家での宿題トレ【お腹】 | R-FIT Rのブログ

R-FIT Rのブログ

R-FITでの事や、Rの日常での身体の事【食事・運動・ストレッチ等】を綴ったブログ

お疲れ様です。
R-FIT 飯坂です。

今日は【お腹】のトレーニングを紹介します👍
今回紹介するトレーニングは
「レッグレイズ 〜骨盤運動意識してヒップ・モモ裏も引き締めさせて〜🎵」
です。

まず、お腹を鍛えるのに重要なの「骨盤運動」になります。
なぜなら、腹筋群は恥骨から→肋骨・胸骨に付着しているからです!
骨盤が上手く使えないと、腹筋全体をしっかり鍛えられません!
{C6C45A9D-BB4A-4E92-B454-8C1B7BC17BCC}
ですので、腹筋は恥骨と(みぞおち)辺りを近づければ腹筋が使われ、離していけばストレッチになる。
という訳です。

まずは 〜骨盤運動意識してヒップ・モモ裏も引き締めさせて〜🎵」!!

今回は分かり易くする為に腰の下にストレッチポールハーフカットを入れ行いました!家ではバスタオルを何回か畳んだ物や、クッション、座布団、兄の手などで代用してみて下さい👍
{DDEA29E1-B56C-4D0F-AC38-6495D59BF933}
骨盤前傾→恥骨が下がっている状態、腰が反っている状態です。
{CC8788E5-31CF-4847-BC5B-10642A4420DF}
{D1DE9B10-6E5D-4848-8A3D-A7EB2CF9B972}
骨盤後傾→恥骨が上がった状態、お尻とお腹が締まった状態。
この時におヘソの辺りを床の方に押し込みお尻がキュッと締まった状態を作ります。
※この時に息を吐きながら肋骨を締めて行うと良いでしょう!
{344BDE4E-D61C-4418-91E4-431A5761F969}
{7C9D873D-5449-4D41-A548-4405CE1A1E19}
{980C26BC-D0F6-4B27-A699-49203F7E1204}
そのままお尻を床から離し足の裏全体で床を押していきます。
そうすると、お腹は締まったままお尻とモモ裏が使われているのが分かると思います。
注意する点は、お尻を上げた時に腰が反らない様にする事です。
目的とする骨盤の動きが抜けてしまってる証拠です。

この動きで鍛えられる主な部分はお尻・モモ裏になり引き締めが期待出来ますが、骨盤の動きを意識し易いトレーニングになりますので必ずやってみましょう☝️

そうしましたら!
恥骨と(みぞおち)を近づける意識で腹筋運動【レッグレイズ】をやっていきましょう👍

まずは、安定している所を手で掴みます。
お父さんや旦那の脚や、道路の電柱でも構いません。…ちょっと大きいか。
膝は軽く曲げ脚を伸ばしましょう。
{7BB2A912-2B0B-4A7B-8AD6-0A8311C3D68F}
骨盤前傾 腰が痛くなる人は下げ過ぎない
{96BF5ED1-B554-405A-A834-D334F6482976}
骨盤後傾  ヘソ、または腰の反る部分をマットに押し付ける様にし
{138476CB-F7B6-4F8C-B91E-57320139B6F1}
おヘソの裏→みぞおちの裏までマットに押し付ける感覚でお尻を上げて行きましょう!!
頭の方に丸めて行くのではなく、脚を天井に突き上げて行くイメージでやりましょう👍
下げる時はゆっくり下げましょう!
勢いで腰が過剰に反ってしまうので気を付けて🤚

座った状態だと
こんな感じ
{4D543A2D-2F1C-46DE-9560-56DFDB0E9C5E}
{75BB47B7-FEB0-42BD-AE4C-A47512C12E2A}
ま、お腹がキューッとなったらオッケッ👍笑笑

まずは、ゆっくり10回×3セットから始めて行きましょう👍

お付き合いありがとうございました。
また宜しくお願いします。

ボディメイクサロン R-FIT 飯坂