【子どものお片付け】どうしたら出来るか?を一緒に考える | RAKURASHI〜3兄妹×狭いマンションでも日々の暮らしをラクに楽しく!〜

RAKURASHI〜3兄妹×狭いマンションでも日々の暮らしをラクに楽しく!〜

整理収納のコツ、BeforeAfterをメインに、家事育児で多忙な主婦の皆さんにとって日常が少しでもラクに為に、ズボラでも狭いマンションでも効率よく家事育児を回せるようになる片づけや時間管理など暮らしをラクにする為にやっているひと工夫をご紹介しています


テーマ:

ズボラ・3人育児中・狭いマンションでも日々の暮らしをラクに楽しく!
暮らしと片づけコンサルタント、個性學インストラクター井上知恵子です。

 

 

お子さまのお片づけサポートに行ったときのこと。

子どもの収納を考える際に参考になると思います。

 

 

モノを元に戻すのが苦手なお子さま。

 

現状で難しいと感じる部分をしっかり確認しながら

一緒に「どうすれば出来そうか?」を考えて作業。

 

勉強スペースでは、教材を手前の立ち上がりがあるファイルボックスに

入れることが難しかったようで、戻さずに手前に置いてしまうという現象が見られました。

 

同じ収納用品でも、

人によって扱いやすいかどうかは全く違うので、

きょうだいでも方法は一緒で良いとは限りません。

 

今回はファイルボックスは保管用にして、

良く出し入れする教材はブックエンドのみで差し込めるように変更しました。

 

オモチャ収納に関しては、良く使われている某ショップの収納家具が、

子どもには扱いにくいのでは?と指摘させて頂きました。

 

溝にボックスをはめる動作が難しい

そして、そこそこの重さになってしまうボックスを持ち上げるのも難しい

 

奥様とお子さま両方の意見を確認して思い切って、使わない選択をすることになりました。

 

量も少なかったので同じスペースにボックスだけを並べる、

という至ってシンプルな方法に変更。

 

もちろん、中身は細く分けずザックリでOK、

分けたければ自分で分ければ良し。のルールです。

 

親目線で考えると、種類別に細かく分かりやすく…と考慮したつもりが

実は反対の結果になってしまうことって多いんです。

子どもは想像以上に不器用ですから、徹底して簡単な収納方法にする必要があります。

 

お洋服は、引き出し内の「仕切り」が細か過ぎて戻しにくいと判明。

入口が小さいから戻しにくいようでした。

※写真は我が家で再現してみました。

 

小さな仕切りは外してしまって、ザックリ収納に変更する事に。


ちょっと大げさですが、こんな感じ。

 

子どもって、これぐらいの余裕がないと、片付けられません。

 

仕切りも使い方一つで、片付けにくい原因にもなるし、

片付けやすい解決策にもなるので難しいところかもしれませんね。

 

 

お母様も一生懸命考えて工夫されていたのですが、

やはり固定観念や「キチンとして欲しい」と思う母心が邪魔してしまうものです。

 

私も我が子にはついついキーキー言うてしまいますからね。笑

 

色々考えたのに、どうして出来ないんだろう?と思ったら、本人と一緒に

 

「どこが不便なのか?」

「どうしたら出来るようになるか?」

 

を考えてあげるといいですね。

 

そして、それも試験運用してみなければ出来るかどうかは不明ですから、

試行錯誤してみる必要がありますし、

子どもの場合は成長過程で出来るように変わる事もあります。

 

我が家も大人子ども関係なく、細々した部分は常に試行錯誤しています。

 

 

 

<講座一覧>
2/21(木)新1年生の『できる!』を増やす「子どもスペースの作り方」@新大阪会場

満席御礼!2/26(火)新1年生の『できる!』を増やす「子どもスペースの作り方」@北区会場
 

※開催確定!必ず受講頂けます
3/5(火)親・子の片づけインストラクター2級認定講座@新大阪

 

 

◎プロに片づけて欲しい方

【お片づけサポート】

 

◎自分で片づけが出来るようになりたい方

【一生使える片づけ力を身につける!暮らし塾三ヶ月集中コース】

 

◎子どもの片づけ、関わり方について学びたい方

親・子の片づけインストラクター講座の詳細、開催日程はこちら

 

 

↓応援ポチっとお願いしますaya
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 
人気ブログランキングへ

 

RAKURASHI(らくらし)代表

整理収納アドバイザー/暮らしと片付けコンサルタント

井上知恵子プロフィール

お問合せ、講演のご依頼はこちらより

 

友だち追加

二男一女の母&整理収納アドバイザー 井上知恵子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント