浅村がイーグルスへ

テーマ:

なんと、FA宣言をしていた浅村くんが、イーグルスへ移籍することになった。

 

良きアドバイザーである渡辺直人くんがいること、球場が故障リスクを抑えられる天然芝であることもあるだろうが、やはり石井GMの交渉が勝因だろう。

 

石井GMは自らもFA移籍(ヤクルト→西武)した経験があり、それが自身の成長につながったことを伝えたとのこと。違う環境に身を置くことで、さらに進歩できるのだよと。

 

本来であれば、「君はうちのチームに必要だ。だから来てくれ。」ということを強調するものだろう。それはそれで「熱い」が、場合によっては「そのチームの都合」という感じで伝わってしまう。

 

そうではなく、「本人のため」というスタンスで浅村くんの心に寄り添うようにした。向上心が高い浅村くんに適した、実に上手な交渉となったのではないだろうか。

 

さて、浅村くんといえば豪快なフルスイングだが、あれは決して「ムチャ振り」ではない。

 

軸がブレず形が崩れずに振れているから、結果が残せる正しいスイングと言える。最も印象的なのが、2013年イーグルスの優勝決定シーンだ。

 

空振り三振に倒れはしたが、マーくんのとてつもない剛速球に対し、体が突っ込まず腰も引けずにフルスイングしていた。

 

どんな状況であれ、どんな球であれ、迷わずに振れる。体が強く、高い技術があるからこそのものだ。

 

優勝の感動とマーくんの迫力の影に隠れてしまったが、浅村くんの凄さが伝わってきた場面でもあった。イーグルスでも存分に暴れてもらいたい。

 

条件は4年20億とのこと。

 

まずは、過少申告しないように気をつけて欲しい。