制作する日記

美術作品の制作をしています


テーマ:
筆文字の横書きバージョンが仕上がった時点でもう夜中だったので、少し日をおいてスケジュールを合わせ、次は縦書きの筆文字に取り組むことになりました。

また
「箱根甘酒茶屋劇場」
「箱根八夜」
の二つの言葉です。

こちらはのぼり旗用。
大きさのギャップが無いように、もともと少し大きめに書いてもらいます。

横書きの段階でイメージがとらえられているので、進みがとても早いです。

「箱根八夜」イベントのイメージに沿って。
それからもう一つ、わたしの方では、これから型紙を彫るにあたって、カッターナイフを走らせているところが素直に思い浮かべられるかどうか、ということも念頭に置いて筆文字を見ることにしました。


幾通りか書いてもらう中で、ひとつ、とても素敵な「箱根八夜」縦書きバージョンが仕上がったのですが、こちらは可愛らしくて女性らしい感じ。
目指す小学四年男子とは、ちょっと違う感じです。

それを伝えると、ともちゃんは「それじゃ、この子のお婿さんをさがそう!」と言って、またすごい勢いで書きはじめました。

こうして始まった、お婿さん探しの旅。
お見合い写真を並べて、あれこれと^ ^
この子はちょっと頼りないかな、イケメンすぎても違うかも、真面目な一方でもちょっとね。
そんな感じで、わたしが注文をつけると、ともちゃんが「わかった!(^_-)☆」と次々にお婿さん候補を見つけてきて(書いて)くれるのでした。

そうしているうち不意に、あら、この人は、という意中の彼が現れたのでした。
長い長い旅を覚悟していたので、勢いでスルーしそうになってしまいましたが(あぶないあぶない^_^;)確かに彼でした。

案外、運命的な出会いというのは、こういうものかもしれません。
雷に撃たれたりするのではなく、いつのまにかいたよ!って感じの。
そして見つけてしまえば、二度と見失うことのない確かな存在。
少なくとも、わたしたちの「箱根八夜」くんはそうだったのでした。


左が「箱根八夜」くん
右は「箱根八夜」ちゃん
めでたく縁談成立~!
{D5634FEA-18D8-467D-9BE9-D1D95E4EC1E6:01}

ともちゃんが、お花と蜜柑を飾ってくれました。
めでたしめでたし!



筆文字屋 翔空 河野友子としてのともちゃんの仕事のすごいところは、集中力と持久力はもちろんのこと、制作の進め方の潔さです。
今回、依頼する側のわたしがあやふやなイメージのままの状態で制作に入ってもらっていて、迷ったり後戻りしたりしてもおかしくない状況なのに、こんなイメージで、次はこうしてくださいって頼むごとに、確実に前進するのです。
こちらがお願いしたことや、作品が示す方向に対して、まっすぐ向かってくれるので、そこで確実な答えが出て次が見える。
そして前進したところからは決して後戻りしない。
そういう潔さ、けじめのある仕事ぶりは、わたしにとっても大変勉強になりました。



(つづく)




箱根八夜チラシ表 箱根八夜チラシ2

次回、甘酒茶屋劇場「箱根八夜」は4月26日(土)開催です!











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

広瀬玲子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。