チモシーのきわみ

テーマ:

最近新しく販売された、牧草代用ペレットである「チモシーのきわみ」。

 


キラキラと目立つパッケージです。

 


原材料をみると、
「牧草(チモシー)、糟糠類、にんじん、食塩、乳酸菌EC-12」とあります。

表記がシンプルな分だけ、「チモシー以外の糟糠(そうこう)類やにんじん、
食塩が入っているのはなぜなんだろう?」と思い、メーカーの担当の方に聞いてみました。

糟糠類は、小麦ふすまや大豆ぬか、糖類などで、

ペレットを固めるつなぎの役目も果たしているそうです。

ちかごろよく耳にする「グルテン」ですが、ペレットのつなぎに小麦粉を使うことによって
そのペレットを食べてお腹の中に入り水と合わさることで「粘り(グルテン)」ができて
消化の負担になるかもしれないと言われていて、いい印象を持たれないものです。

糟糠類のおかげてこのグルテンを避けて、ほかにもねばりの原因になりうる「でん粉・穀類」も
入れずにいわゆる“ダブルフリー”で、ペレットの形に成形できているんですね。


にんじんは、よろこんで食べてくれるように、隠し味的な感じとのことです。

食塩は、たとえば人間がスイカを食べるときに塩をふりかけると味が際立つように、
味覚を際立たせるために、ほんの少量入れているそうです。

当然うさぎにしょっぱいペレットはよくないので、人間にはわからないくらい極々少量です。

チモシーに加えてこれらの原材料の追加で、食べ飽きないおいしさにしているようです。


一見すると「ん?」と引っかかるような食塩の記載。
表記をしなくてもいいくらいの量だそうですが、隠すことなく

お客さまにもきちんと説明できるためにすべての原材料を正直に開示しているとのことです。


チモシーのきわみは「牧草代用ペレット」という扱いですが、一応牧草以外のものも
入っている以上、どの子も食べ放題でオッケーというわけではなく
体重の増減や肉付きをみながら、その子その子で量を調整してほしいと思います。

牧草をほとんど食べない子には牧草の代わりに繊維質を摂ってもらうのにいいですし、
牧草をしっかり食べる子は、健康的で安心してあげられるおやつとして

食べてもらうのもいいですね。


 

 

 

 

 

今日は福太郎ちゃんがグルーミングに来てくれました。

 


少し前に調子を崩していたのですが、完治して落ちついたとのことで

連れてきてくれました。

 

 

いつも通り、元気に走り回る姿を見せてくれました。

ず~っと動き回る子です。

 

 

 

 

お客さまと話をしていて、「あれっ、福ちゃんの走る音が聞こえない」と思って見にいくと、

 

 

ででーん、と真ん中でリラックスしていました。

 

元気になってよかったね!

 

※明日、11月29日は「動物取扱責任者研修会」のため

17:00からの営業です。

 

instagram、twitter、Facebook、Pinterestやっています。

instagram

twitter

Facebook

Pinterest

ホームページ → http://rabbit-rocca.com/

 

 

 

〒816-0931

福岡県大野城市筒井5-3-3

Tel:092-776-5469

うさぎ専門店ろっか

 

営業時間 平日12:00~19:00

    土日祝日10:00~19:00

定休日:木曜日




にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村