ぷり玉とTNRの猫の事 | NNNの方から参りました。

NNNの方から参りました。

猫グッズを考えたり猫保護したり
NNNとは架空の団体です。

T地区のTNR依頼のサポートで里親探しをしている2018年の春生まれの子猫たち。
二匹の三毛猫と白黒の男の子

白黒の男の子は一足先に去勢手術をしておりました。
仮の名前はシャーロック
人に対して警戒心が強く、シャー猫だけれど
姉弟猫の三毛二匹が不在の時は寂しくて甘える様な声で鳴いていたそうです。

この白黒のシャーロック(175)はぷり玉が定位置にない猫でした。
オス猫は左皮下陰こう、右側腹腔内陰こうというレアケース。
成長しても袋の部分があまり目立たず、女の子の様だそうです。

当時の記事はこちら
(多分この写真の子だと思うんだけれど・・・白黒が多くて自信ない・・・)

TNRをしようと思ったいたのですが不安が残ったので保護依頼者Fさんの元で保護してもらい
順化を進めて譲渡に繋げようと頑張っています。

だがしかし・・・・姉弟3匹でいるせいか全然馴化が進んでおりません(;ω;)

T地区のTNRの猫達はご飯を貰いに来ていることを確認してもらっています。
中でも、一匹の白黒猫が玄関で朝晩とちんまりと座ってご飯をせがんでいます。

家の中に入れようと試みてくれているそうですが
玄関先から中には入らずにいるそうで
先日、三毛姉妹を連れて行った時にその姿を確認できました。
先に手術をしたメメちゃん(169)とそっくりで、まさか脱走!?と思うほどでした。
私の姿を見るとササット逃げてゆきました。
小さな足あとが雪の上に点々とつながり・・・・