こんにちは

ツルカワです。

 

昨日の「みどりみちる」終了のご挨拶の

次の日に

なんか、もうちょっとゆっくり落ち着け、自分、とも

こころの声が聞こえるのですが

 

はい、やっちゃいます。

【PlumTree】の新しい企画展発表です。

作家さま公募も本日より開始します。

 

最初にあったのは白い白い空間のイメージ。

でも具体的にまとまらなくて。

タイトルも頭から出てこなくて。

 

ところが、昨日いい加減

イメージをまとめようと

ノート開いてみたら

すらすらっと書けてしまったのですよ。

このように。

 

image

 

それで思ったんです。

ああ、これは、ツルカワの中で

機が熟したのだと。

 

ですから、やります。

ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリーを舞台にした

はじめての【PlumTree】企画展。

ささやかなスペースでどれだけできるか

未知数ですが

ツルカワの

この冒険に付き合ってやろうと

お思いの方、お待ちしています。

 

では公募概要です。

よーくお読みくださいね。

 

≪【plumtree】第9回企画展公募概要≫

★会場を当方のギャラリーにしたことにより、
赤字部分が今までと異なります。ご了承下さい。

■タイトル■
「君住む街に粉砂糖をひとさじ」

 

■開催期間・場所■
 2017年12月中旬の8日間(調整中)
 ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリー(神奈川・東林間)

 

■作品テーマ■
12月、年の暮れ。冬の始まり。
街は慌ただしさを増し、空気は日に日に冷たくなる。
そんな季節に一息入れて、空を見上げれば
粉砂糖のような初雪がはらり・はらりと。
この雪は君の住む街にも降っているのだろうか…

 

冬の到来を嘆くのではなく
まっさらな気持ちで
あたらしい季節を慈しむような世界を作りたいです。

基調は白色で。

 

時期柄クリスマスをイメージしがちでしょうが
なるべくクリスマス色はない方が好ましく、
できる限りタイトルから想像する作品を求めます。

 

■参加条件■
・テーマに沿ったハンドメイド・イラストレーションのオリジナル作品であること。
ジャンルは問いません。

 

・パソコンでのメールのやり取りが可能であること。

 

・ご参加の際はホームページ・ブログ・
・Twitter・Facebook等のSNSでの告知を積極的に行ってください。

 

・まず売らんかな、ではなく、
 「ハンドメイドでひととものをつなぐ」という【Plum Tree】の理念を
 なんとな~くでもご理解いただけていること。

☆【PlumTree】についてはHP《PlumTree企画展募集要項》の下部にある
「【PlumTree】のあゆみ」をご参照、ご一読ください。


■募集人数■
4~5名

 

■参加費■
 4000円(DM作成費込)

 

■販売手数料■
 30%

 

【その他】
■お客さま4人が入れば満杯になってしまうような
ちいさな会場での開催となります。
そのため参加作家さまの作品ジャンルにより、
参加可能人数は大きく変化します。
応募の経過を見ながら、最終的な人数を調整しますので、
今の時点では総人数が何名かお答えできませんことご了承ください。
また、作品を置くスペース・作品数も参加人数によって
変動しますので、決定後ご相談させてください。

 

■ 申し込み後のキャンセルは基本的にお受けしません。

 

■宅配搬入・搬出の場合の配送料は参加者様のご負担となります。


■近隣店とお取引のある方は、そちらに了承を得てから応募してください。

 

■公募期間
2017年7月5日(水)~7月23日(日)
※審査がございます。
 (ギャラリーの雰囲気・お客様層等と作品がマッチするかなど)。
 審査の基準はご一任ください。
※いずれの場合も7月末までに参加可否のお返事を差し上げます。

■お申し込み方法■
メールにて下記必要事項を明記の上、
 件名を「【Plum Tree】第9回企画展応募」としてお申し込みください。

 

1.作家名もしくはブランド名(フリガナ)
2.お名前(フリガナ)
3.住所・電話番号
4.メールアドレス
5.作品ジャンル
6.作品の参考写真3点添付してください
 (ご参加いただくことになった際、DMやブログでのご紹介に使えるもの)
7.ご自身のブログやホームページアドレス
8.ハンドメイド作家として・またはご自身の作品へのこだわり
9. 搬入方法(直接か宅配か)
10. 今回の企画展でどんな作品を作りたいか
11.今回の企画展をどこで知ったか


メールアドレス cuba0307@gmail.com

※お申し込み後、1週間経過してもこちらから返信がない場合は
 お手数ですが一度ご連絡ください。

 

以上となります。

 

ほんと、いきなりでいきなりですが、

どうぞよろしくお願いいたします。

12月はまだ先ですが

一緒に何かを創りましょう。

 

ツルカワでした。

 

 

AD