こんにちは
ツルカワです。
 
2017年が終わりますね。
あまりにもいろんなことが
ツルカワの生活に起こりすぎて
 
感覚ではまだ9月くらい?
おかしい時の流れが早すぎる…。
 
でもまごうことなく
もう年の暮れなわけで。
そんな今年のことを
ザーッと思い出してみようかと。
 
{82014E69-BD6B-48D9-B2CA-0E40A722BD01}
 
まずはギャラリーを作りオープンしたこと。
今年、といえばこれ。
故にツルカワの人生上
とっても重要な年であったことは
間違いないです。
 
誰がきてくれるかなぁと開いた
プレオープンは5月。
オープニング企画は
6月の生意気猫のいるお店Piena さんによる
「みどりみちる はじまりの森」。
それを筆頭に
「旅する星座絵」
「日々さんとミトンさんは仲良しさん」
「君住む街に粉砂糖をひとさじ」。
 
外部企画では
高橋まやさんの
「高橋まやのひとり実験室
East Forest L aboratory」もありました。
(詳しくはHPをご覧くださいね)
 
{825E170D-547F-461A-9434-E34DB0478865}
 
賑やかな日
ゆっくり時間が流れる日
台風の日
心地よい天気の日
 
いろんな日がありましたけど
最初の心配は杞憂で。
いろんな方々が訪れてくれました。
作家さんのファンの方、
近所の方、
ふらりと立ち寄ってくださった方、
【 Plum Tree】の企画時からずうっと
来てくださいます方、
東林間散策の途中の方、
ギャラリーを知って来てくださった方。
 
そりゃ
飛ぶように作品が売れるとか
押すな押すなとお客様が訪れるとか
そんなことは無かったですけど
 
2ヶ月に一度くらいのペースで開ける
のんびり営業のギャラリーにしては
みなさんに忘れ去られ無かっただけでも
ありがとうございます!と
叶うならお客さまに
飛びついてハグしたいくらいの
気持ち…でおります。
 
そして
誰が来てくれるかも分からない
ギャラリーでの展示を
快諾して下さいました
作家さんには
感謝の気持ちしか無いです。
 
ほんとうに
ほんとうにありがとうございます。
 
{4FF8B7CD-CCEB-423A-8B23-E0FBF007CF7A}
 
まったく商売なんて
手がけたことなかったツルカワですので
経理的なことはまったくわからず
一から勉強したり
 
またラッピングや検品など
商いをするからには
苦手といって避けるわけには
いかないことを
ローペースではありますが
少しずつできるようになってきたり
(まだまだですけど)
 
今まで自分には出来ない、と
思い込んでいたことを
やらざるを得ない立場になることで
克服しようと格闘した
つまりは努力した、というのは
元来ナマケモノのツルカワにとって
得難い経験でした。
 
できないことを恐れるよりも
やってみてできることを知る方が
どれだけ喜ばしいか。
 
その経験だけでも
ギャラリーという挑戦は
価値がありました。
 
{8CD83DA8-3D7E-4BF7-ACBF-868AC33799EB}
 
そうそう
これも忘れてはなりません。
雑誌『ハンドメイド日和』での連載開始。
 
それも2ページ見開きで
自分の名前をつけたタイトルでの連載。
弱小フリーライターのツルカワには
勿体ないほどのお仕事。
 
それを得たことでの自信。
ハンドメイド変態として
ジタバタしながらのここ数年の
ツルカワの奮闘を見つけてくれた
ひとがいることのありがたさ。
 
このことも忘れてはならない
今年の出来事でした。
 
 
image
 
また、ツルカワにとっては
いろんなものを
手放すことをした年でもありました。
 
ギャラリーの建設費のおかげで
もし子どもが生まれたら
教育資金にと思っていた貯金は
あっさり飛び去りましたが
そんな経済面のことだけではなくて。
 
自分を楽にするための
あれこれの荷物を放り投げた、
という意味でも
「手放した」ことがたくさんありました。
 
そのうち、やはり大きかったのは
ひとつは障害のことを
オープンにしたことです。
 
image
 
障害があることによる
恥ずかしいきもち
隠してたいきもち
 
それらはツルカワのなかに
置いておく限り
プラスにならない。
そういう心はここ1年くらい
ググッと大きくなりつつありましたが
 
(以前ブログには書きましたが、
映画「トークバック」の影響が大きかったです)
 
やはり障害
それも精神疾患を
公表するのは怖かった。
 
でも結局
自分が恥じるべき人間と
思うことへの疑問がそれに勝ちました。
で、ポーンと手放してみた。
 
そしたら
とっても楽になりました。
障害があるからと
何かを諦めること、
そしてやりたいことを遠慮するなんて意味ないと。
 
{D15471E5-89FE-4C3C-8EAA-AF06624F059B}

その思いは
自分がどう生きたいかを
真摯に考える灯火になり
ツルカワの今年を
明るく照らしてくれたのです。
 
ほんとなんでいままで
抱え込んでたのか
不思議なほどにね。
これは大きかったなぁ。
 
image
 
いろんな意味で感慨深い
2017年。
来年はその気持ちからの
モチベーションを保ち続けられるか。
その勝負です。
 
「自分の可能性を
信じ続けるのは大変、
でもなかなか経験
出来ないことやってるんだから」
 
ある作家さんからのお言葉です。
無理は禁物、
でも
やれるだけのことを
やり続けて行ければ。
なんせ
ツルカワ、ギャラリーは子どもの代わりだし。
なんといっても
「ハンドメイド変態」という
輝かしい称号も持ってるし!
 
 
image
 
あ、あとこれは余談ですが
「モーニング娘。大好き!」って
いうのをバラしたのも大きかった!
そしたらね
「実はわたしも…」という
ハンドメイド作家さん、ちらほら。
今年はその方とコンサート
行きましたしねっ。
最前列で見られたしねっ。
あぁしあわせ。
これも手放して楽になったことの1つ。
 
ほんと、隠し続けて
恥じらい続けていているより
オープンにしちゃったほうが
いいこと、山のようにあるもんだ!
みなさんモーニング娘。はいいぞ。
 
さくらー!かぇでぃー!れいなー!
 
{2C4D4CA6-1DFA-4571-99DE-6D818577ED32}
 
最後のオチがモー娘。ですみません。が、
来年早々には
記念すべき
第10回目の【Plum Tree】企画展
「わたしたちの名は花もしくは実」(仮)の
公募概要をお伝えする予定です。
ご興味ある方は
ぜひお気に留めて置いて下さい。
 
その他のギャラリーの予定も
HPのスケジュール欄に記載してあるので
どうぞ見てね。
 
では、長くなりましたが、 
今年も「きらめくあなたが、好きだから。」
お読みくださってありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
 
皆さまの2018年が
素晴らしいものでありますよう。
ツルカワでした。