ヤクルト→ロッテ→中日 内藤 尚行さん | プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

ギャオス 」 といえば、この選手



ヤクルト → ロッテ → 中日 内藤 尚行 さん です!


マウンド上で、「ギャオー!」と雄たけびを上げるパフォーマンスをみせてから、愛称が「ギャオス」になりました。


1986年 愛知県にある、豊川高校からドラフト3位でヤクルトスワローズに入団。背番号は「53」


同期入団には、土橋 勝征 選手、飯田 哲也 選手 がいました。


入団2年目から中継ぎとして活躍し、1989年には12勝8セーブを挙げ、オールスターゲームに出場します。


内藤さんの印象に残る対決といえば、この方じゃないでしょうか。



篠塚 利夫  さんです。


1990年 就任して間もない野村 克也 監督に開幕投手を任された、内藤さん。


3対1で迎えた8回 ランナー2塁で、左バッターボックスには、篠塚さん。


ライトポールぎりぎりの打球が、1塁塁審によって本塁打と判定。一気に同点となり、内藤はマウンドでうずくまりました。


結局、延長戦の末、ヤクルトは負け。


スローでは、明らかにファールだったような・・・。



1991年も開幕投手を任せられるものの、蓄積疲労が抜けず、登板は18試合に。


1992年も先発、抑えとオールマイティに活躍していたものの、シーズン途中に離脱。日本シリーズ登板はなりませんでした。


そして、1995年



青柳 進 捕手とのトレードで、千葉ロッテマリーンズに移籍。


開幕してすぐに、先発ローテーションに入り、3勝を挙げるものの、怪我で戦線離脱。


なかなか思うように活躍できませんでした。


そして、1996年 与田 剛 投手とのトレードで、地元愛知の中日ドラゴンズへ移籍。


ここでも中々活躍することはできず、1997年 29歳で引退しました。



引退後は、ラジオ日本を中心に解説・評論活動をし、2013年-2014年は、新潟アルビレックスBCの監督を勤めました。


現在も再び解説者として活躍中。


熱血な話し口調は、一発でギャオスさんだと分かりますね。

かわさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス