昨日は実家の母と妹が新居を見にきた。
母は、50歳過ぎた娘が、家を無くし、団地暮らしするのが悲しいと泣いていたので、そのことに親不孝してるなぁ。と胸が痛んでいたけれど、
貴女の暮らしぶりに安心しました。とメールがきたので、ほっとした。
妹の旦那さんは何もしない人なので、羨ましい。私もこんなお気楽な暮らしがしたい。と言って帰って行った。
不満を抱えながら結婚生活を続けるか、覚悟を決めて、子供とストレスなく暮らすかは、どちらが良いと断言できないけれど、どちらにしても、自分で自分を幸せにする力を身につけないと、望む生活は手に入らない。
生きてくってことに悩みや、不満はつきものだから、それならポジティブに、より日々を楽しんで生きた方が結局は得だよね。
今日も朝日に照らされている。
生きてる。仕事に行ける。ご飯が食べれる。
子供が元気。
幸せの種はあちこちに落ちている。
より、幸せの種を見つけて、喜びを感じられる人が人生の勝者だと思う。
そこには、家が広いとか狭いとか、旦那さんがいるとかいないとか、それはおまけみたいなもの。
人は1人で生まれて、1人で死んでいく。
自分を生きる。
自分を生ききる。

人に振り回されないでいこう。

あなたは、あなたが大切ですか。
あなたはあなたを信頼していますか。
あなたはあなたが大好きですか。


その答えが、目の前にある現実だよ^_^