インタビュープロフィール「集客できる整理収納アドバイザー」 | RAKURASHI〜3兄妹×狭いマンションでも日々の暮らしをラクに楽しく!〜

RAKURASHI〜3兄妹×狭いマンションでも日々の暮らしをラクに楽しく!〜

整理収納のコツ、BeforeAfterをメインに、家事育児で多忙な主婦の皆さんにとって日常が少しでもラクに為に、ズボラでも狭いマンションでも効率よく家事育児を回せるようになる片づけや時間管理など暮らしをラクにする為にやっているひと工夫をご紹介しています


テーマ:

2男1女の母、ズボラでも狭いマンションでも日々の暮らしをラクに楽しく!

暮らしと片づけコンサルタントの井上知恵子です。

 

暮らしと片づけコンサルタントで数々の宅をコンサルティングしている私も、

やはり仕事上、自分のコンサルを受ける事を大事にしています。

 

今、コンサルをお願いしている株式会社ジェネラリスタ代表の上田涼子(kikka)さんから

インタビュープロフィールが上がって来ました!
kikkaさんについては改めて色々ご紹介したいので別記事で熱く語りたいと思います。笑

 

ーーーーーーーーーーーー

 

「集客できる整理収納アドバイザー」として関西では一目置かれる存在である、RAKURASHI代表・井上知恵子さん。その人気秘密を、彼女のこれまでの経歴と共に振り返った。

 

 

幼少期から、筋金入りの「インテリア&整理収納オタク」

 

井上さんは、物心ついた時には既に部屋の模様替えが大好きな少女だった。小三でカーテンを手作りし、ローテーブルを親に頼み込んで買ってもらい、部屋をペパーミントグリーンでコーディネートしたこともあった。

 

インテリア関連の専門学校に入学した頃には、友人から「私の家に合う収納グッズを選んでほしい」「部屋を片付けてほしい」など相談されるまでになった。それほど、井上さんのインテリア・整理収納好きは周りに知られていたのだろう。

 

ただただ楽しくて求めに応じていたが、まさかそんなことが仕事になるとは当時は思ってもみなかったという。

専門学校卒業後、建築パースを描く仕事に従事したが、その後DTPデザイナーへと転職。

 

そのかたわら、変わらず友人や同僚の整理収納の相談に無償で乗り続けていた。そのうちの一人に「こういうことを仕事にすればいいのに」と言われ、半信半疑でネットで調べてみたところ、ハウスキーピング協会の整理収納アドバイザーという資格の存在を知った。

 

資格があるということは、仕事にできるんだ……!そのことを知ったときの衝撃は、とても大きかったという。

 

 

結婚、三度の妊娠出産……整理収納を仕事するまでに

 

 

その後2003年に結婚し、2005年に長男出産。

 

専業主婦になっていたことと、当時まだ整理収納アドバイザーの資格は東京でしか取得できなかったことなどもあり、先輩同業者のブログを読み込んで独学で知識を身につける日々が数年続いた。

 

2007年に長女が産まれると、子どものモノが格段に増え、自分の家を片付けるのがしんどく感じるようになる。そこで長女を2歳で保育園に預け、近所のすき家でアルバイトをしながら勉強のためのお金を貯めた。

 

当時関西で子連れOKの講座はほぼ見つからず、思うように学びに行けなかったことが、今のRAKURASHIの「子連れOK」というコンセプトにも繋がっている。

次男の出産を控えた頃、整理収納アドバイザーの資格認定制度が改定されることを知り、その前になんとか駆け込むべく次男生後2ヶ月で2012年に2級資格を取得。興味があったらまずは資格取得に励む、という人が多いなかで、井上さんは真逆だった。

 

幼少期からの興味関心、無償とはいえアドバイスの実績もあり、長年ブログを読んで研究もしてきた。資格さえ手に入れば、堂々と仕事としてアドバイスができる!と、井上さんにとって資格は「最後の砦」だったのだ。

 

2級取得の時点で開催し始めた簡単なお片付け講座は、場所は公民館、受講料はワンコイン。それでもDTPデザイナーの経験を活かして作ったチラシの効果もあり、講座は満席が続いた。

 

その受講生のなかから「うちの家に片付けにきてほしい」「もっとしっかり整理収納を学びたい」というリピード需要が生まれていった。

 


そして2013年に待ちに待った1級資格を取得し、活動を本格的にスタート。

 

このとき、何年もお片付けブログを読み込んできた経験がとても役に立った。どういう文章を書けば読みやすいか、どんな写真があれば伝わるのかといった「徹底した読者目線」での発信が功を奏し、本格始動から間もなく講座受講や片付けサポートの依頼が途切れず続くようになった。

 

ブログランキングでは片づけ・収納ジャンルで常に上位をキープするようにもなった。

 

現在RAKURASHIのスタッフとして共に働くメンバーからも「当時は知恵ちゃんを目標にしていた」「同じ時期に資格を取ったはずなのに、なぜ私と違って彼女はうまくいっているのだろう?と思っていた」と言われるくらい、確実に存在感を増していっていた。

 

 

大人気講座を、突然休講にしたわけ

 

 

しかし2015年、井上さんは大きな決断をする。毎回キャンセル待ちが出るほどの人気だった「暮らし塾」を一度休講にしたのだ。

 

自宅に受講生を招き、収納見学をしてもらうことがウリでもあったこの講座。開講のために、自分が納得できるレベルで毎回部屋を片付けるのが苦痛になっていたのがその理由だった。

 

三人の子どもたちはどんどん成長し、「母親一人が片付ければなんとかなる」時期はとうに過ぎていた。

 

 

整理収納のプロとして、こんな家に人を招くわけにはいかない……。同時に、「人の期待に応えるために片付けること」への違和感も大きくなっていく。「住む人がラクに楽しく暮らせること」がRAKURASHIの屋号の由来でもあるのに、自分自身がそれを体現できなくなっていたのだ。

 


ちょうどその頃、井上さんが長年ブログを読み憧れていた橋口真樹子さんが《一般社団法人親・子の片づけ教育研究所》を理事として立ち上げられた。「片づく仕組み」を作ることで子どもが自発的に片づけるようになる、という《親・子の片づけインストラクター講座(通称:ファミ片)》に、井上さんは飛びついた。

 

これまでも自分なりに工夫しやってきていたことを体系立てて学べたことで、自分のなかで点が線になるのを感じた。同時に、「受講生の目を意識して、片づけ過ぎる」のも止めた。

インテリア雑誌やインスタグラムなどの影響で、受講生も目が肥えている。同時に「ここまで綺麗にしなきゃいけないんだ……」というプレッシャーを感じている人も少なくない。これまでも自宅に訪れた受講生には「(整理収納のプロなのに)こんなザックリでいいんですか?」と驚かれることが多かったというが、それより更にハードルを下げることを意識した。

 

写真映えを意識した「綺麗な収納・インテリア」は、時として見た目重視で使いにくかったり、維持や再現にひどく手間がかかる場合がある。でもRAKURASHIの由来は「住む人がラクに楽しく暮らせること」。あくまでも住んでいる人目線に立った、本当に使い続けやすい整理収納づくりにこだわろうと、原点に立ち帰ったのだ。

 

 

リニューアルした「暮らし塾」

 

単発の講座では、片づく仕組みづくりを本気で身につけるのは難しい。片づけに必要な思考回路をインストールするには、やはり時間を掛けてサポートしていくしかない……。そんな想いで2018年に開講したのが「暮らし塾 3ヶ月講座」だ。

 

大人気だった講座を連続講座として大幅にリニューアルし、「一生モノのお片づけ脳」をインストールできるようなカリキュラムになってる。これまのべ368名のお片づけサポートの現場経験があり、整理収納アドバイザーも多く輩出してきた井上さんだからこそ提供できる講座内容だ。

 

資格を取得したばかりのアドバイザーが、独り立ちのために受講することも少なくない。「同業者お断り」の講座も多いなかで、経験豊富な先輩の講座を受講できる機会はとても貴重なのだ。

 

 

現在、第一期・第二期が開講されている「暮らし塾 3ヶ月講座」。受講生からは早速「こんなにも色々な事がスムーズに進むのか!と驚くことばかりでした」「学びに行っても本を読んでも家では出来なかったのですが、家庭教師の様に“何時でも個別で遠慮せずに聞ける環境”が、片付けられない私にはとても良かった」といった嬉しい声が届いている。

 

ただただ模様替えや収納を考えるのが楽しくて、無償で友人にアドバイスをしていたあの頃。整理収納は学べばきちんと身につく「スキルや技術」であり、立派な「仕事」だと、今の井上さんは胸を張って言える。家を片づけたいという人にとっても、整理収納を仕事にしたいという人にとっても、RAKURASHIはますます心強い味方になっていくに違いない。

 

インタビュアー・文責

 

上田涼子(kikka)

 

 

 

 

◎プロに片づけて欲しい方

【お片づけサポート】

 

◎自分で片づけが出来るようになりたい方

【一生使える片づけ力を身につける!暮らし塾三ヶ月集中コース】

 

◎子どもの片づけ、関わり方について学びたい方

親・子の片づけインストラクター講座の詳細、開催日程はこちら

 

 

↓応援ポチっとお願いしますaya
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 
人気ブログランキングへ

 

RAKURASHI(らくらし)代表

整理収納アドバイザー/暮らしと片付けコンサルタント

井上知恵子プロフィール

お問合せ、講演のご依頼はこちらより

 

友だち追加

二男一女の母&整理収納アドバイザー 井上知恵子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント