東京での二日間を終え、

大阪に舞台を移し準々決勝の三日目が開催されました。

この日で準決勝へ進出するメンバーが決まります。

 

会場のよしもと漫才劇場へ入るとこれまでの予選とは違い、

ムードもかなり重め。

 

それもそのはずで、

準々決勝は二回戦までより「決勝進出」「優勝」への

現実感がグッと上がります。

 

出場者は

出番ギリギリまで稽古を続ける方もいれば、

ジッと座って出番を待つ方。

いつものペースを保とうとしているのか談笑をしている方。

 

色んな過ごし方をされています。

 

出番が終わりでも他の出場者のネタを見て研究する方。

人のネタを見ると気持ちが揺らぐからとすぐに帰る方。

 

どれが一番いいとかはありません。

その人に合ったベストな過ごし方があるものだと気づかされます。

 

そんな中でもただ一つ、

全出場者で平等なのは「いつもと違う待ち時間」

であることは間違い無いでしょう。

 

そんな特別な時間を経てステージへ飛び出した、

本日の出場者達を一部紹介します!

 

グレン世紀

佐川ピン芸人

ネイビーズアフロ・はじり

白桃ピーチよぴぴ

kento fukaya

畑英之

もういっちょ!とん平

橋本市民球場

ニッポンの社長 ケツ

辻クラシック

カベポスター 永見

放課後ボーイズのガーヤマちゃん

エルフ 荒川

シモタ

独唱の塔天

 

と、華やかな舞台の裏で渾身のネタを披露してくれた出場者達!

そしてこの準々決勝を勝ち抜き、

準決勝に進出したのはこの30名でした!

 

かが屋賀屋(マセキ芸能社)

土屋(プロダクション人力舎)

ママタルト檜原(サンミュージックプロダクション)

Gパンパンダ星野(ワタナベエンターテインメント)

4000年に一度咲く金指(ライジング・アップ)

紺野ぶるま(松竹芸能 東京)

寺田寛明(マセキ芸能社)

Yes!アキト(サンミュージックプロダクション)

仁木恭平(吉本興業 東京)

森本サイダー(松竹芸能 東京)

吉住(プロダクション人力舎)

ZAZY(吉本興業 東京)

グータン森山(サンミュージックプロダクション)

西村ヒロチョ(吉本興業 東京)

さきぽん(プロダクション人力舎)

そいつどいつ市川刺身(吉本興業 東京)

金の国・渡部おにぎり(ワタナベエンターテインメント)

お見送り芸人しんいち(グレープカンパニー)

高田ぽる子(マセキ芸能社)

ヒコロヒー(松竹芸能 東京)

マツモトクラブ(SMA)

徳原旅行(マセキ芸能社)

ゆりやんレトリィバァ(吉本興業 大阪)

真輝志(吉本興業 大阪)

kento fukaya(吉本興業 大阪)

田津原理音(吉本興業 大阪)

カベポスター永見(吉本興業 大阪)

シモタ(吉本興業 大阪)

独唱の塔天(吉本興業 大阪)

ラニーノーズ山田健人(吉本興業 大阪)

 

準決勝進出おめでとうございます!👏👏👏

 

そして、勝ち進む者もいれば敗退する者もいるのが賞レース。

勝負である以上、全員が万々歳で終わることは絶対にありません。

本当に辛いところです。

 

果たして決勝戦の最後、

笑ってR-1グランプリ2021を終わる

唯一の芸人さんは誰になるのでしょうか。

目が離せません!

 

決勝戦に向けてクライマックス!

R-1グランプリ2021準決勝は、

2月14日 有楽町朝日ホールで開催されます!

 

準決勝の模様は準々決勝に引き続きU-NEXTで配信が行われるので、

そちらも要チェックです!