こんにちは
ツルカワです。
 
休日なのに
うっかり早い時間に
起きてしまったので更新しますが
ひとまずこんな時間に
お読みいただける方は居るのかと
思いながらのUPです。
 
さて、先日の【PlumTree】第9回目企画展
「君住む街に粉砂糖をひとさじ」
発表と公募開始と
雑誌の方の仕事があれこれ絡まって
慌ただしい日々のツルカワです。
 
そんなわけで
まだギャラリーがこの状態 
つまりは、みどりみちるの什器が
ほとんど片付ける暇が無いというのは
ああ、予想外…。
 
ちょこちょこと片していますが
なかなかまとまった時間が取れず。
 
あと
この風景を
みどりみちるの匂いが微かに香る
この空間を
ゼロに戻すのが無意識に
つらいのかなーと思ったりしていますが。
 
 
{D2E27B38-87CE-407A-9175-D431B88B325C}
 
とはいえ
急いで片さねば
現実に追いついていけないのです。
 
改めましてご紹介です。
 
プレオープンのときに
ギャラリーを訪ねてくださいました
イラストレーターの高橋まやさんの
個展開催が決まりました!
ギャラリーリーフレットには
載っていない情報です。
 
日時は7月22.23.28,29.30日という
変則的な5日間!
「高橋まやの“ひとり実験室‘’
East  Forest Laboratory」という
東林間をリスペクトした
タイトルが何度読んでも
嬉しいツルカワです。

 

 

{B8020D93-DCBF-4B33-AB60-5DC08EBB1488}

 

 

 
そしてそのあとは
ひと月あいて
たかお かおりさん
9月9日から18日に(12.13.休廊)の
「旅する星座絵
〜何時か何処かにいる君のもとへ〜」。
 
はからずして
絵が連続展示となりますが
おふたりとも表現はまったく異なれど
親しみ易く
同時に深さを感じる作品の描き手です。
 
双方楽しんで頂きたいな。
(高橋さんの企画時は
ツルカワはギャラリーにはいません。
全日在廊して下さいます高橋さんに
お任せします)
 
そんなわけで
ツルカワにとっての
みどりみちるのものがたりは
そっと幕を閉じていくのです。
でも消えない思い出です。
 
守ってもらったな、と感じています。
 
作家のPienaさんに
その作品に
そのお客さまに
来れなかったけど
気に留めて下さいました方々に。
 
そして、やわらかな
でも伝えるものはちゃんと伝えてくれる
布絵本にぬいぐるみたち。
 
安心感がありました。
 
それに包まれ
8日間ギャラリー主として
どっきどきしながら振る舞い
あんなに怖かったレジ打ちも
なんとかこなせました。
ほんとうに
守ってもらったな、というのが
なんとか言葉にできる実感です。
オープニング展示が
この企画でよかったなあと心から思ってます。
 
言葉にならない感慨は
それこそ宝の山のように。

 

 

{EC0F3297-9753-42C6-964C-A1AFCB0F75CC}

そしてそして

文頭に書いた

「君住む街に粉砂糖をひとさじ」。
ご応募心よりお待ちしています。
 
ご興味ある方にお願いしたいのは
たかが
ツルカワごときだ、と思って下さい。
審査がある以上はお気持ちに
応えられないこともありますが
 
たかがツルカワです。
 
何度でも言いますが
たかがツルカワの判断で
だからその方の作品はダメと
決め付けられることは
絶対にないのです。
 
ツルカワもね、
公募時は
誰も来てくれなかったら!とドキドキし
選考時は
うわあ〜嬉しいけど苦しい!とキリキリ舞い。
いろいろ不安なのは
おたがいさまなんです。
ご興味ありましたら
上のURLを押して下さい。
ギャラリーホームページの
募集概要ページに飛びます。
あるいは7月5日の
このブログの記事を読んで下さいね。
されどあなた
 
ツルカワひとりじゃいままで
やってこれなかったこと。
それは今回も同じ。
売れる企画です!なんて
口が裂けても言えないけど
そうじゃない価値はあります。
 
力をお貸し下さいね。
どうぞお願いいたします。
 
ツルカワでした。
 
 
AD