日本原子力研究開発機構は25日、試験運転中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、新燃料を移送中にトラブルがあり、作業を中断したと発表した。同日午後3時43分、原子炉装荷前に燃料を回転する際、角度が一時的に測れなくなり、警報が鳴動した。原因を調べている。環境や試験への影響はないとしている。

 同じ作業で22日に警報が鳴動し、23日には模擬燃料を使って確認作業中にやはり鳴動。機構は、測定のため燃料をつり下げた際にぶれが生じたことが原因とみて、測定前に3秒間燃料を制止する措置を取っていた。

【関連ニュース】
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ

一部ユニット型特養の柔軟な整備を―9都県市が国に要望(医療介護CBニュース)
全国初適用、廃棄物の冷蔵庫輸出未遂容疑で業者らを再逮捕(産経新聞)
<口蹄疫>「忠富士」育ての親 何とか生き延びてほしかった(毎日新聞)
小沢氏、政倫審「報道が先行しただけ」(産経新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)