こんにちは

ツルカワです。

 

いまいちな天候が続く梅雨。

気分も湿っぽくなりがちですね。

そんななか

展示は粛々と続いております。

 

しかしながら、今日が早くも

ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリー
オープニング展示

生意気猫のいるお店Pienaさん個展

「みどりみちる~はじまりの森~」

会期の折り返し地点となります。

 

明日の28日水曜はお休みを頂き

そのあとの木曜からは

後半戦。

 

早いなあ。ほんと早い…!

まだいらしてない方

気になってる方

気がついたころには終わっちゃいますよ…!

 

で、ですね。

そんな方々の背中を押すべく

今日は企画の主軸でもある

展示品の「布絵本」をクローズアップしたいと思います。

 

なんせ7冊もあるので

前後篇で。

それでは

ちょこちょこっとした解説をいれながら

行って見ましょう。

 

 

まずは

「ひみつのカエル図書館」

Pienaさん最初の布絵本。

 

まだこのころは布絵本というか

スケッチブックに写真を貼ったような造りです。

 

image

 

こちらは

大阪は中崎町の

「ひより」さんで展示されたんですよね。

これ見たさに

大阪まで突撃日帰り旅行したのが

今は懐かしく。

 

でもそれだけの価値はありました。

 

image

 

…とさて、こちらからは

本格的な布絵本になりますよ。

「お月さまの物語」

こちらは

【PlumTree】の企画展

「魔法の森は青い湖のほとり」で

お目見えしました。

 

image

 

思えばこちらの企画展に

応募いただいて

Pienaさんとの親交が始まったので

そういう意味でも感慨深いのですが

 

話はもちろん

布の使い方や合わせ方がすごい!

重厚感とセンスがあるよなぁ~と

感嘆した思い出。

これ見たお客さまがぼそっと

「…皇室におありになってもおかしくないわね…」

とつぶやいたのを鮮やかに思いだせます。

 

image

 

続いてこちらは

いのってんし」。

やはり【PlumTree】の「わたし。展」で

ご出展されたときのもの。

 

image

 

こちらは

字までもが刺繍で…

まずそれに腰を抜かしそうに

なりました…。

 

この「る」や「の」のくるっとした

ニュアンスが刺繍でもちゃんと表現されてて

いやあ、もう…。

すごいです。

 

そして「わたし。をハンドメイド作品で表現する」

という主旨の「わたし。展」での作品ですから

Pienaさんの心を

そーっと覗き込むような感覚に襲われつつ

ページをめくってしまうどきどき感。

 

image

 

と、今日はここまでにしておきましょう。

ちなみに

各絵本のお話の内容は

直に読んでいただきたいので

詳しくは触れないでおきます。

 

お話はPienaさんのご友人の

のだえみこさんが作っているのですが

Pienaさんの布絵本を作り上げる技術に負けず

いいんです。

深いんです。

絵本と言っても

大人の為の絵本だと思います。

 

このおふたりのコラボ、最強。

 

ぜひ!

直にお読みいただきたいのです。

 

それでは今日も

12時の鐘とともに森の扉を開けますよ。

会期前半最後の日

18時まで

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

ツルカワでした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月24日(土)~7月2日(日)12:00~18:00
 ※28日(水)休廊

ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリー
オープニング展示

生意気猫のいるお店Piena(ぬいぐるみ・布もの作家)

個展「みどりみちる~はじまりの森~」

 

…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

AD