知能心理学を探求するブログ

知能心理学を探求するブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
学校で行われるテストの成績は、一般的に頭の良さを示しています。
これは、IQの高さと結びつけているものです。

心理学における知能の定義にはさまざまなものがあり、知能心理学におけるIQとしては言語性知能、動作性知能というものがあります。
ここから、それぞれの種類について知能を測ることになります。

言語性知能は理解、計算、記憶という部分について測るものです。
動作性知能は図形、記号の処理といった部分を測ります。

どちらが低いかについて見分けなければ、不適切な対応となる可能性もあります。
言語性知能から言語の運用や理解、暗算、抽象語の説明や理解について平均的であるのか優れているのかといったことがわかり、数字が高ければ高いほど優れているということになります。

知能心理学では動作性知能が低ければパズルや漢字を苦手にしていることが多い傾向にあります。
該当する人はものの見え方が普通の人と違っていて、たとえば漢字が記号にしか見えないために、書くことも得意ではありません。

動作性知能が低い人に努力を求めても無理があり、無理強いすることで二次障害までも引き起こされかねません。
たとえば漢字を苦手にしている人は努力が足りていないととらえられがちですが、努力ではどうすることもできない場合があるのです。

知能心理学ではこうしたことも考慮して、対応しなければならないとされています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス