こんにちは

ツルカワです。

 

ちょいと私用で

関西に出掛けたりと

バタバタッとしていましたツルカワです。

今回初めて

帰路を夜行列車にしたのですが、

いいもんですね、あれは。

闇に響く揺れを

自分の旅路を刻むリズムに感じたり

車窓からの日の出の光景に心震えたりね。

 

それはともかく帰宅し

カレンダーを見れば

あと一か月に迫っていました。

 

ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリー

1周年記念展である

ななついろ洋品店 さん個展

「きみを見つけた、スターゲイザー」、です。

 

今日は、こちらの個展を開催するにあたり

作家である

ななついろ洋品店さんが

綴ってくださった「物語」を

お読みいただきたく存じます。

 

では

どうぞ。

 

 

 

『きみを見つけた、スターゲイザー』

「たくさん」の中から、自分だけの大切なものを見つけ出すのは難しい。

朝が来て。
目を覚まして。
蛇口をひねり、水を受けて顔を洗う。
歯を磨き、鏡に映る目尻のシワにショックを受ける。
食パンにバターを塗り、トースターに入れる。
ただ、流れる画一的なテレビは、ただの見易い時計代わり。

誰かが決めた「大切」をたくさん流している。

「大切」だというのに、どうして私は「大切」を受け入れないのだろう。

私は、この世界にとっての「大切」ではないのでしょうか?

 



真っ暗な時間になって。
わらわらと蠢く電車に飛び乗って。
傷だらけになった、黒いエナメル質の足先にため息をつく。
ぎゅうぎゅうの彼らは、手に収まる板に夢中で。
電子の海に、自分を投げ続けている。
いついつまで、この日々が続くのか終わらないのか、私には分からない。

ただ、繰り返すことで、感覚器が麻痺したことには気がついている。

車窓から見える。
帰り道を照らすのは。

蜂蜜を垂らした満月
寄り添った木星
青い星を回る人工衛星
名も知らない、過去からの星光

ひとつでも、私だけの「大切」はありますか?

 

その答えは、最期に目を閉じる瞬間にしか分からないでしょう。
そのときにすら、分からないかもしれないでしょう。
そのような、不確かな希望かもしれないけれど。

でも、諦めなければ-星は見つかる-

スターゲイザー
甘いけれども、どうか私は小さく信じていたいよ。

信じさせて、スターゲイザー。

 

 

いかがでしょうか。

何を感じましたか?

何を想いましたか?

 

ツルカワの感想を、少しだけ…。

 

この物語からまず感じるのは

日々、あらゆるものから

その細やかな感性に

鋭利に突き刺ささり続ける痛み、でしょうか。

 

痛み。

それは本来ネガティブなものなのかもしれません。

 

ですが、ななついろ洋品店さんの作品は

そのひりひりとした痛みも美しさの輪郭にしてしまう。

 

そう、彼女の作る作品は

まばゆいほどに、美しいです。

でも世のすべてのものがそうであるように、

甘くきらびやかなものだけでは

「美しいもの」は、できていない。

 

それに気づかされたとき

ツルカワは見えるように思うのです。

この不確かな世界のどこかにある

ぽわん、と浮かぶ「大切なもの」の、美しい星のひかり。

容易には手に入らない、

でも、確かに何処かにある、星。

 

その星を裸足のまま

手探りで、少しずつ、歩みを深め、探していくこと。

 

それが「生きていく」ってことかな、と思います。

少なくとも、ツルカワはそう、信じたい。

 

 

長い感想になってしまいました…。

きっと、お読みになった方、

それぞれの感想があることでしょう。

 

もしなにか感じるものがあったら

ぜひ展示に足をお運びいただければと思います。

 

最後にひとつだけ補足。

スターゲイザー、とは「天文学者、星を見るひと」の意。

転じて「夢想家」って意味もあるそうです。

…そんな意味深な単語をタイトルに選んだことからも

何か感じていただければ、幸い。

 

DMご希望の方は記事の下部をご覧ください。

お届けしますよ。

 

ツルカワでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■DMご希望の方はギャラリーHPのお問い合わせフォームからご連絡ください■

ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリー 1周年記念展
 
​ななついろ洋品店 個展

2018年6月23日(土)~7月1日(日)※27日(水)休廊
『きみを見つけた、スターゲイザー』
 
…「たくさん」の中から、
自分だけの大切なものを見つけ出すのは難しい。
でも、諦めなければ-星は見つかる-
たった一つの光のような装飾品をあなたに。