第二志望・私立高校を決める | 子どもの絵を永遠の想い出として残しませんか?

子どもの絵を永遠の想い出として残しませんか?

子どもの絵や写真をデザインして世界にひとつだけのオリジナルグッズづくりをしているイラストレーター“りゃん”のブログ

 

 

 

第一志望公立高校はすぐに決まったのに。
第二志望。すべり止め私立高校がなかなか決まらなかった。
  
  


『これ』っていう本人の条件はハッキリ決まってるもんだから、

それをクリアした某高校を見つけ

本人は「もう見に行かんでもそこにする。」

と決めるつもりでいたみたいなんだけど・・・
  
  


受験に詳しい友達が、

親子共見もせずに決めたその学校に関して相談に乗ってくれて。
『ここじゃなく他校を検討してみた方がいい。

すべり止めの私立校こそ しっかり見て・納得して決めるべし。』

と助言してくれたもんで、もう少しちゃんと私立校を巡るぞと、

親子旅が始まった(…言うても結果計3校(≧▽≦))。
友にはほんとに感謝感謝✨✨
  
  


さて。
しょっぱな行った某私立高校。
よっしゃここで決まるやろー!と思っちゃってたのだけど???
  
  


こうして実際の反応見てみると、

最初は見ずに決めようとしてた下子が恐ろしいぜ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しく、『校内見学 → 学校説明会』という順序の学校だった。

下子がここまで拒否ったら 何を言ってももう無理か~と

イヤがるその理由を聞いてみると・・・

 

 

 

「なんかっ・・・なんか、お金持ちの感じがする!!」

 

 

 

 

・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

言葉としてはちょっとニュアンスが違うが、

何だかわかるような気はした。

も『おおお~✨』と 施設の素晴らしさを目の当たりにしながらも、

どう~~~しても下子がこの場で過ごしてる姿を

想像することができなかったのだ。

 

 

どう~~~しても想像ができなくて、

校内を見学しながら一生懸命一生懸命

『♬ 届け!!♪』

と頭の中であの歌を響かせていただんだけどね~

自分のテンション上げようと。

 

・・・あ。学校名バレた?(≧▽≦)

かあちゃんとしては、

優勝したまさにその年に見学できて良かったっす( ̄▽ ̄)

(そんなツアーじゃないっつーの!)

 

 

 

母の感想としては・・・

『この逸材』と思った生徒にはとことん手をかけてくれるだろうから

お互いに相思相愛ならいいけれど、

下子のような生徒には全く用がないだろうなあ。

『これで失礼します。』と告げた時のあの冷たさよ。

下子はそういうの、本能で感じ取るから・・・

 

 

 

 

それにしても

お金持ちの感じがする!!」

ってさ・・・・・・・( ̄▽ ̄:)

 

 

上子ならそれがOKの理由になったりするのに、

姉妹でもほ~んと違うもんだ・・・