このblogを読んで気が楽になった、
怖いけど楽しいと言われる方々がいる事に
感謝しかない。

何度か書いているが誰も読まないし、
知りたがる人はまずいないだろうということで
最初は名前さえ書く気がなかった。

そのうち色々な方々からコメントを頂いたり、
メッセージを頂くようになったので、
いつまでも名無しの権兵衛では流石にまずい
なぁ~ということで雫と名乗るようにした。

一滴の水(雫)が1つに集まるとやがて川となり、
そのうち海になる。

それと同じように誰かに何かが届けばいい。
仮に届かなくてもいずれ何かあったときに
振り返るためのメモ帳だと思えばいい。

それくらいの浅い気持ちで名前を
『雫』としてみた。


いつまで続くかわからないけど、
気負わずにのんびりと書こうよ!
と自分に言い聞かせています。

(^_^)


で、ここから本題。

blogを読んでくれたり、
メッセージをくれる方の中には
自分には価値がない、
いるだけ無駄だと思う(考えている)人は多い
けど、本当にそうなの?

あなたの中には理想としている自分(あなた)
がいて、
その理想としている自分(あなた)からみたら
価値がない、いるだけ無駄だと思って
いるだけでない?

かなりキツイことを言って悪いけどね、
本当にいらない存在ならこの世にいないよ?

産まれてくることはないとかではなくて、
もっと厳しいことに『あなた』という魂が
存在することを許されないわ。

(≧∇≦)b消滅刑よ~♪

産まれてこられなかったとしたらそこには
必ず理由があるもんや。

科学的に言ってしまうと遺伝子上の問題が
あったり、
なんらかの理由で成長がストップしたり、
病気や経済、犯罪などの理由があって
堕胎せざるを得ないこともある。

霊的な見解で言ってしまうと
母胎や家族を護るために産まれてくることを
拒否したり、身代わりとしていなくなる
(例えば悪霊に喰われる)ケースもあるもんや。


そういう意味でもこのblogをいま読んでいる
あなたがいらない、いるだ無駄かどうかは
周囲が決めるものや。

それになによりな、
いらない命なら自然界が淘汰するで~
(≧∇≦)b


そんなわけで~私はいらない存在と思う
あなたの気持ちや考えほどいらんわ~。

前をお向き~。

今の生を終える時が来たらな、
嫌でもお迎えはくるわ~。
その時にどんなに抵抗してもそれからは
逃げられへんで~

ニヒヒイーヒッヒッヒッヒ!