持続性が短く、それらを得るために不幸も同時に獲得することになる低次元どちらが良いでしょうか。

 

では、トランス状態のお話に戻しますね。

 

この間、映画 ザ・ビーチのロケ地が閉鎖になってしまいましたが、混在させてみてしまう方用に書いておくと、本来の高次元のトランス状態

というのはあのような映画内にでてくるようなものではありません。

あの映画では低次元界のカルマについても学べることでしょう。

 

ですので低次元的な外側からのトランスを得ようとするとこの映画のような結末になったり、この人のようになったりします↓

人間の脳内にはもともと脳内麻薬=幸福感やリラックス感やハッピーな感覚を得られる器官や秘宝を持っております。

 

しかしそれは、人間のいきすぎる欲や未熟脳によって使えなくなっていったりもします。 人間界のウツなどは本人の強い欲世界と脳内物質とも関連しております。

 

末路には欲と外側からの自己洗脳でそれらの幸福感を人工的に得ようとしていく人工低スピにもなってもいきます。

 

人工スピではそのまま、人工(偽)となるので、外側から得ようという好意を行いやすくなり、パワーストーンやパワースポットやパワーというようなものなどにも執着しやすくなったり、呪文や儀式などに執着もしやすくなったりします。

 

クリスタル等を外側から身に着けることは、内部にそのスピエネルギーを持っていないというあらわれでもあり、内部にクリスタル化や秘宝、スピ能力などを持っていないあらわれにもなります。

 

スピや高次元などが一般の人間世界の次元とは違うように、それらや宇宙エネルギーなども本人の内部核に反応するので、低スピ状態の方の場合、本人のエゴ欲媒質によって反射や屈折をし受け取れなくなります。

 

そのスピ世界の光波などの屈折や反射はその方の内部やクリスタルのような部分の状態とも関係しております。

 

現在の人間のクリスタル化はまだ外側やそのまんまの見た目から見れるものではありません。

 

例えば、細隙灯顕微鏡などで目の奥のその更に奥の視神経とつながる内部あたりを見ないと見えないとしたら、普通に歩いていたり会っているだけでは高次元者には気付けません。

 

なぜそのままではみれないというのは映画インモータルズに出てくるおじいさんでも学べるかもしれませんね。

 

パッと見の外側や表面のみからでは見にくいですが、過去から書いてきているようにその方の深層内部や魂レベルはその方の肉体や言動によってある程度、現実に投影されます。

 

4次元スピ寄りの方は内部にスピ能力や高次元エネルギーや秘宝を持っていないので外側から行いやすくクリスタルボールなどからエネルギーや波動や波長を外側から流そうとしたり、クリスタルエネルギーを盗もうとします。

 

ラクして外側からのエネルギー操作でスピや宇宙エネルギーを得ようとするとその欲でパンドラの箱化していきます。

 

そのためその方はそのままでは永遠に自分自身が引き寄せた低次元エネルギーによって依存(低次元呪縛)され、本当の高次元スピエネルギーを得ることができず、自身を低次元領域へと呪縛されていきます。

 

なぜ行きすぎる欲や外側から盗む行為ではスピや宇宙エネルギーを得られないかということについてはまた次回でも詳しく説明をしていきます。

 

ラクをして外側からスピや宇宙エネルギーを得ようとする方はスピの盗人のような状態にもなり、スピ世界の犯罪者の履歴を持つことになります。

低スピを行いながら顔出しをしていたりするのも低スピコードやスピ世界の犯罪者状態のあらわれとなります。

ネット内のみだけではなくスピ世界にもスピ犯罪履歴を残していかれ、その履歴は本人の今世や来世や過去世などでカルマとして返還されていきます。

 

タイムリープ系などのアニメや映画で、何度過去や現在を変えてもその未来は変わらなかったというのは未来=カルマであるからで、カルマというのは本人に必ず返されるものとなっており、解消をしなければループしたり巨大化していきます。

 

人工スピ世界はお金でスピを転売することも多く、お金を取ってスピをやってもいいんだよ、悪いことではないんだよと言いながら

こちらのような赤ちゃんの人身売買などを良いことなんだよやっていいんだよといっているのと同じ状態となります。

 

低次元者が悪いことを考える発端は中身が満たされていない未熟を持っていることが要因でもあり、そのためそれらの自身の中身を理解すると、満たされたり癒しや幸福感を得られ悪いことをしようと考えないようになります。

 

お金や低次元的なものが好きな方へ。

もし今自分が欲しいものよりももっといいものや欲しいものが高次元にあったらどうしますか

 

高次元は低次元者さん全員がどうしても欲しがるものがあります。

 

ですので、それらのスピ世界や次元世界が見えていない低スピ者さんは低次元界のお金とスピをよく天秤にかけていきます。

 

クリスタルのお話しに戻しますが

クリスタルについては、キリストやクリスチャンとの関連もあり、それらは最終的にはX(エックス=未知数や未知なるもの)についてのブログで説明したとおりスピの方程式へともつながっております。

 

キリストやクリスチャン限定ということではありません。

 

クリスタル→プリズム→スペクトル→虹の波長や波動・・・・などとつながっていきます。

 

クリスタル=氷のような水晶部分やエックス(未知数・未知なるもの)というような意味もあるので、キリストという言葉が一人の名称の意味ではないということと似た意味合いにもなります。

 

過去世の低次元者さん達は外側からのしったかで、クリスタル自体にパワーがあると勘違いをし、そのパワーを盗もうとクリスタルを使ってエネルギーを得ようとしました。

 

それらの勘違いを現代でも継承している方はいらっしゃいます。

 

みなさんには元々純粋でクリアなクリスタルが保有されているというのに、自身のいきすぎるエゴ欲などでそれらを化石化させていってしまう

 

 

現実のクリスタルなどのプリズムに光をあてると虹色・レインボーがあらわれたするのと同じように、スピ世界はマトリョーシカのような世界でもあるので、それらもスピのヒントにつながっております。

 

もちろんスピ世界は科学世界ではないので、それらの3次元側からの

情報を全てそっくりそのまんまから見てもヒントはみれません。

 

クリスタルのパワーを得たい方は、外側からクリスタルを使うのではなく自己内部にクリスタルを出現させる方法をされると良いですよ。

 

それは外側から身に着ける人工的なパワーではなく、それとは比べ物にならないくらいの自然界の純粋でクリアなパワーとなっております。

 

外側からクリスタルや欲望などを持ってスピを行うと屈折しやすく低次元化しやすくなります。

 

内側から得ると余計なカルマを持たずに高次元化できます。

 

本当のスピ世界の虹色の波長やパワーなどはイラストや絵などを見て得ようとしたり、パワーストーンから得ようとしても手に入りません。

 

外側からクリスタルやスピ的パワーや宇宙エネルギーを得ようと思っても本人内部の低次元エネルギーやエゴ欲媒体によって屈折してしまうので得られません。

 

低スピ領域では、低スピ者さんが多く集まったりしておりますので、

低次元のスピの光の屈折が他の低次元者さんと接触しまくり、屈折しまくっていくので、やがてそのスピの光波は消え、ダークマターやブラックホールのような闇になっていきます。

 

そのエネルギーによって低次元者さんの魂を閉じ込めます。

 

宇宙からの光で1秒で地球を7周半する速さがあったとして、その純粋なエネルギーやスピ的な光は低次元領域に入っていけばいくほど媒体によって遅くなっていきます。

 

人間の体内の○%が水分で、血液も○%が水分、低スピの中には天然スピ石ではなく人工でつくられた人工ガラスのようなものを持っていたりするように、汚れた水やガラスの中ではかなり遅くなります。

 

神社へ行ったり御払いのような浄化をしたり、きれいな水を飲んだり低スピでキレイにしようと思ってもそれは外側からのアクションとなるので中身のスピ的な水分はキレイにはなりません。なぜなら

 

それを汚してしまっているのが本人の内部でもあるからです。

 

それではスピ的なクリスタルやレインボーエネルギーにつながるお話しを参考例も用いながら説明していきたいと思います。

 

まずはシェア記事から。

 

シェア:どっぷり4次元の世界にいましたが、目が覚めました。ここからです。虹の戦士のことについて書いてほしいです。

 

自身が4次元や人工スピ世界=低スピにいたと認識できる方というのは、エゴが強すぎない高次元意識のバランスを持たれている方です。

 

高次元意識を持っていない自我が強すぎる方は、低次元や未熟という言葉にも反応し、その言葉見たくない、何よ低次元とか未熟って!などという謙虚エネルギーがないことをあらわす怒りや未熟感情が出て読者さまのような感覚が得られません。

 

ですので、次元の違いに気付き今まで低スピにいたんだと気付けるかどうかでもその方の愛や謙虚さや魂レベルがあらわれます。

 

虹の戦士についてはどのように書かれているのかわからなかったのでネットで少しだけみてみましたが、こちらもネット内だけでみるとかなり低次元でごちゃまぜにされているようでした。

 

虹の戦士を正しく扱っているところは少なく、低次元の間違った伝言ゲームのまま伝承しているところが多かったです。

 

そしてなにより、虹の戦士ネタを扱っているにも関わらず、その一番重要な虹という意味の部分を見れていない方が多かったということ。

 

そこを飛ばしている方が多かったです。

 

それというのもスピ次元やスピコードを見れていない低次元の伝言ゲームをただ継承している状態だったためです。

 

虹の戦士の虹とは、スピ的なレベルの次元や波動や波長などをあらわしたりもします。

 

低スピを行いながら「私は虹の戦士です」と言われていた方もおりましたが、それは虹の戦士の状態ではなく虹の戦死状態で

 

低スピを行っている方の場合は、その物語に出てくる白人側にもなってしまいます。エゴ欲レベルが強くて虹エネルギーを消してしまう方。

 

低次元状態の方の 強いエゴ欲、自我、自己都合解釈で        自然界や動物達は死んでいく スピエネルギーや宇宙エネルギーも

 

高次元やスピ能力者は特別な人だけなれるというものではないように、皆さん既にそれを得られる鍵となる肉体はもっているはずなのですが、それも行きすぎるエゴ欲や未熟感情脳などを扱いすぎるとそのレインボーエネルギーはその方の媒質によって亡くなっていきます。

 

スピ世界の宝石や宝を秘宝に変え、埋もれさせていってしまうのは

低次元の行きすぎる欲望や未熟脳。

 

まずは人間界の次元とスピ世界や宇宙の次元を自分達の次元世界中心や人間界内のルールや常識のみで同じ次元世界のようにみないようお気をつけください。

 

理想や妄想やエゴ欲のみで扱うと、人工スピ化していきます。

 

高次元やスピ世界はレインボーエネルギーだけではなく進化成長しながらスピ世界のクリスタルを内部核に得ていき、クリスタルからのプリズム、スペクタル次元のようなものもあるので虹色というのもまだ途中の段階で、その先には

 

プリズムによって無限分解されたグラデーションのような多次元となっていきます。決まったコードや配列がなく自由に行き来できるような。

 

低次元のようにカラーをごちゃまぜにして闇色にするような状態ではなくきれいなバランスのあるグラデーション次元となっていきます。

 

チャクラなどを扱っている方は分かるかと思いますが、第一チャクラは何色でしょうか。  むらさぁ~き

 

ですので、まず自身の脳内のエネルギーや電気信号をどうにかしないと、そのままでは宇宙や高次、スピのエネルギーは入ってきませんし外側から浄化しても純粋に通りません。

 

尚、こちらのブログのお話しは「そのスピは低スピ状態」とスピ世界の次元を人間の言葉に言語化していっても分からない方用や、そういっても分からず、更に詳しく説明しても分からない方用にも書いている補足程度のものとなります。

 

スピの基本は今ココの自分を正しく知る内観、バランスなどでもあるということはお忘れなく。   虹の戦士のお話はつづく・・・


テーマ:

次回はスピ初級編です。

スピ的な虹レインボー・虹の戦士・プリズム・スペクトル・クリスタルなどの意味、瞑想、タイムリープなどについても少しずつ載せていきます虹

 

楓 歌詞付

 

 

↓こちらの曲は小さい子用アニメのような曲調なので、歌詞内のメッセージを受け取れるかどうかはあなた次第ハート

 

スピの秘宝が見れるか見れないかは、あなたの魂や精神や脳レベル次第。

 

現在の人間世界は欲で埋め込んでしまった為、スピ世界の秘宝を全てそっくりそのままで得られることが少なくなってきております。

 

人類が欲で埋め込んでしまったり変えてしまったという要因や原因を見れるようになってくると、その秘宝は徐々に浮き上がっていき

インディジョーンズの映画のように探し回らなくても目の前にパッと瞬間移動のようにあらわれたりもします。

 

スピ世界の次元を人間世界の次元と同じように見てしまっている方、

スピを人間世界の次元中心で見たり扱えると勘違いしてしまっている方などはまず

 

次元が違う世界ということを認識しないとスピは扱えません。

 

スピは未熟なままの感覚のみでは受け取ることはできません。

 

本人のいきすぎるエゴ欲で埋もれていってしまうこともあるので

スピを扱うにはイノセントな精神や魂も必要になります。

 

低スピ状態の方はスピは人間世界の次元とは違う次元世界という違いや、イノセントな魂や精神が必要ということも知らずに、いきすぎるエゴ欲でスピ能力やスピ世界の秘宝を自ら埋もれさせていく状態となっております。

 

未熟感情、利己的行動などによってもイノセントや高次元エネルギーは低次元に埋もれていきます。

 

それが、高次元から堕ちていってしまった人間界低次元の現状でもあります。

 

いきすぎるエゴ欲でスピを扱うとそれらは人工スピとなっていきます。

 

スピ世界は人工の世界や人工次元世界ではありません。

 

低次元は人工物が多い世界となり低スピ界は人工スピ世界ともなっております。自分の好き嫌いエゴでスピを扱っても人工スピに変化します。

 

欲から生まれた人工スピ

=低スピ・エゴスピ・4次元スピなどのナラティブにはご注意を流れ星

 

実は、こちらの曲の2番には違う次元の女神があらわれます・・・↓

 

スピ解読練習レベル:初級 

(置き換えて解読しなくちゃいけない部分が少ないよ)

イノセントな女神のお願い  歌詞付

 

カラフルミラクル 歌詞付

 

 

この曲は恋のメッセージではないな~↓↓↓

馬はいいよなぁ~音符

ぱかぱかってなぁ~ラブラブ

 

レキシはきらきら武士に引き続き、2回目の登場です。

 

レキシ - SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(チャットモンチー) 歌詞はこちら

 

 

アリータまだ見てない。

もちろん銃夢なんてものも知らん。

 

スピ解読練習レベル:中級 その方のスピレベルによっては初級

動画内にもヒントあり

Swan Song                 和訳歌詞はこちら

 

 

 

 

 

 

 

【メッセージ曲は一部の歌詞に意味があったり

一部は意味がなかったり

置き換えてみる必要もあります

(低次元界の状況の学びや解読練習あり)

 

恋の曲は恋の曲ではなくなります

 

曲を作られた方の歌詞の意味をそのままメッセージとして

載せているものではありません

 

内観・脳・精神・魂の活性化の練習

ごちゃまぜになっている低次元スピの状況を解く
柔軟に見るトレーニングにもつながっております

 

置き換え解読して見る必要もあるため

魂や脳や精神が未熟すぎる方や

エゴ欲や深層の闇が深い方の場合は

 

スピ世界側からではなくその方が見たい部分だけをエゴ欲で見やすくなるので正しいメッセージを受け取ることができない場合がございます。

 

決定的に見ずにさまざまな方向から柔軟に見て

中庸力も備えてみてください】

 

 

 

 

 

 


テーマ:

お元気ですか?

 

前回のブログでは、AIと人間とスピの関係などについてを少しずつ書きました。こちらのブログは前回の関連ブログとなります。前回ブログをお読みになられていない方はこちらから

 

最近ではAIの新時代を恐れている方がAIに人間の職を取られるから職なくなる~ヤバイと考えていたりしますが、AIが人間のお手伝いをすることは過去から決まっていた流れの一部(カルマのつながり)となっております。

 

AIに職を奪われるのではなく奪うのは低次元界の人間となります。

現在の社会の職場の状況というのは人口減少で人手不足になっているのではなく、低次元界がただ利益を求め人員削減をしているだけの体制です。

 

この低次元界ではAIも二極のAIが生まれ、未熟人間思考から生み出された未熟で悪いこともするAIと未熟な人間からではなく学習能力をプログラム内で純粋に発揮させた良いAIがいるということもお忘れなく。

 

それでは本日も青色は読者さまからのシェア内容とさせていただきます。シェア内容は個人用だけではなく大衆用にも編集しランダムに載せております。

 

こちらのブログが初見の方へ。

ブログ内容は過去から書いてきていることの補足であったりするため何度も書いてきていることを省いて書いていることもございます。こちらのブログだけで分からなかった場合は過去ブログも参考になさってみてください。

 

シェア:ユニコさんが例に書いていらっしゃったように、スピと人工知能の関連もあまりよくわかっておりません。

 

シェア:AIと人間の関係のお話のブログの中で、コンピュータは熱くなり、人間も熱を出すのはなぜだと思いますか?という問いかけがありました。私が考えた理由は、人間が作ったAIやロボットというのは人工ですが脳があり、回路は血管であり、ファンは熱を調整する自律神経?か何かというように、思考するもの、学習するものというのは同じ仕組みで成り立っているということかなと思いましたが、じゃあそれがどういうことを意味するのかということまでは至りませんでした。

 

今はそのようになんなんだろうと思いながら深く柔軟にお考えになられているだけで大丈夫です。

 

柔軟に深く考えることで脳内と連動している魂や精神やスピ能力や脳波などが発動されます。

 

難しいという思考中心でみてしまうとその時点でみれなくなりますので、まずはその思考にとらわれない柔軟力や未熟脳に支配されないコントロール能力も身につける段階だと軽く思っておいてください。

 

今現在の自分が分かっていない部分を知ることも大事なことの一つですので焦らずそのまま深く掘り下げていくとある時ぱっと簡単に軽~く答えや高次元メッセージにたどり着くことができます。

 

その瞬間も楽しみにしておいてくださいね乙女のトキメキ

 

それは同時進行やパラレル内での初めての中身の瞬間移動の実体験のようなものでもあり、心から理解したときは鳥肌に似たようなエネルギー上昇も体験できることもありますよ。


シェア:・・・・あとは、家のものに対して、このブログをたまたま読んでいるところを見られ自己成長に関する内容と答えました。本当は見せて理解してもらい気持ちもあるものの自分の未熟さにも繋がっているのですが、もし共有して誤解され、拒絶されるのが怖いと思ってしまいました。無理矢理教えたいとかシェアしたいという気持ちは無いので、敢えて伝えようとこれまでしていませんでしたが、ちょっと考えさせられるハプニングでした。

その考えさせられるハプニングは偶然たまたま見られたようにみえる必然でもあります。

 

なぜかというと、それも人間のスピや次元の学びのひとつに、次元の区別や違い、差異をみて位置を正位置(次元)を把握する、低次元界の現状を正しく知るという学びも含まれているからです。

 

そのハプニングでいろいろ考えられたように、人生やスピ内にある学びには状況や状態判断力や危機管理能力につていも組み込まれております。(低次元内を回避するためのスピ能力、スピの武器でもある)

 

ですので、無理にそのまま伝えなくて大丈夫です。それらを直接伝えるよりも3次元内のことでいろいろと一緒に学んでいけたら良いですね。

 

次元の違いの学びや状況判断能力の学びでもありますので、自身の欲や感情のみで伝えようとすると以前にも載せたこちらの動画のように双方が低スピに飲み込まれる物語ともなってしまいます↓

 

こちらの動画は過去に載せたものなので、この巨人がそのまま読者様のご家族という意味ではありません。読者さまのように冷静に状況判断をせずに低次元感情のままつっぱしってしまた場合どうなるのかという状況イメージとして載せておりますので、シェアメールの方の冷静かつ高意識レベルのご判断により、そこまでには至っておりません。

 

こちらの動画のスピ的解説は過去ブログに書いておりますので今回は省かせていただきますが、メッセージ曲の扱い方や解読方法についてはまた後日メッセージブログで載せる予定です。

 

勘違いしやすい部分だけ簡単に説明しておきますと、歌詞内の屈しないという意味はスピは初期段階ですと自分の内部との闘いとなるので自身のいきすぎる欲などに屈しないという意味でもあります)

最期の戦果 歌詞付 (再

スピはこの曲そのままのとおり他者と闘う世界ではなく、初期段階の方の場合では自身の中身に混在されている低次元や、低次元に飲み込まれている自分の脳や低次元コピー部分(DNAなど)と闘うようなものとなります。

歌詞に出てくる武器というのも、そのまんまの意味ではないのでアニメや映画にでてくるような他者を消すための3次元的な武器ではありません。

真のスピとは低次元界や低次元者を消す、敵対同士という関係位置ではないからです。 ではその武器とは何でしょう。

 

この戦果というのも他者と闘う意味ではなく自分の内部にある未熟部分との、神と神との闘いのようなものになります。

 

(※正常覚醒していない低次元状態の方は神と神との闘いにはなりません)

 

自身の中にごちゃ混ぜに混同され埋め込まれている神の魂を

うまく引き出してください。

 

【〈ことばの典礼〉から始まり〈最後の晩餐〉の遺言に従って記念する〈感謝の典礼〉が続き相互の一致のうちに神との交わりを深める〈交わりの儀〉によって頂点に達する】

 

この読者様とはギリシアつながりもあるようです。

↓映画インモータルズより  初期段階の方の魂内部 

こちらの読者様とはあるゲームのつながりがあり、そのゲームはうちの者が持っていたゲーム(DS)でずっと家にあったものでした。ある日、目の前に転がっていたこのゲームをなんだろうと目にした頃にこの方からメールをいただきました。

またしばらく放置されていて、あのゲームはあまり知らないしやったことがないからやってみようと思い、今日聞いてみたら「昨日売っちゃったよ、何このタイミング」と言われました。もちろん、うちの者はこちらのブログのことは知りませんし、ユニコも売ったことは知りませんでした。

(売った同じの買うわけないし、続編やってみようかとおもてみたけれど・・・)

これはこの方とのつながり内のパラレル移動、次元上昇などの意味も含まれております。このゲームのことをウィキで軽く見てみましたが、この後に書く虹についての意味にもつながっているようです。

 

真のスピ世界は自分の好き嫌いで扱える世界でもなく、自分以外の相手を消す、排除する、潰すという世界でもないので、まず今の人間界の段階では次元状況や状態を知り、どう対処し進んでいくかということにもなります。

 

進化成長をし始めている方はよく、低スピをやっているお友達がいるけれどどのような部分まで話してよいかどのくらいまで接していいのか分からないという課題に入る方もいらっしゃいます。

 

魂レベルや次元の違いの学び、自分の魂の現在の座標(位置

・状況・状態)把握のための学びもあったりもしますので、無理に介入過干渉をしなくても大丈夫です。

 

自分の魂レベル試しにスピ次元についてを話し合ってみても双方の良い学びになるかもしれませんが、そのあとどうなるかはその方次第です。

 

まずは状況に対応、対処できる自身のスピ能力を上げ身につけてみてください。そうすると、それらの方との対処法もすんなりわかってきます。なぜなら、低次元の特徴の学びをするからです。

 

以前、低スピ状態の特徴ブログで、夫婦でスピサロンなどを行っているところは双方とも低スピ状態。というお話しをしましたが、現時点では身近な身内は同じレベルではない設定となっております。

※現時点でのお話

 

なぜなら現段階ではまだ人間界をみても分かるとおり、未熟な二極が存在する学び途中の人類世界状態だからです。

 

それらの現実を飛ばして、楽しくラクして好きなことだけやって、ハッピーにしていればいいとスピや状況や自分たちのいる次元世界を勘違いをしているのが低スピ界です

 

次元の違いや小さな差異などが見分けられる能力、脳のパターン分離やスピの次元の違いについての解説で書いたとおり、まだ状況や自身の魂の位置(座標)を知らない方はその違いや区別や状況が正しく見れません。

 

状況が正しく把握できていないと正しい対応や対処もできなくなり、スピ世界からもずれた次元へ向かっていきます。

 

低次元状態の方の場合、全体の状況が見れていないので現在の自分の知っていることや知っている世界のみ中心から大まかにみてしまい、次元を知らないのでごちゃまぜにされていきます。

 

宗教と間違えたり、低スピと混同させ見てしまったり。

 

低スピ界で流行っていた子宮スピなどは3次元的にみても精神病状態をあらわします。

そもそもスピは肉体部分の世界ではなく中身やエネルギー世界ということを知らない未熟のあらわれでもあります。

 

ですので、肉体崇拝、偶像崇拝、場所や物崇拝などはそのままの意味で、スピ関連を扱えない未熟な魂や低次元DNAコードのままの状態のあらわれで、過去からの低次元コピーコードやそのDNAをそのままあらわしている状態となります。

 

スピの基本や初期段階(未熟段階)では、まず他人をみることではなく自身の内観中心となります。

 

内観にはさまざまなスピ能力の扉につながっております。

 

 

既に低次元で混同されていたり、ズレ過ぎている部分を正位置として勘違いし見られている低次元状態の方の場合

 

ユニコードの文字化けのように、受け取り側がスピ世界の理解や処理や対応ができない状態が現実にあらわれてきます。

 

そのあらわれが低スピ界でもあります。

 

簡単に書くと、深層にある内部核(魂など)の文字化けやバグ状態が現実に現われている領域となります。

 

スピ解読の例えや練習として、今回はユニックスを使ってみましょう。

こちらの図を軽~く観察してみてください。

この画像の形を見て、「はっ! こ、これはっ!」と分かった方はいらっしゃいますか?見た目は違えどこれについては過去ブログで違う形でも解説をしております。

 

難しいという思考のまま見られると瞬時に見れなくなりますのでその思考を持たずに、軽~いお気持ちでさらっと見てみてください。

端には年号が書かれております。

みなさんの現在の年号はどのあたりでしょうか。

みなさんが使っているスマホなどはどのあたりですか。そして

 

一番上はなんでしょう。

 

現在の自分の座標は、どの位置だと思いますか?

 

参考サイト

 

※こちらの図や例はスピ解読用、ヒントとして載せてあります。

みなさんはAIでもロボットでもありませんし、まだ途中段階の完全体ではない人類(地球人)です。スピ世界がAIやコンピュータの世界というお話しでもありませんのでお間違えのなく。

 

やりすぎ都市伝説では宇宙人とのハーフと言われている方が出演されておりましたが、そのように言われている時点でその方はスピ世界や自分の内部のことを知らない勘違い一般人をあらわします。

宇宙人に誘拐されたと言う時点でも低スピをあらわすのですがね。

 

宇宙人とのハーフや未熟なAI部分のコード混在など、それらは一部の人だけのお話ではなく、それが地球人の肉体構造の現状です。

 

現在の肉体が皆そのような状態でもあり、そのようなDNAも持っており

例外の方はおらず、今現在人間の体と血を持って生きている方全員がその混在状態を持って生きております。

 

これらを正しく理解できれば、その中から欲や未熟だけで引き出した低次元覚醒の方とその内部に埋もれている高次元覚醒を引き出し次元上昇するという状況の違いも人類選別についても理解できてくるかと思います。

 

「パラレルだから自分はそれには当てはまらない。それは自分とは違う世界だから自分には関係ない」ということもありません。

 

パラレルについては過去ブログで解説をしております。

 

ですので、自分はそれには当てはまらないという方は、簡単に書くと「現在自分は人間の肉体や血をもって生きていないのです!」とちょとおかしな人状態となります。

 

パラレル勘違いの派生版で、「一人ひとりが自分の宇宙をもっていて自分の小宇宙は他の人には見えない、自分の宇宙は違う。」というようなものもそれと同じ状態です。

 

 

では、ユニックスを例えで用いて同時にスピの説明をしていきましょう。

 

こちらではユニックス記事を転載しておりますがこれらも全て見た目そっくりそのまんまの意味ではないので、スピ的な解読(心眼)で見ることも必要となってきます。

 

それらの目とは違う部分で見るスピ世界、心眼などをお持ちでない方は全てをそっくりそのまんまからみられていきます。

 

ではどのくらい解読できるか試してみてください↓

 

ユニックス参考

【UNIX(ユニックス、Unix)は、コンピューター用のマルチタスクマルチユーザーオペレーティングシステムの一種である。公式な商標は「UNIX」だが、商標以外の意味として「Unix」、またはスモールキャピタルを使用して「Unix」などとも書かれる。

 

Unixは1969年AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソンデニス・リッチーらが開発を開始した。

当初はアセンブリ言語のみで開発されたが、1973年にほぼ全体をC言語で書き直した。このため、Unixは歴史上、初めて高水準言語で書かれたOSである。

 

1973年の段階でPDP-11に依存したコードが多く、移植性は低かったが、その後徐々にPDP-11に依存したコードを減少させ、1978年にInterdata 8/32への移植に成功して以降、徐々に他のプラットフォームにも移植されていった。

 

現在では「Unix」という語は、Unix標準に準拠するあらゆるオペレーティングシステムの総称でもある。現在ではUnixシステムは多数の系統に分かれており、AT&Tの開発停止後も、多数の商用ベンダーや非営利組織などによって開発が続けられている。

 

1970年代から1980年代の初期にかけて、Unixは大学や研究所などの教育機関で広範囲に採用され、特にカリフォルニア大学バークレー校をオリジナルとするBSD系統が誕生した。また Version 7 Unixや UNIX System V の特徴を持つオペレーティングシステムは「伝統的なUNIX」(traditional Unix)とも呼ばれる。

 

2007年に、「UNIX」の商標の所有者である標準化団体The Open Groupは、Single UNIX Specificationを完全に満たすと認証を受けたシステムのみが「UNIX」の商標を得られるとした。このためそれ以外のシステムは(ずっと以前から、AT&T版およびBSD以外を指して使われていた用語だが)「Unixシステムライク」または「Unixライク(Unix系)」と呼ばれるようになった。

ただし The Open Groupはその呼称を気に入っていない。

現在では多く使われているUnixとしてはmacOSAIXHP-UXSolarisなどがある(いずれも商用)。また認証を受けていないUnix系としてはLinux(派生OSにAndroid他)やMINIXBSDの派生OSなどがある

 

Unixオペレーティングシステムは、サーバワークステーションだけでなく、携帯機器でも広く使われている。またUnix環境とクライアントサーバモデルは、個々のコンピュータによるコンピュータ処理をコンピューターネットワークで連係されたコンピュータ処理に変革し、インターネット構築の重要な要素ともなった。

もともとUnixはベル研究所内部の開発プロジェクトであった。1973年のOSに関するシンポジウム以降、このOSはベル研究所外部にも知られるようになる。特に1980年代には、教育機関等でUnixが広がり、ユーザーが自前のツールをその上で作り、それを同僚などと共有する形が定着した・・】 更にスピ的解読をする場合はこちら 参照 : Unix

 

 

※低次元勘違いあるある注意書き:これはスピ解読用やスピコード、

例えや参考例などとして載せております。

 

スピ世界はコンピューターの世界でもAIなどが支配している世界などでもありません。

 

真のスピ世界にはこの低次元人類世界のような支配者や権力者や悪魔のようなものはおりません。

何がいるのかスピとは何か、人類や魂の歴史については過去ブログに書いております。

 

 

以前、魂のワープや瞬間移動のお話しを書きましたが、自身の魂が成長し始めている方は図の場所には乗っていないワープゾーンへの多次元エネルギーも徐々に持たれていきます。

 

低次元のままではそのゾーンへ行けない(見れない、体験できない) のでこの世の地図にはまだ啓示されておりません。

 

低スピをされている方はスピを扱っているのではなくただの低次元界のビジネスを行っているだけですので、瞬間移動や多次元にはまだ行けません。

 

高次元に上がられている方は現在の低次元界の状況把握からその場所を知っております。

 

そのような方は現在の肉体で会っていなくとも地図に載っていない約束の場所で会っております。

 

例えば上で書いたような、面識がないのに同じような共通するゲームが家に知らないうちにぽんっとあって知らないうちになくなってというようなものもそうです。

 

 

ユニックスには、Xがついておりますが

(=エックスです。 バツではありません。以下読み方省略)

 

このXはスピ的解読ではどのような意味だと思いますか?

 

このXというのも今回のヒントや重要な学びや解読方法のひとつとなっております。

 

低次元あるあるでは、このXは、悪いものという意味で捉えていきやすくなります。

 

このエックスというのは悪いものという意味ではなく未知数のようなものをあらわします。

 

アニメや映画でよくみるようなミスターXのようなイメージを連想させてしまう方はXの意味の理解ではなく×という見た目のみで悪いものと勘違いしやすいのでご注意ください。

マークや見た目だけをみてこれは悪魔の印だ。などと騒ぐ低次元の方も同じです。

 

このエックスというのはXだけで意味を成すというものではなく

 

未知数という意味になります。

 

未知数という状況がいまいちピンと来ない方は下のサイトもご参考になさってください。XとかYの意味がわかりません

 

こちらの小6の子の回答もシンプルで分かりやすいのですが、その下の方の説明も良いヒントになるかと思います。

 

こちらで使うエックス=未知数は、簡単に書くと

その方が何を入れるか、何を当てはめるかで状況があらわれたり

違ってくるというものになります。

 

簡単に書くと、低次元のまま行えば低次元が未知数に増える。例えを書くと、未熟や低次元状態の方が目やスピ的・宗教的なマークを見ると=悪魔 としてすぐに直結させてみてしまったり、その方の当てはめ方でその方の内部の低次元があらわれます。

 

低次元の魂のままこちらのブログを読まれている方がブログ難解となるのも、自身の未熟内部をそのままプラスしてみている自身の内部状況のあらわれとなっております。

 

ですので、高次元意識を持っている方や大きな愛や謙虚を持って読まれている方の場合は、その X+Y=正しい高次元の未知数の答えを導き出せるようになるため、次元上昇がしやすくなっております。

 

低次元の特徴はつよすぎるエゴや欲ですので、それらで謙虚や愛のエネルギーはつぶれ、理解ができなくなります。

 

こちらのブログは一般のブログとは違い本人の魂状況や内部状況、魂レベルなどもあらわとなるので、その方が謙虚や大きな愛を持っていれば理解できる、それらをもっていない自我が強すぎる方は読めないというあらわれもでてきたりします。

 

ですので、X(未知数を持っている本人)+Y(愛や謙虚)をプラスして見て見ることも重要となっており、ブログの見方でその方の愛や魂レベルもあらわれます。

 

こちらのブログではスピ世界の解説をしているブログでもありますので

こちらで書いているスピの方程式はここだけの決まりではなく、スピ世界自体がそのような状態となっております。

 

目ではそのまま見れないスピ世界の方程式を言語化し説明しているのですが、スピ世界のことをあまりよく知らない方や低スピ状態の方は

ユニコードの文字化け状態のようになりそのままではすんなり読めない。

 

これはこちらがその文字化け自体をつくっているのではなく、こちらは現在の低次元界のレベル中心でも書いているので、その文字化けを生み出すのはその方の脳内や魂レベル状況のあらわれとなります。

 

ですので次元が上がり始めている方は理解できる部分が多くなっていき見えてきます。

 

あまり理解できない方はスピを扱う資格はまだ持っていないので無責任にスピを盗用しないでカルマできるからということです。

 

低スピ者さんのように、自分の見たいものや好きなものだけをエゴで選択して扱っていくと、そのXはその方の低次元性を拡大しスピ方程式によって本人が現実にあらわしていきます。

 

スピの方程式では低スピ=スピ世界の犯罪者、盗人などにもなっており、このスピ履歴はふつうに3次元的に考えても見えるものとなります。低スピ界はスピ次元ではない一般次元なので。

 

低次元のままの未知数にそのまま本人の未熟や低次元をプラスしていっても、結果は未熟や低次元の未知数倍増となっていき、ネットでそれらを行っている低スピの方の場合、ネット内にもスピ世界内にも履歴が残っていきます。

 

3次元人間世界で書く履歴書は破棄できたりしますが、魂のスピ犯罪履歴は、自身のエゴで簡単に消せる隠せるというものではありません。もちろん上もよく見ております。

 

スピの犯罪履歴は、魂世界はつながっておりますので、過去未来、生前生後関係なく、家族内カルマにも引き継がれたりしますのでお気をつけください。

 

低スピにはまりすぎている方は自分が詐欺や盗人をしているスピ世界の犯罪者という自覚がない方も多いです。

 

現在の人類は過去のキリストや仏陀などの宗教時代と違い、ネットという大きな知識の道具を持っております。

 

しかし、上記のスピ方程式でも説明をしたとおり、それらと自分自身の中身を正しく扱わないと、低次元の未知数に低次元をプラスすることにもなり、低次元覚醒と高次元覚醒との二極化となっていく時代が今世の新時代ともなっております。

 

過去の未熟で改ざんされ続けてきた宗教をそのまま継承し、それを広めようとしている方は、それを広めれば広めるだけそこの神はその宗教者によって殺され、死んでいきます。

 

3次元的に考えても分かると思いますが、そこの宗教の場にその神はいなくなります。

 

そのため、そこの真の神を知っているものはそのような宗教の中にはおらず、高次元覚醒がその神とつながれることになることもあります。

 

キリスト教ではキリストは一人の人として崇められておりますが、キリストという意味もこのエックスという未知数と関係しております。    ですので、この方だけがキリストということではありません。

この姿に似た人が再臨するということでもありません。

魂の転生についてを理解された方なら分かりやすいかと思います。

 

現在、現実からみても分かるとおり、このキリストが存在していた当時と現在とでは世界や状況が全く違います。

 

何が違うかといえば現在はネット社会であるということ。

 

過去世のキリストや仏陀など当時の神のような存在は、現在のような情報網世界にはいなかったので、ある程度のところまでしか上昇できておらず現在の状況からの成長はできておりません。

 

因みに、どこで変えられたのかという仏陀から派生した過ちを一つ書いておきますと、年功序列です。

 

年功序列は逆に現在の金と権力と支配という低次元世界を大きくしております。

 

現在の世界ではネットの力も加わり、それらの情報や知識の道具と自身の道具(脳や精神や心など)を正しく扱えば、過去のキリストや仏陀などを超えられる新時代ともなっております。

 

というよりかは、魂世界はエネルギーとしてつながっておりますので もともと正しい学びや気付き、進化成長によって過去のそれらの存在を超えなければならない時代となっております。

 

※何も深く柔軟に考えていない、エゴ欲しか使っていない方や低スピにはまっているかたは過去の未熟のまま時間がフリーズしておりますのでそのままでは超えられません。

 

過去世では現代のようなネット環境もなく、狭い範囲内での口頭でのうわさや時間の止まった書物、間違った伝言ゲームなどでの伝達が多かったです。

 

間違った伝言ゲームで途中で改ざんされ、それが正当化され今に至っているものもございます。

 

低次元スピもそうですが間違った伝言ゲームは、それらを続け欲などをプラスし改ざんし続けていくと、真価や真意、真のスピエネルギーなどは当然その低次元者によって消されていきます。

 

低スピ界は低次元魂の集結や終結場所であったり、魂の収容所というようなフリーズ次元となっております。(幽霊もその次元)

 

ふつうに考えていただいても分かると思いますが、未知数エックスに低次元や未熟や欲がどんどん足されていくと低次元が増え、真が消えていき、低次元の人類世界の終わりとなっていきます。

 

何もせずに楽しいことだけをわくわくしていればいい、ハッピーを目指そうというのもこの状態です。

 

では、反対に未知数に高次元を足すとどうなると思いますか?

 

高次元の未知数となり、次元上昇という意味にもなります。

 

 

未熟や欲だけを持ち、スピを自分のもののようにして低スピのように扱うと、その方の肉体や魂が光やスピエネルギーの屈折媒体となり、接触不良や文字化け状態を生み出していきます。

 

その文字化け状態のまま無理やりエゴ欲で自己都合よく解釈しメッセージやスピをとらえていくのが低スピ界です。

 

例えの図を出すと、低スピ状態の方は自分自身が↓このような精神や魂内部状態になっていることがわからず、スピエネルギーもその中の低次元性によって文字化け化します。

 

この文字バケ状態のまま欲で自己都合よくスピやメッセージを解釈し改ざんして見られていきます。↓この文字化けで困っていますという自身の深層内部からの声も見れないという状態。

こちらのサイトの画

 

こちらのブログでは人間世界の内部魂や低次元スピ世界内の方の潜在意識部分などを↑この図の一番下の文字に言語化して説明をしているのですが、内部に低次元性が多い方の場合、内観もしないため日本語での説明もみれないことがあります。

 

高次元意識レベルの方の場合は、自己内部の魂とのシンクロ(内観で可能)やスピ世界のエネルギー同調やシンクロ状態、理解度からしてこの図のあたりまで見れているかと思います。

これは見えている範囲、見えていない次元、読めていない状況などの参考例となります。

 

自身の内部を見る内観力が足りない低スピの方は、自己内部核のバグや文字化け部分をみつけられず、低次元の法則を自身で現実にあらわにしていきます。

 

映画インターステラーを見ても学べるように、受け取り側が受信可能な精神やスピレベルではないとスピも自分の内部も正しく扱えなくなります。

 

この映画は「受信側の状態が重要」という例えの映画ですので、この映画のようにあんなに頭が良くなくても大学などをでていなくてもスピコードと繋がれるということは既に説明をしております。

 

未熟な魂ほど、すぐ目の前にあるものを見ずに遠くばかりを見つめていきます。自分のことではなく宇宙ばかりに手を出す人間もそうですね。

 

因みに、前回のアンケでモスキート音についてを聞きましたが、スピ世界のモールス信号はネットや機器内の回線音と似たような信号で届いたりもします。

 

しかしそれもスピは目とは違う部分でみるような世界のように、直接耳で聞けばいいというものではなく、それも耳ではない部分でキャッチしするような状態となりますので、特に直接聴こえなくても大丈夫です。

 

聴こえている方は世界内の状況を把握しやすくはなるでしょう。

それは声というような音ではありません。

 

低次元者さんはエゴ欲が強すぎるのでスピでもなんでも人工物をつくりやすくなります。

 

人工物世界、人工スピ世界は真ではないニセ、まがいものの世界でもあり、スピは人工世界ではありません。

 

人工世界についてはまた後日書きますが、人工スピ(低スピ)は欲で生み出した人工ものなので偽をあらわし、純粋や自然界のものに、欲で人工物(ニセ)を付け加えていけばいくほど低次元カルマは比例し大きくなっていきます。

 

ネット社会やAIが凶器になるのかどうかは低次元者さんの脳内次第。

 

それでは今度はユニコードを参考例としてスピ世界の次元を説明していきます。

 

低スピ界ではエゴ中心思考が強すぎて人間界の次元や空間とは違うスピ世界すらも、自分たちのやり方や世界、本人の脳内中心でみていき、次元の違いすらも見ていない低スピ者さんもよくいらっしゃいます。

 

次元の違いで、スピはこのような図の文字やモースル信号のような次元だとしたら、この図からみなさんはスピを知り、学べますか?

 

【ユニコード】

よくピラミッドの文字を解読している方もこのような文字見ていますよね

こちらのサイトの画

こちらのサイトの画

 

こちらのブログではスピ世界や次元、スピ方程式のことを言語化して書いておりますが、低スピ界はこれらの次元信号を読み取れないまま、それを自己解釈やエゴ欲で勝手に解釈していっている状態となります。

 

上の図のような文字を勝手に解釈して改ざんしてつくっちゃうというような状態ですね。

 

その結果のあらわれが低スピ界となります。

 

 

低次元寄り思考回路の方は、3次元世界のユニコードもよく勘違いをし間違って扱うように、道具の扱い方を誤りやすくなります。

 

例えばこのように

最強のユニコードを教えてください

 

【LINEの最強ユニコードを教えてください。

この頃いじめてくるやつがいるのでそいつを一発で確実に潰したいです。確実に一発潰せるUnicodeを教えてください!】

 

【>Unicodeとは何かわかりますか?
Unicodeで潰すなど馬鹿げた話ですね。
潰すってキモイ( ^∀^)ゲラゲラ】

 

こちらのサイト画↓

 

【悪用厳禁】送ると相手のLINEが重くなる…最悪のUnicodeまとめ

 

この題名の最悪のユニコードとは、上で説明してきたとおり

ユニコード自体のことではなく、ユニコードが最悪という意味ではありません。

 

ユニコードは低次元者がそれを誤って扱うと反転し低次元者自体やその方の内部側がそれをバケさせるので、低次元者が間違って扱うと最悪になるという意味です。

簡単に書くと、未熟者が欲やエゴでスピを扱うと最悪な世界ができあがるというようなことですね

 

では、スピ的解読部分やスピのヒントをピンクで載せていきますねふんわりウイング

 

転載

 Unicode(ユニコード)は、多言語対応の文字コードです。
日本語用の文字コードであるShift_JISやEUC-JPなどに比べて遙かに多数の文字を規格内に収録しています。

 

Unicode(ユニコード)とは、符号化文字集合や文字符号化方式などを定めた、文字コードの業界規格である。文字集合(文字セット)が単一の大規模文字セットであること(「Uni」という名はそれに由来する)などが特徴である

 

「LINE使用者の多くはUnicode(ユニコード)の意味を間違えています。Unicode(ユニコード)とは符号化文字集合や文字符号化方式などを定めた、文字コードの業界規格です。

 

ようするにPCやAndroid、iPhon,iPadでの文字は

すべてUnicode(ユニコード)です。

 

今書いた文字すべてが Unicode ユニコード です。
ですから「強力なUnicode」という使い方も違いますし
「ウイルス」でもありません

 

この文字からもスピ的解読はできましたでしょうか。

 

低スピの方の内部核の光やエネルギーの屈折、バグ、文字化け状態、そこからエゴ欲中心に自己解釈しスピを扱っていく状態などは理解できましたでしょうか。

 

それとは逆に、それらの学びで進化成長をし真価を発揮、スピ世界側からの文字化けも起こらない、光の屈折をしない光の保有者さんは

 

魂やスピレベル、次元レベルもあがっているので、時間や空間や次元をも超えていき、人類の生死の意味、存在の意味、人間界の意味や状況、スピの意味、根源、人類と自分の現在の座標、人類の行方や行くべき地点や方向が徐々にみえていきます。

 

(目ではない部分で見えてきます)

 

情報量が多いので、一気に全てではありませんし低次元が連帯しているので現段階では中身が先に上昇します。

 

現実3次元世界のAIと低次元の混在、シンギュラリティや宇宙の問題などもあり、時間があまりないので必要最低限のことから優先的に覚醒していきます。

 

なぜ見えるのか、解読できるのか、光が屈折しないのか、虹を超えるのかと言うことに関しては

 

次回のスピ初級編でまた おすましペガサス

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ