こんにちは
ツルカワです。
 
今日はちょっと肩の力を
抜きまして
ビョーキの話でも
ハンドメイドの深ーい話でもなく
徒然話を。
 
一日だけですが
ひとりで帰省してきました。
故郷の駅から見た、空。
高い建物がないので
空はいつも以上に
広く
高く見えます。
 
{2B2A5842-E654-46CA-B7DD-6B01F16EF34D}

朝一番の特急に乗って
着いたのは8時すぎ。
おう、久々だなと車で迎えに来た父。
朝ごはん食べてないの?
おかずこれでいい?という母。
 
会うたびに
当たり前なんだけど
歳を感じ
ああ、もっと顔見せに
帰らないとなと思うことしきり。
 
そんな帰省時ですが
今回は嬉しい出来事がありました。
朝ごはんを食べ終え
リビングの本棚を見ると
 
あれ?懐かしいものが。
 
{C6CCF518-F269-4E62-A3FD-3E7B260B1370}

 

そうです

懐かしの【PlumTree】の歴代DMが

本棚のあちこちに

飾ってあるではないですか。

 

上の写真は

第3回の「星夜紀行」と

第4回の「魔法の森は青い湖のほとり」。

 

{05C1DC6E-0FD8-42DB-9E4C-3F7A2B5CCB6B}

 

こちらは

第5回の「まよなかのウィンター・パーティ」

第7回の「ノスタルジア遊園地~マナツノヨノユメ~」

 

さらに見にくいですが

下の写真は

ギャラリーのリーフレットを挟んで

第6回の「わたし。展」と

第8回の「空想薬草園」。

 

綺麗に飾ってくれていました…。

 

いやあ…嬉しかったんです。

たぶんね

毎回ツルカワのこと

なんせあいつは

おっちょこちょいだから、と心配して

「今度の展示はうまくいってるかな」って

両親はこのDMを見ては思ってくれてたと思うと。

ジーンと心に温かいものが。

 

{89A36D8C-4EFF-4566-9999-F14B64DBFF76}

 

これらを見て

ツルカワもその展示ごとに

起こったいろんな事件や出来事を思い出し

ああ、なんとかうまくいったよね、とか

うーん、あの時はつらかったな、とか

暫く【PlumTree】の歴史に想いを馳せてしまいました。

 

いいこともいっぱいあったし

苦労したこともいっぱいあって。

 

でも、だいたい作家さんや

会場の方・お客さま、

そしてこれを読んでくださってる方々に

助けてもらって

乗り越えてこれたのですが

なんだかよくわからないことをやってる娘を

こうやって

そーーっと見守ってくれてた両親にも

支えられてたんだなと。

 

「行くよー」と先日電話した際

「こちらが持ってないハガキもってきて」と

言われたのですが

ただ見たいだけでなく

ここに飾りたかったのですね、両親は。

 

そこで持参してたDM

「みどりみちる~はじまりの森~」から

刷り上がったばかりの

10月の

「日々さんとミトンさんは仲良しさん」までの

下の写真にある

4枚を渡すと、またきれいに飾ってくれました。

その写真は撮り損ねてしまったのだけど。

 

{FBF30C80-7DCB-4034-9FF6-4D3AD613D642}

 

きっと

明日からもこれをみながら

「うまくやってるかねえ」と

実はかなりのチキンで

そのわりには、

出たとこ勝負任せの

ツルカワのことを

思ってくれるでしょう。

 

それを考えれば

うん

大変なことも多いけど

乗り越えられると思う。

 

照れくさくてうまく礼は言えなかったけど

ここで代わりに感謝の念を伝えます。父母に。

ありがとう。

 

…そして孫の顔を見せられずにゴメンね。

と人一倍子どもが好きの両親に、謝りました…心の中で。

ツルカワにとっては

こうやって展示をやったりして

ハンドメイドの何かを育てることが

子どものかわりなので

 

そのつもりで見守ってもらえるといいな。

 

今日は本当に

私的な内容ですが

こんなことがあったよ、と

綴らせていただきました。

心に灯ったあかりの

あたたかさを共有してくださったら

うれしいです。

 

ツルカワでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※DMご希望の方はギャラリーHPのメールフォームよりご連絡ください。

残部少ですので気になってる方はお早めに。


ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリー 次回展示

たかお かおり(takao kaori)個展

「旅する星座絵~何時か何処かにいる君のもとへ~」

9月9日(土)~18日(月・祝)12:00~18:00

※12・13日休廊

 

何時の時代のものなのか
誰が描いたものなのか
それはいつのまにかそこにあり
誰かの手によってはこばれていく―。

ちいさな星座絵
今度は、君の物語を探しにきてください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD